塩見三省は現在何をしてる?痩せた原因は脳出血?画像あり

Pocket

出典:芸能人の息子まとめ.com

今回は、俳優の塩見三省さんについてご紹介します。

一時期はドラマや映画に引っ張りだこ状態だった塩見三省さん。あまり姿を見かけなくなったのですが、現在は何をしているのでしょうか?脳出血を患いかなり痩せたとも言われていますが、その辺りのことも画像を通じて調査してみました。

塩見三省は現在何をしてる?

この投稿をInstagramで見る

岸本加世子(@kayokokishimoto)がシェアした投稿

塩見三省さんは、2016年に仕事復帰をして以降、これまでのようなペースとまではいかないものの、体調と相談しながら徐々に仕事のペースを上げているような状態です。

復帰第一弾は、2016年2月にNHKで放送されたドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』でした。

その後は、2016年11月5日にABCテレビで放送された『氷の轍』、2017年10月から12月にかけてTBS系で放送された『コウノドリ』、2018年7月から9月にかけてTBS系で放送された『この世界の片隅に』に出演するなど、1年に1回のペースでドラマに出演しています。

また、2017年に公開された映画『アウトレイジ 最終章』出演の際には、そのジャパンプレミアに参加するなど、映画の仕事も再開しています。そして、2020年公開予定の映画『初恋』にも組長代行として出演しています。

スポンサードリンク

「仕事復帰」と聞いて、あれ?と思った方もおられるかもしれませんが、塩見三省さんは2014年頃に病に侵され、歩行も困難になるほどの重病で入院したことがありました。

『アウトレイジ最終章』が2018年の東スポ映画大賞で賞を受賞した際、大杉漣さんについてのコメントを求められたときに塩見三省さんは「大杉、俺はこんな体になったけれど、もうちょっとやってみるよ、ありがとう」と話していました。

ですが一方で、2015年10月には1978年から約40年間にわたって所属してきた演劇集団円を退団していますので、舞台やミュージカルといった劇団の仕事はしない方向に向かっているのも事実です。

年齢を考えての判断なのかもしれませんが、やはり体調が思わしくないのでしょうか。

塩見三省が痩せた理由は脳出血?

この投稿をInstagramで見る

@outrage.movieがシェアした投稿

先ほどもお伝えした通り、塩見三省さんは2014年に大病を患い、一時期は芸能界の仕事を完全に休んでいた時期がありました。

その当時は大病であるということしか明らかになっていなかったのですが、後日塩見三省さんが自らの口で2014年3月脳出血で突然倒れ、そこから約5か月間もの間入院生活を送っていたことを明らかにしました。

その間に体重は何と10㎏も減ってしまったそうで、これまでのふっくらとした印象から一転し、頬がこけてしまい激やせしてしまいました。

スポンサードリンク

辛いリハビリに耐えながら、俳優復帰に向けた準備を進める中で、感動的な出会いもありました。塩見三省さんの昔からの憧れであった長嶋茂雄さんとの出会いです。

長嶋茂雄さんのリハビリ姿に勇気をもらい、本格復帰に向けて今もなおリハビリ生活を続けています。

塩見三省が脳出血になった原因は高血圧?

この投稿をInstagramで見る

@birdsan_6がシェアした投稿

塩見三省さんが脳出血を発症した原因は何なのでしょうか。日頃の不摂生やストレスが原因とされることが多いですが、塩見三省さんも同様なのかと思い調べてみましたが、塩見三省さんは1年に1回人間ドッグに通い、日常生活の中でもウォーキング、ジム通い、テニス等で汗を流し、運動も欠かさなかったと言います。

運動だけではなく食事面にも気を遣っていて、酒は嗜む程度で毎朝きな粉と黒ゴマ入りのミルクを欠かさずに飲むなど、相当健康面に配慮した生活をしていました。

そんな塩見三省さんがなぜ脳出血に?と思いますが、実は思わぬところに脳出血を発症する原因が潜んでいました。それは高血圧です。

実は塩見三省さんが日頃から食事面や運動面で健康を意識した生活をしていたのは、かねてから医師より高血圧を指摘されていたからではないかと考えられます。

演劇の世界に入ってしばらくは、お芝居の稽古に没頭する一方で経済的には恵まれない状況が続いていたため、どうしても食生活が不規則になり、塩分過多で栄養バランスに欠いた食生活となりがちな日々を送ってきました。その頃の不摂生が徐々に蓄積されていき、血圧が高くなっていってしまったのではないかと考えられます。

塩見三省が脳出血になった原因は薬?

この投稿をInstagramで見る

Matsumoto Go(@gomatumoto555)がシェアした投稿

塩見三省さんが脳出血を発症した原因として考えられるのが、とある薬の服用です。その薬というのが抗血栓薬です。

生活習慣が欧米化し高齢化が進行したことで、心筋梗塞、脳梗塞、手足の血管の動脈硬化による末梢動脈疾患といった動脈硬化性疾患の患者さんが激増しました。

動脈硬化性疾患の再発を予防するために処方されるのが抗血栓薬なのですが、この薬は血栓ができることを防ぐために血をサラサラにするというメリットがある一方で、出血しやすくなるというデメリットもあります。

塩見三省さんが抗血栓薬を服用していたという確実な根拠は見当たらなかったのですが、もしかすると過去に動脈硬化性疾患に罹ったことで、抗血栓役を服用していた可能性は考えられます。

いずれにしても、今は病気を克服し、俳優としての仕事の本格復帰に向けてリハビリを続けている塩見三省さん。

70代になってからでもまだまだやれるという姿勢に勇気をもらっている人は少なくないはずです。どうかいつまでもお元気な姿で活躍を続けていただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする