加藤雅也の学歴が超意外!大学はあの有名アーティストと同じで高校や中学も凄い

Pocket

出典:eiga.com

今回は、俳優の加藤雅也さんについてご紹介します。

加藤雅也さんの学歴が超意外でした。出身大学は誰もが羨むあの名門校で、有名アーティストと同じなのですが、気になるその名門校とは?!

加藤雅也の学歴が超意外!出身大学はあの有名アーティストと同じ

この投稿をInstagramで見る

AKIRA=アキラ(@leica__leica)がシェアした投稿

加藤雅也さんの出身大学は、横浜国立大学です。数々の有名人や著名人を世に送り出している言わずと知れた超名門校ですが、B’zの稲葉浩志さんも横浜国立大学を卒業しています。

加藤雅也さんは1963年4月27日 生まれで、稲葉浩志さんは1964年9月23日 生まれですので、学年では加藤雅也さんは1年上ということになります。

稲葉浩志さんは教育学部中学校教員養成課程数学専攻で、加藤雅也さんは保健体育専攻ですから、お互いに面識はなかった可能性が高いです。

稲葉浩志さんと同じく、加藤雅也さんも当初は教員を目指して大学進学をしたのですが、実際に教育実習に行って教育現場を体感した際に、

スポンサードリンク

・教育現場は思ったほど縦社会ではない

・やりたいことを自由に教えることができる環境ではない

・教師という職業が意外にも保守的である

ことが原因で、教師の道を断念したという過去がありました。

大学入学後はボクシング部に所属し部活動に精力的に参加する一方で、単位のほとんどを大学2回生の頃に取得し終える優秀な学生でした。

その後、大学3回生の頃にモデル事務所からスカウトされモデル活動を開始します。モデル活動を開始したきっかけは友人に誘われたことでしたが、モデル事務所に所属が決まってからは、チラシや広告のモデルを精力的にこなす日々を送りました。

そして大学生活の集大成である4回生の頃には、横浜国立大学の付属校である横浜国立大学附属鎌倉小学校と横浜国立大学附属鎌倉中学校に教育実習に赴いています。

教育実習を無事にやり終え、小学校と中学校の教員免許を取得したことはしたのですが、先ほどもお伝えした通り、実際の教育現場と加藤雅也さんの理想の教育現場に存在する乖離があまりにも大きかったことから、教師の道ではなくモデルの道を歩んでいきました。

教育実習から戻った加藤雅也さんに朗報が飛び込んできたのは、1986年5月のことでした。あの由緒正しきモデル雑誌であるメンズノンノの創刊号にファッションモデルとして起用されることが決まったのです。

阿部寛さんと一緒に巻頭特集に登場し、ファッションモデルとして最高のスタートを切った加藤雅也さんでしたが、メンズノンノの専属モデルにはならず、いくつかの雑誌のファッションモデルとして活動を続けていました。パリコレにも出演するなど、まさにこれからというときに、突然ファッションモデルの仕事を辞める決断をします。

理由は、海外のモデルの体型が日本人モデルでは到底及ばないほど良く、どう見ても勝ち目がないと思ったからだそうです。

ファッションモデルの道を断念し、25歳の頃(1998年)に俳優に転身し、直後に上映された映画『マリリンに逢いたい』では主演に抜擢されています。

マリリンに逢いたいのキャストオーディションには、約3000人もの応募者がいたのですが、加藤雅也さんの演技力と存在感が評価され、その後同作品で日本アカデミー賞新人賞を獲得しました。

その後の加藤雅也さんの活躍は言うまでもありませんが、ハリウッド映画にも出演したことがあるなど、ファッションモデルの時と同様に、活動の幅を広げながら、現在も俳優として味のある演技でファンや視聴者の目を虜にしています。

加藤雅也の出身高校は偏差値が驚異的な難関校

スポンサードリンク

出典:nara.itot.jp

加藤雅也さんの出身高校は、奈良県立奈良高等学校です。1924年(大正13年)に創立された旧制中学校である奈良県立奈良中学校が前身の高校で、地元では”ナラコウ”と呼ばれる名門校です。

少子化が進行している現在でも、入学者に求められる偏差値は70を越しているため、通いたくても通えない高嶺の花として有名です。

2020年の大学進学者の主な内訳は、

東京大学:6名

京都大学:53名

大阪大学:51名

神戸大学:54名

早稲田大学:19名

慶応義塾大学:4名

同志社大学:243名

関西学院大学:62名

立命館大学:159名

関西大学:149名

と、県内はおろか、近畿圏内の高等学校の中でも指折りの進学校です。

加藤雅也さんは奈良高等学校在学中、陸上部に所属し、インターハイの出場経験もあります。陸上の他にも水泳スキーも得意であり、スポーツ万能な高校生でした。

また、英語も得意であり、スポーツと学業を両立する文武両道な高校生でしたが、当時を振り返って加藤雅也さんは、部活をやるような普通の高校生だったと語っていました。

ですが、実際には放課後に校内にある図書室で勉強をするという真面目な高校生でした。

加藤雅也の出身高校は文武両道の強豪校

出典:pdpda.org

加藤雅也さんが通っていた奈良高等学校では、多くの生徒が何らかのクラブに所属しているのも特徴です。全国屈指の進学校やスポーツ強豪校であれば、学業かスポーツのどちらかに専念するタイプが多い中において、奈良高等学校はまさに文武両道を貫き続けていることがわかります。

野球部:1991年(平成3年)に春の甲子園に出場

バレーボール部:2006年(平成18年)に全国大会に出場

テニス部:2009年(平成21年)に全国大会に出場

バスケットボール部:2010年(平成22年)に全国大会に出場

ロボット研究会:2011年(平成23年)ロボカップジュニア世界大会に出場

また、アーチェリー部はほぼ毎年全国大会への出場を果たしている常連校としても有名であり、平成11年度全国高等学校総合体育大会では、男子が団体の部で見事に全国制覇を果たしました。

さらに吹奏楽部は、第48回及び第51回奈良県吹奏楽コンクールにてA・J組共に金賞を受賞し、ダンス部は『春の日本高校ダンス部選手権』西日本大会において、2016年入賞を果たすなど、スポーツ面だけではなく文化活動や科学活動の分野でも優れた成績をおさめています。

また、2004年(平成16年)に、 文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、その後2007年(平成19年)、2012年(平成24年)と、三期連続で指定されるなど、国からも一目置かれる高等学校です。

加藤雅也の出身中学は終戦直後からある伝統校

出典:chinmasa.com

加藤雅也さんの出身中学は、奈良市立春日中学校です。1947年4月22日に設立された伝統校で、今ではかなり珍しいのですが、夜間学級を有するのが特徴です。

多くの生徒が何らかのクラブに所属していて、 運動部は毎年近畿大会等の地区大会で上位の成績を修めていますし、 文化部は、吹奏楽部が関西大会に出場したり、奈良県大会で金賞を受賞するなど、数々の輝かしい成績を修めている中学校です。

春日中学校に在籍していた頃の加藤雅也さんがどの部活に所属していたのかまではわかりませんでしたが、陸上部に所属していた可能性が高いです。

この頃からすでに文武両道の道を歩んでいたと考えられ、その頃の加藤雅也さんを知る人たちは、中学校の頃から優秀だったと語っていました。

加藤雅也は小学校で超優秀な生徒だった

出典:chinmasa.com

加藤雅也さんの出身小学校は、奈良市立飛鳥小学校です。

奈良県奈良市紀寺町にある公立小学校で、創設されたのは何と1874年7月。2009年にはユネスコからユネスコスクールとして認定されるなど、伝統だけではなく世界からも一目置かれる小学校です。

飛鳥小学校に通っていた頃の加藤雅也さんは、スポーツが得意で、地元の剣道クラブに通っていました。また学業成績も優秀で、常にトップクラスの成績を残す優等生でした。

スポーツもできて勉強もできたことから、自然と周囲から人が集まってきて、加藤雅也さんのいるとことには常に人だかりができる人気者でした。

加藤雅也が幼少期に施された教育法がヤバい?!

出典:mainichi.jp

加藤雅也さんの両親は共働きだったため、家に帰っても家族がいなかったため、家に帰ったらテレビを見るという習慣が出来上がっていました。

中でも『太陽にほえろ』には釘付けになっていたようで、松田優作さんの大ファンだったということです。

ただし、加藤雅也さんが他の人と決定的に違っていたのは教育方針でした。家に帰ってからテレビを見るための条件として、学校の宿題やそれ以外の学習、習い事といったやるべきことを全てやり終えるということを徹底していたのです。

一見当たり前のように見えて、実は実践するとなると意外にも難しいことですが、ご両親がこの方針を貫き通したことが奏功して、加藤雅也さんの人生が開けたと言っても過言ではありません。

現在、加藤雅也さんには娘さん(2010年9月24日生まれ)が1人いますが、その子にも加藤雅也さんが幼少期に施された教育方針を徹底しているとすれば、娘さんの将来がとても楽しみです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする