小林幸子の鼻筋が不自然な原因に驚愕!実はプロテーゼではなかった?

Pocket

今回は歌手の小林幸子さんについてご紹介します。

動画投稿サイトでラスボスと呼ばれ、60代女性の希望の星的存在の小林幸子さんの鼻筋が不自然だと言われています。原因はプロテーゼ?と囁かれていますが、果たして真相は?

小林幸子の鼻筋が不自然?

インターネット上では10年以上も前から、小林幸子さんの鼻が整形によって出来上がったものなのではないかとの噂があります。画像を見ても、鼻がマネキンのように整い過ぎているように見えます。

整形しているとの声が大宗を占めていますが、特に鼻筋が不自然だと言われています。

こちらは14歳の頃の小林幸子さんです。この頃から鼻の形が綺麗なのが特徴的ですが、今の小林幸子さんと違って、鼻が低いことがわかります。

成長するに連れて多少は顔立ちや顔のパーツに変化が見られることはあるものの、鼻の高さが大きく変わることは考えにくいため、やはり途中で鼻に手を加えた可能性があります。

一般的な鼻の整形と言えば、手軽さや経済性の観点から、ヒアルロン酸注入や鼻プロテーゼ挿入を挙げることができます。

・ヒアルロン酸は元々は人間の体内に存在している物質なので、注入しても副作用やアレルギーといった心配がない

・ゆっくりと時間をかけて体内に吸収されていくので安心できる

何と言っても手軽さと副作用がないという点では人気があるですが、効果が長続きしないという点で、芸能人をはじめとした見られる職業の方には不評のようです。

鼻プロテーゼ法は、人口軟骨を用いて鼻筋を通す方法です。鼻穴の内側を切開してプロテーゼの入り口を作り、鼻筋に沿って挿入。鼻穴からのアプローチで傷跡が気になることはありません。ヒアルロン酸による隆鼻術よりも長期間の効果が見込めます。

引用:kandabiyou.net

手軽さや経済性をある程度担保した上で、効果が持続する期間が長いという点で鼻プロテーゼを挿入する人が増えています。小林幸子さんもこの方法で今の鼻を手に入れたと言われています。

しかし、効果が永続的に続くわけではないことと、ある程度年月が経過してくると、鼻プロテーゼを挿入する前よりも鼻の形が不格好になったりするケースが散見されることから、小林幸子さんが施したのは鼻プロテーゼ挿入ではないのではないかとも囁かれています。

スポンサードリンク

では一体、どうやって今の鼻を手に入れたのでしょうか。

小林幸子はプロテーゼではなく極秘手法でラスボスに?

小林幸子さんの鼻が今のような形になってから10年以上が経ちますが、一切変形していないことから、先ほどご紹介したヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入以外の方法で今に至るのではないかと言われています。

調べてみると、メスを使うため多少のリスクは伴うものの、効果が永続的に続く鼻尖修正術というものがあることがわかりました。

鼻尖修正術をすると、高い鼻を作り出すことができるのですが、先ほどのプロテーゼと違って自然な仕上がりになります。

また、手術による傷跡は鼻の穴の中や耳の裏にできることから、人の目が気になる心配もありません。

画像からも明らかなように、施術後の鼻筋がシュッとしていて、小林幸子さんの鼻に似ていることがわかります。

鼻尖修正術だけでも鼻筋が通った綺麗な鼻になるのですが、小林幸子さんの昔の画像と今の画像を再度見比べてみると、鼻筋だけではなく、鼻の幅が狭くなっていることもわかります。

鼻の幅を狭くするために行われる整形術としては、鼻骨骨切りがあります。

鼻の骨の幅を狭めて細くする方法で、手術は鼻の骨に専用のノミで切れ込みを入れます。そして鼻骨を内側に移動させることで鼻幅を狭くします。

鼻の穴の中を切開して行う施術であるため、傷跡が鼻の表面にできることはありません。 ダウンタイムは7日です。

術後7日間は骨を固定するためのギプス装着が必要になりますが、鼻以外の顔のパーツは手術後すぐに取り外すことができるため、手術当日からメイクをすることが可能です。

小林幸子さんは、鼻筋を高くするための鼻尖修正術と、鼻幅を狭めるための鼻骨骨切りを併用した可能性が高いです。

鼻尖修正術は40万円程度、鼻骨骨切りは70万円程度ですので、合計で100万円以上の出費ですが、小学生の頃から芸能界で活躍している小林幸子さんにとっては、痛くもかゆくもない金額です。

動画投稿サイト(ニコニコ動画)で小林幸子さんが公開した「サチコサンサチコサン」は、再生回数が100万回を超えるほど大注目となりました。

長らく演歌界をリードしてきた小林幸子さんが、若い世代に認知されたということを印象付けた出来事で、それ以来、小林幸子さんは若い世代からラスボス的存在として扱われています。

今までは歌い手として、「あ、こんな世界があるんだな」と思っても、なかなかチャレンジできませんでしたが、「サチコプレミアレコード」という自分のレーベルを立ち上げた事によって視界が広がり、色々な発見がありました。スタッフと模索しながら「面白い」と思った事に積極的に取り組みました。

引用:spice.eplus.jp

このように今の状況を語っている小林幸子さん。

始めた当初は、周囲から(ネットでの集客では)お金にならないのではないか?と疑いや批判的な目で見られていたのですが、小林幸子さんとしては、お金では買えない、ネットの世界の人達との出会いという大きなものを得ることができたと満足気でした。

ネットの人達は私の歌や演歌をほとんど聴いた事もないし歌ったこともない、そういう人達に「小林幸子? 面白いじゃん!」と思ってもらえる事、これがお金に変えられないものだと思います。

引用:spice.eplus.jp

もうすぐ70代に突入しようという年齢の小林幸子さんの人気が衰えないのは、チャレンジ精神が旺盛だからだということがよくわかりました。

今後も、多くの人々を魅了し続ける小林幸子さんに注目し続けていきたいと思います。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする