浅香あき恵と旦那・佐藤武志の馴れ初めが理想的で夫婦仲が異常!娘との親子関係は

Pocket

出典:eiga.com

今回は、吉本新喜劇座員の浅香あき恵さんについてご紹介します。

浅香あき恵さんと旦那佐藤武志さんの馴れ初めがとても理想的で夫婦仲が異常だと言われています。結婚から何十年も経った今も良好な関係を続ける秘訣、との親子関係について詳しく調べてみました。

浅香あき恵と旦那・佐藤武志の馴れ初めが理想的

この投稿をInstagramで見る

浅香あき恵(@asakaakie)がシェアした投稿

浅香あき恵さんの旦那さんは、新喜劇座員で漫才コンビWヤング(2019年に解散しています)の佐藤武志さんです。結婚したのは1993年で、当時の浅香あき恵さんの年齢は37歳、佐藤武志さんの年齢は39歳でした。

浅香あき恵さんが吉本新喜劇に入団したのは1976年、20歳のときでした。その後すぐにマドンナ役として活躍をし始めた1978年に佐藤武志さんと交際をスタートさせました。

浅香あき恵さんよりも3年先(1973年)に吉本新喜劇に入団していた佐藤武志さんは、浅香あき恵さんが吉本新喜劇に入団した当初から気に入っていたそうで、当時の様子を、とても綺麗だったと語っています。

しかし、当時、浅香あき恵さんは別の男性と交際していたことから、浅香あき恵さんにとって佐藤武志さんは良いお兄ちゃん的な存在でした。佐藤武志さんの思いと浅香あき恵さんの気持ちが交差する状況が続いていましたが、やはり性格や人間性に魅かれ、交際していた男性とは別れて佐藤武志さんと交際することを決断しました。

スポンサードリンク

そして、交際がスタートした後に、浅香あき恵さんに思わぬ転機が訪れます。それは、1989年に行われた『新喜劇やめよッカナ!?キャンペーン』での出来事でした。吉本新喜劇のマンネリ化を刷新するために、大幅な座員交代が行われ、そのあおりを受けて主要メンバーであった浅香あき恵さんは吉本新喜劇を離脱することになったのです。この頃、佐藤武志さんとの交際期間は11年目に突入していました。

吉本新喜劇を半ば強制的に退団させられ、その後は漫才に挑戦することになりました。一時期は島田一の介さんとコンビを組んで漫才師としての活動をスタートさせたのですが、上手くはいかず、約1年半後に吉本新喜劇に復帰しました。

漫才師として活動している自分自身に不甲斐なさを感じながらも腐らずに前を向いていられたのは、ひとえに佐藤武志さんがいたからでした。

そして、浅香あき恵さんが吉本新喜劇に復帰して3年後の1993年に結婚しました。実に交際をスタートさせてから15年目の結婚ということで、お互いに納得し合っての結婚でした。

浅香あき恵と旦那・佐藤武志の夫婦仲が異常

この投稿をInstagramで見る

浅香あき恵(@asakaakie)がシェアした投稿

結婚してからおよそ30年になる浅香あき恵さんと佐藤武志さんですが、結婚当初から朝食は佐藤武志さんが作っています。

きっかけは、浅香あき恵さんが仕事で忙しかったときに、佐藤武志さんが朝食作りを担当したことでした。特に手の込んだ料理を作ったというわけではなかったのですが、浅香あき恵さんの反応が予想以上に良く、その様子がとても佐藤武志さんにとっては印象的だったため、それ以降は佐藤武志さんが朝食を担当し続けています。

スポンサードリンク

吉本新喜劇は朝に稽古があるため、佐藤武志さんは毎朝5時半に起きて朝食作りをしています。敢えて焦げ目を多くしたトーストにバターを塗り、その上から砂糖をまぶして食べるのが2人のお好みとか。月亭八方師匠も大のお気に入りで、その他にも浅香あき恵さんの好みのメニューがあるそうです。

毎朝美味しい朝食を作ってくれるだけでも素晴らしい旦那さんですが、佐藤武志さんの素晴らしさは他にもありました。結婚記念日はもちろんのこと、浅香あき恵さんの毎年の誕生日に、高価なプレゼントを渡しているのです。毎年な上に高価なものとくれば、女性としてテンションが上がるのは間違いありません。

結婚10年目という節目の年にプレゼントされたというダイヤの指輪は、金額こそ明らかにしなかったものの、相当高価な指輪だったようです。浅香あき恵さんに夫としての佐藤武志さんに点数を付けると何点かを聞いたところ、95点という高得点が付きました。毎朝の朝食作り、定期的なプレゼントのことを考えると納得の点数付けですが、敢えて100点を付けていないのは、佐藤武志さんの言葉遣いに対してでした。少々乱暴な言葉遣いを優しい言葉遣いに変えてくれたら100点になるということですが、100点満点にならない方が夫婦円満な気もします。

いずれにしても、佐藤武志さんは浅香あき恵さんのことが大好きで、とても大切に思っているという点が、結婚して30年近くが経過した今でも夫婦円満な秘訣のようです。

浅香あき恵と旦那・佐藤武志の娘は一人

この投稿をInstagramで見る

浅香あき恵(@asakaakie)がシェアした投稿

浅香あき恵さんと佐藤武志さんには一人娘がいます。1994年生まれで、2021年時点での年齢は27歳です。

一般人ですので、名前や画像、通っていた学校については一切非公開とされているのですが、浅香あき恵さんと娘さんは非常に親子仲が良いようで、一緒にショッピングに行っています。

また、娘さんのお友達とも積極的にコミュニケーションをとるなど、持ち前の明るい性格のおかげで、周囲からは人気のお母さんとしても有名です。社会人となった今でも、週末には一緒に街に出かけるなど、親子仲は引き続き良好です。

さて、そんな浅香あき恵さんはかつて、吉本新喜劇の後輩である島田珠代さんからとある相談をもちかけられたことがありました。

2008年6月に長女を出産した島田珠代さん。共演している男性座員の股間を指で「チーン」と言いながら弾くギャグが代名詞となっていますが、そのギャグを娘が理解してくれるかどうかがとても不安である旨を浅香あき恵さんに対して吐露したのです。

芸人という職業柄仕方のないことですが、やはり子供に嫌われたくないという気持ちは誰しも持っているものですが、その相談に対して浅香あき恵さんは、

弱気になる必要はない

娘の物心がついた頃に、あなたのお母さんはオイシイということを伝えた

と返答しました。

さすが浅香あき恵さん、このアドバイスのおかげで、島田珠代さんの心の中にあったつっかえがすっきりと解消したようです。

浅香あき恵と旦那・佐藤武志の自宅は大阪府堺市!すでにローンは完済

この投稿をInstagramで見る

浅香あき恵(@asakaakie)がシェアした投稿

浅香あき恵さんと佐藤武志さんの自宅は、大阪府堺市にあります。結婚してすぐの頃にはお互いにお金がなかったため、浅香あき恵さんと母親が住んでいた家(実家)を1700万円かけてリフォームし住んでいました。

その後、浅香あき恵さんが売れっ子となり、経済的にも余裕が生まれてきたため、大阪府堺市に4LDKの一戸建てを建てました。物件価格は4180万円ということですが、すでにローンは完済しています。

毎月のローン返済はすべて佐藤武志さんが負担し、食費を含めた生活費全般は浅香あき恵さんが負担するという分担になっていました。元金と利息を含めると5000万円を下らないと思われる大金を、佐藤武志さんお一人の収入で完済したのは凄いですね。

無事にローンを完済し、現在は終の棲家で夫婦水入らずの時間をゆったりと過ごしています。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする