大沢逸美は今は結婚して議員に?若い頃の画像が素敵過ぎる!

Pocket

今回は、女優の大沢逸美さんについてご紹介します。

若い頃は数々のドラマに出演してきた大沢逸美さんが今現在結婚して議員活動をしているようです。若い頃画像が素敵過ぎるとの噂もあるのですが、真相はどうなっているのでしょうか。

大沢逸美の今現在について

大沢逸美さんが芸能活動をスタートさせたときは、アイドル歌手でした。

1982年にはグランプリを勝ち取れば、花のホリプロと専属契約を結ぶことができる第7回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、山口百恵の『乙女座 宮』を歌いグランプリを受賞しました。

そして翌年の1983年には、新タイプのアイドル歌手としてテイチクレコードから『ジェームス・ディーンみたいな女の子』でメジャーデビューを果たすなど、飛ぶ鳥を落とす勢いでスターの階段を駆け上がっていきました。

その後は、司会女優と活動の幅を広げていきました。全盛期から比べると、メディアへの露出が極端に減った大沢逸美さんの現在について調べてみました。

大沢逸美は今現在結婚してるの?

1966年3月23日生まれの大沢逸美さんは、現在50代に突入していますが、結婚しているのでしょうか。また子供はいるのでしょうか。

ドラマでは母親役を演じることも多く、てっきり結婚しているのかと思っていましたが、結婚はしておらず、子供もいないようです。

女優さんやタレントさんの中には、50代になっても未婚状態の人がいますが、その人たちは若い頃に数々の恋愛を経験し、男性を見る目が肥えてしまったため、理想の相手が見つからずに今に至るというケースが多いです。

大沢逸美さんもそのケースに当てはまるのでしょうか。調べてみると、大沢逸美さんが現在に至るまで結婚しなかった理由は、他の女優さんやタレントさんとは全く違っていました。

その理由は、自分自身の母親の介護のためでした。アイドル歌手として活躍していた真っ只中、母親が要介護認定を受けたことが原因で、一時期大沢逸美さんは芸能活動を休止していました。

芸能活動を休止してまで母親の介護に尽くしたわけですから、自分自身の恋愛や結婚が二の次になってしまうのは言うまでもありません。

恋愛や結婚といったことを考える20代の頃に、母親の介護に多大な時間を割いていたことから、婚期を逃したことは事実ですが、実は介護以外にも、大沢逸美さんが結婚していない理由がありました。

・大沢逸美さんは、好きになったり気になったりした相手がいても、自分自身の素直な部分を、表に出すことが苦手タイプだった

・大沢逸美さんのことを好きになってくれて、結婚まで考えてくれる相手が現れたとしても、その人に対して格好をつけてしまい、心を開く前に離れられてしまう

・相手が大沢逸美さんの内面や特徴をつかむ前に、大沢逸美さんのことを完璧な人間と思わせてしまい、なかなか結婚には至らない

若い頃から芸能界という厳しい現場で、誰の助けを借りることもなく走り続けてきたためでしょうか。知らず知らずのうちに他人に弱い部分を見せることができなくなってしまったようです。

また、こんなことも結婚を阻んだ理由とされているようです。

先程もお伝えした通り、大沢逸美さんは完璧主義的なところがあるため、デートで一度着た服は2度と着ないという、マイルールを設定していると言われています。

これでは、好きな相手とのんびりリラックスするどころか、かえって窮屈に感じてしまう恐れがあります。

さらにはすっぴんなどは絶対に見せることを嫌がるそうです。自分自身の本当の意味のプライベートなものを、相手に見せることができず隠すことが多いので、どうしても距離のある人付き合いになってしまうそうです。

マイルールがあること自体は問題ないのですが、そのマイルールが強すぎると、相手が引いてしまうというのはよくあることです。

大沢逸美は今現在議員活動をしてる?

若い頃はアイドル歌手、女優として大活躍していた大沢逸美さんですが、今現在は何をしているのでしょうか。議員活動をしているという噂もありますが、本当なのでしょうか。

大沢逸美さんについてインターネットで検索すると、上の画像のように人前でマイクを持って喋っている画像が見つかります。これを見た人達が、大沢逸美さんは議員として活動しているのではないかと言い始めたようです。

ですが、大沢逸美さんは政治家でも議員でもありません。この画像は、自身の介護体験を伝える講演を行っている様子で、介護の経験談を1人でも多くの人に伝えたいとの思いから、全国を回っているそうです。

大沢逸美さんは芸能活動を休止した11年間もの間、母親の介護を行っていました。介護の状況というものはかなり熾烈だったようで、現代ではそんな過度な介護ストレスによる社会問題が、浮き彫りになっています。

しかし大沢逸美さんの頃の介護といえばかなりシビアで、何か弱音をいえば気合が足りないなどと、精神論でロジックをバカにしてくるような男根世代が多かった時代です。そう行った意味でもかなり精神的にも、身体的にも厳しく芸能活動を休止するしかなかったのでしょう。

引用:news.line.me

現在は、介護する者の精神的・肉体的負担の酷さが世間にもある程度認知されてきてはいますが、まだまだ十分に認知されたとまでは言えない状況です。

大沢逸美さんは、自分自身の経験が少しでもためになればとの思いから、介護に関する講演活動を行っているのです。また、介護体験を綴った書籍『お母さん、ごめんね』も出版しています。

10年以上もの期間を母親の介護に充ててきた大沢逸美さんですが、2018年11月には、デビュー35周年を記念したライブイベントを行うなど、芸能活動も本格的に再開させています。

最近では、鈴木保奈美さん、田中美佐子さんなど、アラフィフ女優の活躍が目立っていますので、大沢逸美さんをドラマで見る日を楽しみにしたいと思います。

大沢逸美の若い頃が素敵過ぎる!

大沢逸美さんの若い頃を知る人や、当時の映画やドラマを見た人たちから、若い頃の大沢逸美さんが格好良いとの声が上がっています。

清純な役柄よりもチョイ悪な役の方が似合うのは、目鼻立ちがはっきりとしていることに加えて、身長が高いからでしょう。

若い頃の大沢逸美さんを知る人の間では、母親の介護等での疲れを一切感じさせない大沢逸美さんの美貌とカッコよさに脱帽といった様子でした。

大沢逸美の歯がおかしい?画像あり

大沢逸美さんの歯がおかしいという声が上がっているのですが、どうおかしいのかをもう少し詳しく調べてみましょう。

大沢逸美の歯がおかしいのは総入れ歯だから?

どうやら歯並びや歯の色に関するものではなく、総入れ歯なのではないかとの声が大半のようです。

またこの他にも、今時珍しい酷い反っ歯で、まるでアメリカの漫画に出てくる日本人のようだとも言われていました。

最近の画像では反っ歯かどうかを見極めることが難しいので、昔の画像で確認してみましょう。

一見すると綺麗にまっすぐ生えているようにも見えるのですが、若干前に飛び出しているようにも見えます。

出っ歯(でっぱ)は、反っ歯(そっぱ)とも言い、上顎の前歯の先端部、あるいは上顎の前歯全体が突出している状態、又はその人を指す。歯科医療では上顎前突症の症例の一つと見るが、形質人類学では歯槽の前傾・前突による個人差もしくは人種差を示す形質とし、病的なものとはしない

引用:wikipedia.org

あくまでも症例の1つであって病気ではありませんので、反っ歯であることが原因で、発生や発音に影響が出てしまう可能性はあります。

ただ、ドラマなどで見る大沢逸美さんの声が聞き取りづらいということは一切ありませんので、日常生活や女優業において支障をきたすほどではないことは確かです。

ちなみに、大沢逸美さんの上の歯が入れ歯だと決定づける証拠画像が見つかりました。

視聴者からは、大沢逸美さんの前歯について、以下のようなコメントが上がっていました。

大沢逸美をテレビでチラッと見た。バラエティではなくドラマに出ていた。

真面目な顔でセリフを言ってた。やっぱり前歯は見せない

バラエティのときも、前歯を見せないなーと思っていたけど。一度少し歯が見えた気がした時があったが、「え?前歯抜けてるの?」って感じだったな。

あれからよくテレビで観るし、前歯くらい治せばいいのに。大笑いするときは、必ず手で口を押さえるし、前歯を隠しながら喋るので、どうも不自然。

何とか前歯を見てやろうと思っていたが、今はなぜ歯を治さないのか不思議でならない。

引用:hanahoji.blog44.fc2.com

先ほどの画像は、明らかに前歯がないことを隠そうとしていることがわかる画像ですので、大沢逸美さんの上の前歯は総入れ歯であると結論付けることができます。

大沢逸美の歯がおかしいのは歯列矯正をしたから?

昔は上の前歯が反っ歯だった大沢逸美さんですが、総入れ歯にすることで口元がきれいになりました。そしてさらに、下の歯や奥歯は歯列矯正をしたのではないかと言われています。

アイドル時代の大沢逸美さんの口元からかすかみ見える歯並びは、悪いとまではいかないまでも、少々がたついている状態でした。

こちらの画像からもはっきりと見て取れるように、下の歯の生え方が微妙にズレています。

ところが、最近の画像を見ると、こういった歯のズレがなくなっていることがわかります。顔であればメイク技術で何とでもなる場合が多いですが、歯に関しては一切ごまかしが効きませんので、歯列矯正をした可能性が高いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする