原久美子は現在も芸能活動を継続中!結婚しない理由や子供の有無を徹底調査

Pocket

出典:killy.biz

今回は、女優の原久美子さんについてご紹介します。

原久美子は現在も芸能活動を継続中

出典:vip-times.co.jp

女優、タレントとして数々のドラマやバラエティ番組に出演していた活動していた原久美子さん。若い頃は抜群のプロポーションでキャンペーンガールとしても大活躍していました。

その頃の活躍ぶりを知る人たちにとってみると、最近の原久美子さんは露出の機会が激減していることから、芸能界を引退してしまったのではないかとの噂も広まっています。

ですが、実際のところは芸能活動を継続しており、2020年10月1日にテレビ朝日系で放送された『刑事アフター5』や2時間もののドラマに主演しています。

またそれ以外にも、情報番組のレポーターや旅番組に加えて、趣味であるゴルフ番組にもスポットで出演しています。ですがこれらはいずれもスポット出演であり、ガッツリと出演している番組と言えば刑事ドラマということになります。

刑事ドラマに精通した人の間ではその存在が認識されていますが、一切刑事ものを見ないという人にとってみると、原久美子さんの姿を見る機会がほとんどないため、引退の噂が出回ってしまったのでしょう。

スポンサードリンク

インターネット上では、原久美子さんはどうやって生活しているのかと心配する声も上がっていますが、スポット出演ながらもドラマ以外に、BSのクイズ番組や情報番組の出演料を合わせると、それほど贅沢はできないものの、普通の生活はできるほどの収入はありそうです。

原久美子は現在結婚していない!

出典:twitter.com

原久美子さんは、2022年時点での年齢が52歳(1970年11月20日生まれ)ですので、結婚しているものと思われている方も多いかもしれませんが、実際には結婚していないようです。

未婚であるというだけでも驚きですが、さらには既婚歴もないようです。

さすがにこれだけの美貌の持ち主に言い寄ってくる男性がいないというのは明らかに不自然ですので、その辺りを詳しく調べてみると、かつて結婚を意識した男性が複数人いたということが判明しました。

人生で初めて彼氏ができたのは高校3年生の時でした。お相手はレストランのアルバイト仲間で3歳年上、原久美子さんの一目惚れから交際がスタートしました。

交際がスタートしてから2年後(20歳の頃)に、その男性との結婚を真剣に考えましたが、悩みに悩んだ結果、仕事を選びました。

その後、また別の男性と交際していたときには、交際開始から3ヵ月後にその男性には妻がいたことが判明し、あまりのショックから3日間何も食べられなかったという過去もあります。

さらには、何と17歳年上の男性と交際した事もあるなど、恋愛に関しては様々な経験を積んできているということが判明しました。

ですが、最終的には結婚よりも仕事を選択(優先)したため、現在に至るまで一度も結婚歴がないという状況です。

また、原久美子さんは若い頃に原田龍二さんと共演したことがあるのですが、そのときの様子が未だに語り継がれています。

2人が共演したのはテレビ朝日系で放送されている『ミュージックステーション』です。

視聴者やゲストアーティストが「とあるシチュエーションにジャストフィットする曲」を選ぶというミニコーナーでミニドラマで演じたのが、原久美子さんと原田龍二さんでした。

音楽番組であるが故に、ミニドラマの内容はそっちのけで楽曲が優先されます。楽曲優先のため、ミニドラマの内容や展開に無理やり感が出てしまうことも多々あったのですが、駆け出しの原久美子さんにとってみると、その後の仕事への良い肥やしとなったことは間違いありません。

原久美子に現在子供はいない

スポンサードリンク

出典:bsfuji.tv

先ほどもお伝えした通り、原久美子さんは結婚しておらず、既婚歴もありませんので、子供はいないということで間違いありません。

テレビ出演時やインタビュー時に、子供に関して発言したことはほとんどなく、子供が欲しい旨の発言も一切なかったことから、子供が欲しい願望はないのかもしれません。

女優さんの中には、子供たちとの共演が多く、子供好きなイメージの方もいますが、原久美子さんの場合は一切そういった印象を受けませんので、もしかすると子供があまり好きではないのかもしれませんね。

原久美子が現在も結婚しないのは独特の結婚観が原因

出典:excite.co.jp

原久美子さんが現在も結婚していないのは、若い頃から芸能界で活動してきたことから出来上がった独特の結婚観が原因なのではないかと考えられます。

原久美子さんが芸能界に入ったのは、高校2年生の頃にモデルのスカウトをされたことがきっかけでした。抜群のプロポーションを活かして、ブリジストン(1990年)やキリンビール(1991年)や京急電鉄(1992年)など超一流企業のキャンペーンガールを務めていました。

キャンペーンガールとして大活躍する傍らで、女優やタレントとしての活躍も目まぐるしく、自身初のヌ〇ド写真集を発売するまでになっていました。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで芸能界を駆け上がっていくかに思われましたが、徐々に仕事の内容がラブシーンのある作品に偏っていきました。番組制作側としては原久美子さんの妖艶さを活かした演技力を評価しての抜擢だったのですが、当の本人としては心のどこかで違和感を感じていたようです。

”大人の事情”で、徐々に原久美子さんが心からやりたいと思う仕事と実際の仕事との間に乖離が生じていく中で、世間の男性(大人)に対する認識が独特なものとなっていった可能性があります。

仕事仕事の毎日で、仕事現場で会う男性以外の男性との接点がほとんどなかった原久美子さんにとってみると、男性=スタッフ、事務所関係者となってしまうのは致し方ありません。

そんな環境下で20代を過ごしたわけですから、男性を見る目が偏向的になり、結婚観が独特なものとなっていったのでしょう。

原久美子が今後結婚する可能性

出典:tv-ranking.com

原久美子さんはすでに50代に突入していますので、よほど相性の良い男性がいない限りは結婚は難しいものと思われます。

現在、交際している男性がいるようには見えませんし、趣味であるゴルフとスキューバダイビングに勤しんでいる様子ですので、原久美子さんが今後結婚する可能性は低いのではないでしょうか。

とは言え、50代になり今後の人生を考える機会も増えてくるでしょうし、そんな中でいずれは人生の伴侶が欲しいと思うことも出てくるかもしれません。

若い頃は仕事一筋で突き進んできた人が、突然結婚するというケースも無きにしも非ずですので、原久美子さんが電撃結婚する可能性はあります。

原久美子のことを北野武が大のお気に入りだった

出典:cinematoday.jp

原久美子さんが北野武さんと初めて共演したのは、日本テレビ系で放送された深夜番組『たかじんnoばぁ〜』でした。

北野武さんが出演したのは1996年7月13日に放送された最終回だったのですが、番組スタッフからの出演オファーに対して提示した条件の中に、綺麗な女性を共演者に含めることが入っていました。

そしてその綺麗な女性共演者として抜擢されたのが原久美子さんでした。

実は北野武さんは以前から原久美子さんのことをとても気に入っており、そのことを番組スタッフも良く知っていたことから実現した共演でした。お気に入りの原久美子さんと共演することができた北野武さんは、終始ご満悦だったそうです。

その後も原久美子さんと北野武さんは、関西テレビで放送されたバラエティ番組『たかじん胸いっぱい』でも共演するなど、番組を通じて親交が深まっていきました。

ただ、番組共演後にプライベートで2人っきりで会ったり食事をしたりすることはなく、あくまで番組上での付き合いに限られていたようです。

関西の視聴率王との異名を持つやしきたかじんと、世界の北野武さんに認められたことで、その後の原久美子さんの仕事が良い方向に向かっていったことは間違いありません。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする