酒井藍は結婚していない!子供がいるとの噂や警察官時代の秘話を一挙公開

Pocket

出典:kobe-ssr.jp

今回は、吉本新喜劇座長の酒井藍さんについてご紹介します。

酒井藍さんは現在結婚していないのですが、子供がいるとの噂があります。その真相や警察官時代の秘話、実家の様子についてお伝えします。

酒井藍は結婚していない

この投稿をInstagramで見る

酒井藍(吉本新喜劇)(@sakaiaisakaiai)がシェアした投稿

吉本新喜劇の劇中では結婚している役を演じることもある酒井藍さんですが、実生活では結婚してないようです。

2021年時点での年齢が35歳(1986年9月10日生まれ)ですので、そろそろ結婚しても良い年齢に差し掛かっていますが、結婚の噂や可能性はあるのでしょうか。

以前テレビ番組内で、好みの男性のタイプを山﨑賢人さんだと語っていました。爽やかなイケメンが好みのようですが、一方で、格闘家のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラさんやお笑いコンビ・ダイアンのユースケさんも好みのタイプだということで、結構ストライクゾーンが広いようです。

という具合に、常に男性を意識してはいる酒井藍さんですが、現時点では結婚相手候補彼氏と呼べる人はいないようです。

スポンサードリンク

酒井藍には結婚歴があり子供がいる?!

この投稿をInstagramで見る

酒井藍(吉本新喜劇)(@sakaiaisakaiai)がシェアした投稿

酒井藍さんには子供がいるとの噂が出回ったのは、インスタにアップされたこちら↑の画像が原因です。

抱っこしている女の子がいかにも酒井藍さんの娘さんのようにも見えますが、実の子ではなく姪っ子です。インスタではまるで人さらいのようだと綴っていましたが、何も知らない人にとってみると、親子と言われれば信じてしまいそうなぐらい、抱っこ姿が板についています。

酒井藍さんには3歳年下の妹さんがいて、昔から洋服を送ってくれたりするぐらい仲の良い姉妹なのですが、その妹さんの娘さんが上のインスタ画像に写った女の子です。

妹さんは一般人であるため、名前や顔は完全に非公開となっているのですが、今でも姉妹仲は非常に良いということです。

酒井藍の結婚観や結婚願望

この投稿をInstagramで見る

酒井藍(吉本新喜劇)(@sakaiaisakaiai)がシェアした投稿

スポンサードリンク

酒井藍さんはかつて、スリランカで行われた映画祭に参加した際に、現地の男性から猛アプローチをしかけられたことがありました。しかも1人だけではなく、何人もの男性からの猛アプローチだったため、思わずスリランカで結婚したい!と豪語したことがありました。

ぽっちゃり体型の日本人は海外でモテるというのは事実のようで、当時の酒井藍さんはギャグではなく本気で結婚を考えていたようですが、日本での仕事や家族のことを考えてスリランカでの結婚は諦めました。

今でも結婚願望はあるものの、幼い頃からの憧れだった吉本新喜劇で座長を務めることができている現状に満足しているそうで、これ以上の幸せを望むのは罰当たりなことだと考えている酒井藍さん、とても素直で良い人なんですね。

酒井藍さんは2017年に新喜劇初の女性座長に就任しました。当時の年齢は30歳ということで、史上最年少でかつ史上初の女性座長誕生に世間が沸きました。

当初は、吉本新喜劇が女性座長を誕生させたのは時代を先取って新しい風を吹かせるためだと思われていましたが、座長抜擢の決定打は、酒井藍さんの人柄や人望を評価されたからであるとうことが分かりました。

とは言え、クリスマスシーズンで街がイルミネーションで飾られていくに連れて、彼氏がほしいなと思うことはしょっちゅうあるとか。良い人が現れることを願うばかりです。

酒井藍はかつて警察官だった

この投稿をInstagramで見る

酒井藍(吉本新喜劇)(@sakaiaisakaiai)がシェアした投稿

酒井藍さんは奈良県立生駒高等学校卒業後専門学校に進学した後、奈良県警察に行政職員(警察事務職員)として採用されました。警察官の福利厚生やサポートをするお仕事で、酒井藍さんの当時の勤務地は奈良県にある橿原警察署でした。約1年半、交通課で窓口業務に従事していましたが、子供の頃から憧れていた吉本新喜劇への思いを断ち切ることができず、2007年9月に行われた吉本新喜劇の第3個目金の卵オーディションに合格したことから、奈良県警察を依願退職しました。

巷では酒井藍さんが警察官だったという噂も出回っていますが、正しくは警察官ではなく警察事務職員でした。

酒井藍さんがかつて勤務していた警察事務職員は、酒井藍さんのように警察署内で働くケースの他にも、運転免許センターでの事務、鑑識、警察学校、県警本部での勤務など、様々な仕事があります。

もし途中で退職をせずに警察事務職員としてのキャリアを継続していれば、今頃は奈良県警内でも有名な事務職員だったでしょう。

酒井藍の実家は奈良県田原本町で質実剛健だった

この投稿をInstagramで見る

酒井藍(吉本新喜劇)(@sakaiaisakaiai)がシェアした投稿

酒井藍さんの実家は奈良県磯城郡田原本町にあります。2017年には、たわらもと広報大使に就任するなど、今でも地元との繋がりがあります。

酒井藍さんは小学5年生から20歳頃までの約10年間柔道を習っていて、高校生時代は柔道部の副キャプテンを務めていました。子供の頃から柔道を習うほどですから、酒井藍さんの実家が質実剛健であることは明らかです。

高校卒業後は吉本総合芸能学院(NSC)に入りたかったのですが、両親は安定した職業に就くことを切望していたため、NSC入学を断念した過去があります。このことからも、酒井藍さんの実家は堅実であることは間違いありません。一部では、酒井藍さんのご両親は公務員なのではないかとも言われています。

さて、そんな酒井藍さんの実家がある奈良県田原本町は、国史跡の唐古・鍵遺跡などで知られる歴史の町でありながら、農業も盛んな街です。特産物である野菜や果物を実家から送ってもらうなど、今でも親子関係は良好のようです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする