紺野美沙子の子供(息子)の大学は超名門?現在の親子関係は?

Pocket

今回は、女優の紺野美沙子さんについてご紹介します。

清純派女優である紺野美沙子さんの子供(息子)さんの大学が超名門校であると言われていますが、どこなのでしょうか。結婚しているのかどうか、現在の仕事や親子関係についても調べてみました。

紺野美沙子の子供(息子)の大学はどこ?

紺野美沙子さんは、1992年32歳のとき)に、TBSのテレビ事業局文化事業部プロデューサー(2016年3月末にTBSを退職)の篠田伸二さんと結婚しました。

馴れ初めは、紺野美沙子さんが出演するドラマのスタッフとして篠田伸二さんが名を連ねていたと言われていますが、一方では、友人の紹介であるとも言われています。

出会った当初はグループ交際をしていましたが、2人だけで会うようになってからは、初デートから2週間で結婚をすることが決まるなど、とんとん拍子で話が進んでいきました。

篠田伸二さんは、上智大学外国語学部ポルトガル学科卒業、一方の紺野美沙子さんは、慶應義塾大学文学部国文学科卒業ということで、高学歴夫婦ということになります。

結婚後はずっと横浜市内に住んでおり、1995年長男を出産しています。難産の末の出産だったということと、子供はこの長男1人だけということもあり、幼い頃から充分な教育を施してきました。

スポンサードリンク

幼稚園から横浜市緑区にある森村学園幼稚園に通っており、その後は森村学園初等部、森村学園中等部、森村学園高等部へと進学しました。

森村学園中等部・高等部は、中高一貫教育を施しているのですが、普通の中高一貫教育とは異なる点があります。

6年間を3つのステージに分け基礎力・応用力・実践力を育成します。志望大学に合格できる学力をしっかり育成しながらも、森村のカリキュラムはそれだけに終始しません。

引用:morimura.ac.jp

学問相互の境界線がなくなりつつある新しい潮流に応え、理系の生徒であっても文系科目を、文系の生徒であっても理系科目を履修し、大学進学後にいっそう求められるグローバルな知力を磨くカリキュラムです。

引用:morimura.ac.jp

そして、中高一貫教育の成果が志望大学合格という素晴らしい結果として結実します。森村学園高等部を卒業した後、慶應義塾大学に進学しました。

紺野美沙子さんも慶応義塾大学を卒業していることから、一人息子が同じ大学に進学したのには感慨もひとしおだったのではないでしょうか。

紺野美沙子さんの子育ての方針は、子供がやりたいと思うことを思う存分にさせるというものです。アメリカで主流となっているモンテッソーリメソッドと呼ばれる教育方法です。

「モンテッソーリメソッド」は世界中で考えられ取り入れられている、幼稚園児程度の幼い子供を対象とした教育方針です。

特にアメリカで取り入れられている教育方針で、日本でもいくつかの幼稚園で実施されています。子供の自主性を尊重し、やりたいことをとことんやらせ、その子の個性を伸ばす方法として注目を集めています。

森村学園幼稚園で、このモンテッソーリメソッドが取り入れられていたかどうかまではわかりませんでしたが、“読み・書き・算盤”といったお勉強はせずに、豊かな自然環境の中で、友達みんなといっしょに楽しく遊ぶことをモットーとした教育方針が、紺野美沙子さんの教育方針と一致していたことは間違いないと思われます。

紺野美沙子の子供(息子)は結婚してる?

紺野美沙子さんの息子さんは1995年生まれですので、浪人や留年をしていなければすでに大学を卒業している年齢です。

スポンサードリンク

すでに社会人デビューをし、サラリーマンとして活躍しているとの情報がありますが、一方では会社勤めではなく、独立人として手に職を付けて活躍しているとの情報もあり、現在何の仕事をしているのかについては不明です。

また、結婚しているのではないか?とも言われていますが、調べてみたところ、結婚しているという情報は見当たりませんでした。

紺野美沙子と子供(息子)の親子関係は?

紺野美沙子さんは、長男を出産した後の1999年に、『「怪獣」のそだてかた』というタイトルの著書を出版しており、その中で、子供のことをこのように綴っていました。

子供の持つ力を信じて。家庭はみんなが安らぐ場所」

引用:anincline.com

子供の教育に対して、人一倍情熱を注ぎこんできた紺野美沙子さんですが、そうだからこそ、色々な葛藤悩みがあったようです。

思うように子育てができない自分自身にもどかしさを感じていた様子も著書の中に綴られていて、苦労の痕跡を感じ取ることができるのですが、そんな息子さんも今や社会人です。

紺野美沙子さんは息子さんのことを、1人の社会人として認めているようですが、一方の息子さんは、紺野美沙子さんのことをどのように思っているのでしょうか。

子さんは、芸能活動以外にも、国連開発計画UNDP(United Nations Development Programme)の親善大使を務めています。

UNDP親善大使の役目は、途上国に赴いて現地の人達を勇気づけるだけでなく、先進国の人々に対してもUNDPの仕事を理解してもらい、援助や協力を求める仕事も含まれています。

そのため紺野美沙子さんは年に数十回、全国各地を周りUNDPの活動を紹介すると共に、UNDPの存在や活動に関する理解を求めています。また、自ら私産を出し寄付もしています。

紺野美沙子さんがUNDPの親善大使を務めてすでに20年の月日が経っています。息子さんがまだ幼い頃から親善大使の仕事をしていますので、物心がついたときにはすでに母親が国連の仕事をしていました。

子供の教育に力を注いできた紺野美沙子さん。当然、息子さんにも自身の活動内容を伝えていたはずですので、仕事のために家を空けがちなことに関しても、ある程度の理解はあったようです。

もしかすると、将来的には、紺野美沙子さん行っている社会貢献活動を、息子さんも行う日が来るかもしれませんね。

紺野美沙子の息子(子供)は母親の朗読をどう思ってる?

紺野美沙子さんは、芸能活動とUNDP親善大使の仕事の傍らで、朗読活動も行っています。人間の生の声で、戦争の悲惨さや天災の恐ろしさを伝えることにより、1人でも多くの人に戦争や天災について知り、考えてもらう機会を作ろうとしています。

そんな語り部としての紺野美沙子さんの一面を、息子さんはどのように思っているのでしょうか。子供の頃に読み聞かせをしてくれた母親が、子供だけではなく全国の老若男女に語り手として、様々なことを伝え、感じてもらっている。それを良く思わない人はいないと思いますし、息子さんとしてはとても誇らしいのではないでしょうか。

紺野美沙子の現在の活動に対する世間の反応は?

紺野美沙子さんは現在、朗読座を主宰する立場でもありますが、紺野美沙子さんの朗読を聞いた人たちからは以下のような声が上がっていました。

女優としての地位を築き上げた後、その地位に甘んじることなく社会貢献を続ける紺野美沙子さんの姿勢には頭が下がります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする