梅村みずほの夫は一般人で馴れ初めは大学時代?!子供2人の4人家族に憧れの声多数

Pocket

出典:k4-media.jp

今回は、政治家の梅村みずほさんについてご紹介します。

フリーアナウンサーから華々しく政治家に転身した梅村みずほさんの夫は一般人で、馴れ初めは大学時代なのではないかと噂されています。子供2人の4人家族に憧れの声が多数上がっていましたので、詳しくご紹介します。

梅村みずほの夫は一般人で馴れ初めは大学時代?!

出典:imasoraaroma.com

梅村みずほさんの旦那さんは一般人で、2008年に結婚しました。結婚したときの梅村みずほさんの年齢は30歳、旦那さんの年齢は33歳でしたので、旦那さんは梅村みずほさんよりも3歳年上です。その当時はタレントとして活動しており、芸名は桜みずほでした。

タレントオフィスともだちに所属し、関西を中心にラジオやテレビに出演する他、イベント司会などで活躍していました。

さて、そんな梅村みずほさんが旦那さんと出会ったのは大学時代なのではないかと言われています。梅村みずほさんの出身大学は立命館大学で、文学部に在籍していました。

在学中は学業に専念する傍ら、ゼミナールやサークル活動を通じて人脈を広げていました。そんなときに出会ったのが今の旦那さんなのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

また一方では、梅村みずほさんは立命館大学を卒業した後、JTBに就職しており、その職場で出会った可能性も考えられます。さらには、JTBを退職した後に関西の各種メディアでタレントとして活動していく中で出会った可能性も否定できません。

梅村みずほさんと旦那さんの馴れ初めに関して、また何か新しい情報が入り次第、こちらのブログに追記していきたいと思います。

梅村みずほは夫と子供2人の4人家族

出典:reishoku.jp

梅村みずほさんと旦那さんにはお子さんが2人いて、長男長女です。

こちらのツイートは2019年のものですので、2022年時点での長男の年齢は11歳で小学校5年生、長女の年齢は8歳で小学校2年生です。

家族4人で仲睦まじく地下鉄に乗っている様子が何とも言えませんが、梅村みずほさんは旦那さんのことをゼウス、長男のことをボン、長女のことをオジョーと呼んでいるそうです。

梅村みずほさんは2009年4月に、長らく所属していた芸能事務所から独立し、フリーアナウンサーに転身しました。結婚したことを機に家族との時間を優先させたいという思いが強かったのでしょうか、その後はMBSやKBS、FM京都などといった関西の放送局を中心にフリーアナウンサーとして活動を継続させてきました。

アナウンサーの仕事を継続していく中で梅村みずほさんが常々考えていたのは、日本が国際社会で生き残っていくために必要なことは何なのかということでした。自分の意見を大切にし、そのことをしっかりと正確に相手に伝えられる人材を育てる必要があると考えてきました。

フリーアナウンサー時代の経験を生かし、2017年には話し方教室を開催し始めました。幼少期の段階からコミュニケーション能力を高めることができるような教育プログラムを提供することが主たる目的だったのですが、知人からそういったことは本来、個人や民間ではなく政治がやるべきことではないのかとの問題提起をされ、とても衝撃を受けました。

世の中で必要とされることを実践するために、1プレイヤーとして活動するのも1つの手ではありますが、政治家になるのも1つの手段だと気づき、政治家になることを決断しました。

スポンサードリンク

もちろん家族にも相談した上での決断であったため、家族は皆そのことに賛成してくれました。

梅村みずほの家族仲の良さに関する世間の反応

出典:soul-ark.com

こちら↑の画像は、梅村みずほさんが2019年夏に行われた第25回参議院議員選挙で見事に初当選を果たし、国会議事堂に初登庁したときに撮影されたものです。旦那さんとお子さん2人とともに幸せそうに写っている様子がとて微笑ましいですが、この画像を見た有権者やインターネットユーザーの間では、家族の仲睦まじさをうらやむ声や、憧れの念を抱く人が多数いました。

もともと、梅村みずほさんが政治家になることに対しては家族が賛同していたため、国会議員として忙しく動き回る梅村みずほさんのことを家族総出でバックアップしています。

梅村みずほと夫の夫婦仲と今後離婚する可能性

出典:true-bow.com

先ほどもお伝えした通り、毎日忙しく動き回る梅村みずのさんのことを家族総出でバックアップする体制ができあがっていますので、家族仲が良いことは言わずもがなですし、旦那さんとの夫婦関係も良好です。

梅村みずほさんが放送タレントとして活動していた頃の苦労や失敗を共に乗り越えてきて今がありますので、たとえ今後政治家として難題に直面したとしても、これまでと同様に夫婦二人三脚でその難題に立ち向かう態勢が整っていますので、夫婦の絆は盤石離婚する可能性は低いものと考えられます。

2020年11月30日には、自身が代表を務める梅村みずほ後援会が、日本維新の会国会議員団から受けた寄付金100万円を政治資金収支報告書に記載していなかったことを大阪府選挙管理委員会から指摘され、梅村みずほさんは収支報告書を訂正した上で謝罪会見を開きました。

また、2021年5月には、梅村みずほさんが文書通信交通滞在費を私的に流用しているのではないかとの疑惑が浮上しました。

維新の会の公式ホームページによると、梅村みずほさんは2019年7月に100万円、8月には80万円、9月には80万円、10月には73万2466円を、事務所家賃や事務所開設初期費用、あるいは人件費として、自分自身が代表を務める政党支部に繰り入れていました。

この一件に関しては梅村みずほさん側からの明確な回答はないものの、維新の会が文書通信交通滞在費について使途の公開を進めるとともに、政党支部等の収支報告についても引き続き適切に対処していくと表明したことで落ち着きを取り戻しました。

これまでとはガラッと世界が変わり、周囲の環境の急激な変化についていくことができていないのかなとも思われましたが、最近では政治の世界にも慣れてきたのでしょうか、少しずつではありますが、政治家として名地遂げたいことに向かって夫婦二人三脚で歩みを始めたところです。ローマは一日にして成らずとの諺同様に、梅村みずほさんが成し遂げようとすることには相当な時間と労力を要しますが、今後も夢に向かって歩み続けていただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする