榎本加奈子の長女がブサイク?現在の写真をブログで公開?子供の学校や障害は?

Pocket

今回は、タレント兼実業家の榎本加奈子さんについてご紹介します。

元プロ野球選手の佐々木主浩さんとの間に生まれた長女がブサイクで障害があると話題になっています。長女の現在の画像をブログで確認してみました。また、榎本加奈子さんの子供が通う学校についても調べてみました。

榎本加奈子と佐々木主浩の長女がブサイクって本当?

榎本加奈子さんが佐々木主浩さんと結婚したのは2005年5月9日です。結婚をしたとき、佐々木主浩さんには前妻である清水香織さんとの間にできた子供2人(長女と次男)がいました。

今回話題にあがっているのは、榎本加奈子さんが生んだ子供ではなく、佐々木主浩さんと前妻との間にできた長女(義理の娘)のことです。名前は玲奈さんといいます。

世間ではこの玲奈さんがブサイクだと言われているのですが、画像を見ても明らかなように、目が大きくて色白で美人です。ブサイクなどという言葉は一切当てはまりませんが、どうして長女がブサイクだという噂が出回ったのでしょうか。

調べてみると、これかな?と思える1枚の画像が見つかりました。その画像がこちらです。

スポンサードリンク

榎本加奈子さんの左側にいるのが中学時代の頃の玲奈さんなのですが、先ほどの画像と比べると、まるで別人のようです。隣に座っているのが榎本加奈子さんだから余計にそう見えるのかもしれませんが、俗に言う残念期真っ只中といった印象を受けます。

ファッションや身だしなみに気を遣うようになると途端に見違えるように美しくなる女性がいますが、榎本加奈子さんの長女である玲奈さんもその1人のようです。

榎本加奈子と佐々木主浩の長女・玲奈がブログで衝撃告白?

この投稿をInstagramで見る

榎本 加奈子さん(@kanako._.enomoto)がシェアした投稿

血のつながりこそありませんが、親子仲睦まじく野球の試合を観戦するなど、親子関係が良好かに思われたのですが、突如、榎本加奈子さんと長女・玲奈さんの間に問題が生じます。

榎本加奈子さんと佐々木主浩さんが結婚したのは2007年5月ですが、その2年後に、当時中学3年生だった玲奈さんが自宅を飛び出し、宮城県内にある佐々木主浩さんの実家に移住しました。

玲奈さん自宅を出た理由は、榎本加奈子さんとの間に生じた軋轢でした。

宮城県の祖母の家に身を寄せてから3年後、玲奈さんは高校入学を機に一度は家族が住む東京の自宅に戻ったのですが、依然榎本加奈子さんとの間に生じた軋轢が収まる様子がなかったため、東京都内にある実家とは別の高級マンションで一人暮らしをしながら有名私立高校に通う日々を送ることになりました。

玲奈さんは自身のブログで、現在の親子関係について衝撃的な告白をしました。

誰のおかげで今の生活があると思ってんだよ。こんなに我慢して耐えるなんて中学のときは気付けなかったよ。まんまと口車乗ってさ。

追い出されるなら受け入れなきゃよかった。って毎日後悔してるよ。このブログ見てるらしいね!気持ち悪いからもうやめてくんない?二度とあんたのネタかかないから。

血のつながりがないからというだけではないのでしょうが、再婚というのは子供にとって複雑なものなんですね。

中学3年生の頃に宮城の祖母の家に引っ越すことになったことについても、このように綴っています。

某、A子ちゃんが中学のとき地方の祖母の家に家出してそのまま転校させられたらしい。

こういう最悪なケースがあるかもだから気をつけて欲しいわ。

玲奈さんのブログ記事はすでに削除されているため、事の詳細を推し量ることは難しいですが、当時の玲奈さんのブログには、小学生時代どころか、生まれる前(受精卵や染色体)の段階からやり直したいとの記述もあったようです。

榎本加奈子さんと佐々木主浩さんに対する恨みつらみも相当数綴られていたようで、玲奈さんによると、ネグレクト状態だったということがわかります。

ちなみに、佐々木主浩さんの前妻である清水香織さんに長女と長男の親権が渡らなかったのは、子供が幼い頃からホストクラブ通いが激しく、育児や家事を一切放棄し、挙句の果てにはホストと同棲を始めたからだとされています。

これが事実だとするととんでもない話ですが、玲奈さんからしてみると、いくら実の母親がホスト通いをしようとも、自分を産んでくれた母親であることに違いはありませんので、実の母親から佐々木主浩さんを奪った榎本加奈子さんに対して良くは思わないのは当然のことだと言えます。

一方の榎本加奈子さんは、前妻の子供である玲奈さんとその弟に対して、結婚当初から冷たい対応だったそうです。詳細は以下の通りです。

・佐々木主浩さんが榎本加奈子さんと再婚した当時、中学1年生だった玲奈さんとその弟は、実母との連絡を一切禁じられた

・自宅で玲奈さんが榎本加奈子さんに話しかけた際には「あっち行って」と追い払われた

スポンサードリンク
この投稿をInstagramで見る

榎本 加奈子さん(@kanako._.enomoto)がシェアした投稿

・榎本加奈子さん本人の口から「一緒に住めないから出て行って」と言われ、宮城県の祖母の家へ追いやられた

・宮城の実家から東京に戻り、都内で一人暮らしをしているとき、佐々木主浩さんに経済的な支援を申し出たが、榎本加奈子さんは「風俗でもやれば」と突き放した

・我慢の限界を超えた玲奈さんはついに自殺未遂図ったった

・一命は取り留めたものの、榎本加奈子さんからは心配をするどころか、「ウチの家に迷惑かけないで。世間にバレたらどうしてくれるの?」と非難の言葉を浴びせられた

またこの件以外にも、榎本加奈子さんが玲奈さんに作ったお弁当の中身が豆腐だけだったり、高校の学費を出したくないと言われたりもしたそうです。

榎本加奈子さんの言い分は、玲奈さんがダイエットのためにお弁当の中身を豆腐にしてくれと頼んできた。高校に関しては、とある高校の芸能コースを希望していた玲奈さんに対して、芸能界の先輩として、芸能界で生きていく辛さを伝え諭したつもりだったそうです。

週刊誌の報道内容ですので、内容が全て正しいとは断言できませんが、話半分で聞いたとしても、親としてはあるまじき対応ですね。

さらには、実の父親である佐々木主浩さんも、玲奈さんの行動を警察沙汰にしたことがありました。

玲奈さんが都内で一人暮らしを始めたとき、実家に置いてあった私物を取りに、誰もいない留守を見計らって自宅に帰ったときのことです。

その場には誰も居合わせなかったのですが、帰宅した榎本加奈子さんが室内の様子が変化していることに気付き、「誰かが留守の間に家に入った」と騒ぎになり、警察に被害届を出したことがありました。

玲奈さんは、佐々木主浩さんにだけは、自宅に私物を取りに帰ったことを伝えていたのですが、榎本加奈子さんは何としても事件化したいとの一心であったため、最終的には玲奈さんが警察から事情聴取を受け、反省文を書くことになってしまいました。

ネットユーザーの反応は以下の通りです。

佐々木主浩さんは、実の娘よりも榎本加奈子さんの方に肩入れしていて、純粋な親子関係が崩れていると言われても仕方のない状況です。

榎本加奈子と佐々木主浩の長女・玲奈の現在は?

玲奈さんは高校進学を機に東京都内に戻り、都内の高級マンションで一人暮らしをしながら、有名私立高校に進学したと言われています。その生活費は佐々木主浩さんが出しているようですが、高校卒業後は大学進学をせずに、フリーターをしているとのことです。

一部では、元プロ野球選手の子供と遊んでいるとの噂もありますが、その相手が誰なのかも含めて詳細は不明です。

そして、榎本加奈子さんとの親子関係は断裂したままです。少しでも良い方向に向かえばと思いますし、佐々木主浩さんがもっと積極的に関わっていれば・・・とも思うのですが、現実は厳しいようです。

ちなみに、次男は全寮制の東北高校に進学しゴルフを始め、その後も東北福祉大学に進学してゴルフを続けているようですので、榎本加奈子さんとの接点はほとんどない状態だそうです。

榎本加奈子の子供は何人で学校はどこ?画像あり

榎本加奈子さんには、佐々木主浩さんの連れ子である長女玲奈さんと長男(名前は不明)の他に、実子である次男(2005年4月29日生まれの誠朗くん)と三男(2006年6月29日生まれの裕樹くん)がいます。

そんな誠朗くんと裕樹くんが通う学校がどこなのかを調べてみたところ、どうやら成城学園に通っているということで間違いなさそうです。

成城学園は、幼稚園から大学までを要する総合学園で、大学までエスカレーター方式で進学していくことができるため、芸能人の子供が多数通っている、あるいは通っていたことでも有名です。

自由な校風の下で、のびのびと学園生活を楽しんでいる様子が、榎本加奈子さんのブログからも伝わってきます。

榎本加奈子の子供には障害がある?

榎本加奈子さんの子供に障害があるのではないか?という噂のソースは、榎本加奈子さんの初産である誠朗くんの出産時に遡ります。

出産予定日よりも随分前(妊娠7か月)の段階で、まだ体重が1000グラム未熟児状態だったのにもかかわらず、早産で生まれてきた誠朗くんは、その後、病院スタッフの様々な処置のおかげで無事に退院し、すくすくと成長しています。

上の画像(左側に写っているのが誠朗くんです)からも明らかなように、障害はなく、日々の学園生活を送っています。

芸能人としてだけではなく、最近では実業家としての才能も発揮している榎本加奈子さん。仕事面では絶好調であるだけに、プライベートでも、長女である玲奈さんとの関係が少しでも改善の方向に向かい、公私ともに順調になることを願いたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする