辻本茂雄の嫁と子供まとめ!性格に癖があるのに夫婦仲や親子関係が良い理由

Pocket

出典:style.nikkei.com

今回は、吉本新喜劇座員の辻本茂雄さんについてご紹介します。

辻本茂雄さんの子供についてまとめてみました。性格に癖があると言われている辻本茂雄さんですが、それにもかかわらず夫婦仲や親子関係が良い理由に迫ってみましょう。

辻本茂雄と嫁の馴れ初め

辻本茂雄さんの奥さんは一般人です。結婚したのは1994年で、当時の辻本茂雄さんの年齢は30歳でした。

当時の辻本茂雄さんは、間寛平さんが座長を務める吉本新喜劇の旅公演で、スケジュールの都合から参加できなくなった座員の代役として初めて舞台に抜擢されました。その旅公演で、辻本茂雄さんのツッコミの腕が高く評価され、間寛平さんの売り込みの力もあって、メキメキと頭角を現していた時期でした。

まさに芸人として油が乗り始めた当初に結婚したわけですが、辻本茂雄さんが奥さんと出会ったのは、芸人として世に出る前の下積み時代でした。

当時の辻本茂雄さんは、大阪のアメリカ村にある「BOO FOO WOO」という古着屋で働いていました。ビッグステップ南向かいのサンビレッジ3階にあるお店で、今でも指折りの古着店として多くのファンに愛されているお店です。

スポンサードリンク

BOO FOO WOOに客として来店した奥さんを接客したのが辻本茂雄さんだったか、あるいは吉本の劇場に舞台を観に来ていた奥さんが辻本茂雄さんの追っかけだったのか、諸説ありますが、いずれにしても辻本茂雄さんが売れない頃に出会ったのは間違いありません。

辻本茂雄と嫁の子供は2人で一男一女!親子仲は?!

この投稿をInstagramで見る

chigusa(@a.s.m.189)がシェアした投稿

辻本茂雄さんにはお子さんが2人います。女の子と男の子1人ずつなのですが、長女は2021年時点で25歳長男は2021年時点で21歳です。

一般人ですので、名前や画像、職業や学校等は一切公開されていないのですが、長女さんは社会人として働いていて、長男さんは大学生だと思われます。

2人のお子さんは辻本茂雄さんのことをとても慕っていて、成人してからも親子仲はとても良好です。辻本茂雄さんが出演する吉本新喜劇の舞台を今でも兄弟揃って観に行くこともあるそうで、辻本茂雄さんはプライベートでも良いお父さんだということが分かります。

辻本茂雄と嫁の夫婦関係

辻本茂雄さんが奥さんと結婚して30年近くの年月が経過していますが、今もなお夫婦揃って食事やショッピングに出かけています。

特に食べ歩きが夫婦の趣味だそうで、コロナ禍にあっても短時間で楽しめるテイクアウト等を活用しながら、美味しいものを一緒に食べるのが何よりの至福だそうです。

嫌なことがあっても美味しいものをお腹いっぱい食べることこそがストレスを溜めない秘訣であり、それがまた夫婦円満の秘訣ともなっている辻本夫妻。同僚や後輩達の間でも憧れの夫婦として有名です。

辻本茂雄と嫁と子供の家族仲

この投稿をInstagramで見る

AZUCAN(@tomoyasu_sotarasu_azu)がシェアした投稿

先ほどもお伝えした通り、辻本茂雄さんの2人のお子さんは、兄弟そろってお父さんの舞台を観に行くほど親子仲が良いのですが、それもこれもやはり、辻本茂雄さんと奥さんの夫婦仲が良いことが根本にあるようです。

両親の仲が良く、家の中の空気が常に明るい状態になっていると、学校や職場で嫌なことがあったり、人間関係に悩んでいたとしても、その気持ちを家族に対して打ち明けやすいため、家族全員がお互いに言いたいことを言い合える環境が知らず知らずのうちに出来上がっていきます。

一度この環境が出来上がると、そこから先は善循環が継続していきますので、たとえ途中で家族の誰かが困りごとを抱えたりトラブルに見舞われたとしても、家族みんなでサポートし解決にまで導くことができるようになります。

辻本茂雄さんが嫁や子供と家族仲が良いのは、もちろん辻本茂雄さんの家の中での振る舞いがよいからというのもありますが、少なからず奥さんが常に何よりも家族のことを最優先に考える姿勢が素晴らしいからだと言えます。

スポンサードリンク

辻本茂雄は性格に難があるとの噂の真相

ぶっ飛んだキャラクターながらも、多くの人から愛されるキャラである茂造じいさんを演じ続けている辻本茂雄さんですが、普段は性格に難があると噂されています。にわかには信じがたいですが、本当なのでしょうか。

辻本茂雄さんは吉本新喜劇に入団するずっと前に、競輪選手として生計を立てていく覚悟を決めていました。ところが不慮の事故に遭い、競輪選手の道を断念せざるを得なくなり、そこからいったん就職し、芸人になったという苦労人です。もちろん、苦労人なら誰しもというわけではありませんが、辻本茂雄さんの場合は人一倍努力して辛い思いを何度も重ねて築き上げた結果獲得することができたのが現在の仕事であるため、その分プライドが高いと言えます。

そしてそのプライドの高さは、当然吉本新喜劇の舞台での演技にも表れます。自分自身に対してだけではなく、共演者やスタッフに対しても妥協を許さない姿勢が、時には受け手にとって厳し過ぎると捉えられることもしばしばあるようで、そのことが発端でとなり、辻本茂雄さんの性格に難があるというふうになってしまった可能性が高いです。

辻本茂雄の性格が原因で小藪一豊と不仲に?!

辻本茂雄さんと小藪一豊さんが不仲であるとの噂のソースは、以前小藪一豊さんがバラエティ番組内で、引退してほしい芸能人は誰か?との問いかけに対して答えた内容でした。ピー音で消されてはいたものの、前後の文脈から共演NGな人物は小藪一豊さんであることが明白だったため、それ以降、辻本茂雄さんと小藪一豊さんは不仲であると言われるようになりました。

小藪一豊さんが吉本新喜劇の座長に就任したのは新喜劇入団後4年という異例の速さでした。初回の座長襲名口上の際には、内場勝則さんと未知やすえさん、そして辻本茂雄さんも同席していましたが、それ以降、新喜劇の舞台で辻本茂雄さんと小藪一豊さんが共演することはほとんどありませんでした。

小藪一豊さんが座長に就任すると、これまでは大阪の劇場でしか上演されていなかった吉本新喜劇を東京で開催するなど、これまでの伝統を守りつつも新しいことに挑戦していこうスタンスに変わりました。また、海外でも吉本新喜劇を開催したいとも考えており、このような小藪一豊さんのスタンスに対して辻本茂雄さんは良くは思っていないようです。

座長同士で考え方に違いが出るということ自体が悪いことではないのですが、お互いに思っていることを直接ぶつけあわずに、お互いが顔を合わせないところで声をあげてしまうことで、誤解や偏見を招いてしまっているというのが、辻本茂雄さんと小藪一豊さんの不仲原因であるものと思われます。少しでもそのわだかまりが解消する日が来ると良いのですが。。。

辻本茂雄の性格が原因で山田亮と不仲に?!

山田亮さんは元々、辻本茂雄さんの子分役として吉本新喜劇の舞台に出演することが多かったため、ファンからは”辻本ファミリー”と称されていた時期もありました。

ところが、2010年に突然、辻本茂雄さんから「もう吉本新喜劇の舞台に出るな」と言われてしまします。辻本茂雄さんの発言の真意は本人にしか分かりませんが、これまで10年以上も付き合いがあった中でのこのような発言からすると、座長として山田亮さんに対して解雇通告同様の措置を下さざるを得なかった何かがあったのでしょう。

お笑いに関しては人一倍厳しい辻本茂雄さん。いくら旧知の仲とは言え、山田亮さんのお笑いの技術に対して我慢ができなかったのかもしれません。

また、山田亮さんは辻本茂雄さんのいないところで、「あの人は面白くない」的な発言をしていたとも言われていますので、正々堂々と舞台の上で戦わずに、本人のいない場外でこそこそとあることないことを並べる山田亮さんの姿勢が気に食わなかったとも言われています。

辻本茂雄の現在や年収

この投稿をInstagramで見る

@__sisonly__がシェアした投稿

辻本茂雄さんは2019年2月に吉本新喜劇の座長を引退し、現在はベテラン座員として後輩の育成に務めながら、自らも一座員として吉本新喜劇の舞台に立ち続けています。

座長として舞台に立っていた頃には、年収が1000万円を越していたはずですが、座長を勇退して以降は、年収が大幅に下がったものと思われます。

1964年10月8日生まれの辻本茂雄さんは、2021年時点で56歳。一般のサラリーマンでも50代後半以降は年収が下がる人が多いですので、そう考えると一般社会と同じで違和感は感じないのですが、やはり芸能人ですので、年収が下がることに対しては少なからず抵抗があったはずです。

ですが、還暦を前にして辻本茂雄さんの心の中で、自分の収入よりも吉本新喜劇の将来を担う人材の育成に力を注ぎたい、仕事漬けの日々から解放されて家族でゆったりと過ごしたいという思いが強くなっているのも事実です。

芸能人ではありながらも、1人の人間としてワークライフバランスを意識した生き方にシフトチェンジした辻本茂雄さんの今後の動向を見守りたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする