藤島知子は結婚してる?夫(旦那)はあの人?かわいい画像あり。愛車は?

Pocket

今回は、モータージャーナリストの藤島知子さんについてご紹介します。

美人モータージャーナリストの代表とも言える藤島知子さんの結婚や夫(旦那)について調べてみました。画像と合わせてゆっくりご覧下さい。

藤島知子は結婚してる?年齢は?

テレビ神奈川で放送されている『クルマでいこう!』のパーソナリティとして活躍している藤島知子さん。いつまでも若々しく見えますが、実は1975年8月26日生まれのアラフォー世代です。

自動車番組と言えば、男性のイメージが強い中で、まさに紅一点の象徴として視聴者の目を釘付けにしている藤島知子さんは結婚しているのでしょうか。

調べてみると意外なことに、藤島知子さんは現在まで未婚であることがわかりました。結婚歴もないようです。どうしてこんなに綺麗な人が?と思った方も多いのではないでしょうか。

藤島知子さんは10代から20代前半にかけてモデルとして活動していました。そして、1999年(24歳のとき)に普通自動車免許を取得し、その後の藤島知子さんの人生を大きく変える車に出会います。

ちなみに、運転免許取得時の年齢が遅かった理由について、藤島智子さんはこのように語っています。

スポンサードリンク

庶民的な家庭で経済的な自立を求められた私としては、18歳を迎えると同時に教習所に通い出した同級生たちのようにはいかず、学生時代にお小遣いで免許を取得するのは現実的ではありませんでした。それから随分時間がかかりましたが、ようやく自分でクルマが買えるめどが付いたところで教習所に通い詰め、3週間で免許を取得しました。

引用:gazoo.com

モデルとして活動している中で、とあるレースチームのマネージャーに憧れを抱くようになりました。ですが、希望したからといってすぐにレースチームに入ることはできないため、まず藤島知子さんがとった行動は、レースクイーンになることでした。

レースクイーンとして、至る所で開催されるカーレースに参加し、レーシングチームとの接点を増やし、人脈作りを続けていった結果、見事2002年にレースデビューを果たします。

その後は2002年から2007年まで、スズキのワンメイクレースやMAZDAのパーティレースに出場するなど、レーサーとしての経験を積んできました。

また、2002年のレースデビュー以降、レーサーとしての活動の傍らで執筆活動も開始しており、現在は日本カーオブザイヤー選考委員を務めるなど、まさに車漬けの生活を送っています。

日々進化を遂げていく車の事を考えるのがとても楽しいと語っていることから、藤島知子さんが未婚である理由も理解できる気がします。

藤島知子には結婚した夫(旦那)がいた?

先ほどもお伝えした通り、20代後半からずっと車漬けの毎日を送っている藤島知子さんですが、かつて結婚していた夫(旦那)がいるという噂があります。果たして真相はどうなのでしょうか。

調べてみると、レースクイーン時代に藤島知子さんはとあるレーシングドライバーと交際が噂されたことがありました。そのレーシングドライバーの名前までは明らかになっていないのですが、かなり有名な選手だったそうです。

ですが、そのお相手とは自然消滅に近い形で破局したようで、結婚には至りませんでした。

また、現在テレビ神奈川で放送されている『クルマでいこう!』で共演している、モータージャーナリストの岡崎五郎さんとの関係も噂されています。

岡崎五郎さんは藤島知子さんよりも9歳年上ですが、同業者同士で共通の話題が多いため、2人の距離が急接近したと言われています。

ですが、仕事以外で2人が一緒にいるところを見たという目撃情報がないことから、本当に交際しているのかどうかについては不明です。

この投稿をInstagramで見る

Manabu Kawaguchiさん(@manablog)がシェアした投稿

スポンサードリンク

また、同じくモータージャーナリストとして活躍している河口まなぶ(学)さんとも一時期は交際しているとの噂がちらほらと聞かれましたが、単なる噂に過ぎなかったようです。

芸能人であれば、マスコミ各社が当人の一挙手一投足に注目しているため、目撃情報等が出やすいのですが、藤島知子さんは完全な芸能人ではないため、プライベートな情報が表に出にくいのかもしれません。

藤島知子の若い頃の画像が凄くてかわいい?

アラフォーとなった今でも十分に美しい藤島知子さんですが、若い頃は今にも増して相当綺麗だったようです。

こちらはレースクイーン時代の画像です。24歳から25歳の頃の画像なのですが、脚が真っすぐでスタイルが良いですね。今とは違い、チョイ悪感があるのも魅力的です。

続いてこちらは、レーシングドライバーとしてデビューした頃の画像です。20代後半の頃の画像なのですが、レースクイーン時代の画像に比べて若返ったなという気がするのは私だけでしょうか?

大好きな車と一緒に過ごす時間が増えたことにより、ストレスが軽減され、心身ともにレースクイーンの頃から比べてリフレッシュできたのかもしれません。

藤島知子の愛車は?

藤島智子さんが24歳の頃に運転免許を取得してすぐに乗っていたは、オペル・オメガワゴンの中古車でした。しかし、その半年後にはを50万円で譲り受けて乗っていましたが、半年後にはマツダのRX-7を新車で購入しました。金額は何と400万円。

頭金は110万円で、残りは60回で支払う5年ローン。さらに、26歳で車両保険をかけるとひと月あたりの保険料は2万円を超え、まさに清水の舞台から飛び降りた気分でした。

引用:gazoo.com

その後、レーシングドライバーとして活動していく上での活動資金を得るために、藤島智子さんにとっての唯一の財産であったRX-7を売却し、しばらくは車なしの生活を送っていました。

そして、執筆活動をはじめとしたモータージャーナリストの仕事が忙しくなり始めた2008年に、雑誌の写真を見て、フィアット500にひと目ぼれし購入に至ります。

独特なフォルムに魅了され続けているようで、今でも手放さずに乗っている藤島智子さんの愛車です。

また、フィアット500を所有しつつ、シトロエンDS3 Ultra Prestigeも購入しましたが、こちらは比較的短期間で手放したようです。

そして、藤島智子さんのハートを射抜いた車が、アウディS1でした。サーキットで試乗した際に、走りだした瞬間、鳥肌が立ってしまったほどしっくりときたようで、購入を即決し、すぐにディーラーへ駆け込みました。

今では、スポーツドライビングにかけた思いを呼び戻させてくれたS1と、愛らしい500を手元に置いて、オンとオフの気分を切り替えながら最高のカーライフを満喫しています。

引用:gazoo.com

車に対する情熱は冷めるどころかどんどんと過熱していっている様子の藤島智子さん。結婚はもう少し先になりそうですね。

藤島知子はかわいい?世間の反応は手厳しい?

藤島知子さんに対する世間の反応はいずれも高評価です。かわいい美人といった声をはじめとして、結婚相手にしたいなど、男性ファンの声が多いのはもちろんですが、女性からもカッコいいとの声も上がっていました。

ですが一方で、モータージャーナリストとしての評価は手厳しいものがありました。

モータージャーナリストとしてもレーシングドライバーとしても藤島知子さんよりも経験歴の長い人がたくさんいるため、そういった人々と比較すると、まだまだ藤島知子さんの評論は甘口評論で青いとの声もあり、まだまだこれからといった見方をしている人もいるようです。

今後さらに経験を積み重ね、モータージャーナリストとしての腕を上げていっていただきたいと思いますが、結婚をして幸せな家庭を築いていただきたいなという思いもあります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする