福田沙紀が現在は消えたという噂は嘘?!拠点を中国に移した画像あり?

Pocket

今回は、女優の福田沙紀さんについてご紹介します。

2004年に芸能界デビューを果たし、数々のドラマや映画で活躍してきた福田沙紀さんの現在について調べました。2017年以降、活動拠点を中国に移した、日本の芸能界から消されたという噂は本当なのでしょうか。画像とともにご紹介します。

福田沙紀は消えたのではなく現在の活動拠点を中国に移した?

福田沙紀さんと言えば、これまで数多くのドラマや映画だけではなく、CMにも多数出演しており、見ない日がないといっても過言ではないぐらいの活躍をしていましたが、パッと姿を見かけなくなりました。

インターネット上では、福田沙紀は消えた?と言われたりもしていますが、本当なのでしょうか。その辺りを調べてみると、福田沙紀さんは芸能界を引退したわけでもなく、オファーがなくなったわけでもなく、活動の場をこれまでとは別の場所にシフトしたようです。

福田沙紀さんは、2012年の後半から、テレビの仕事を減らして舞台の仕事に仕事の主軸を移しています。

舞台転向後の2014年7月には「ピーター・パン」のウェンディ役でミュージカル初出演を果たします。そして翌年には、仲間由紀恵版「放浪記」に出演し、悠起役として好演しました。「放浪記」は、全105公演をこなしました。

また、福田沙紀さんは中国で活躍しているという噂もありますが、中国で何をしているのかや、福田沙紀さんが中国のドラマや映画に出演しているという情報は見当たりませんでした。

かつて、福田沙紀さんが演じた役柄を調べてみると、一度だけ、中国人の役を演じたことがありました。

スポンサードリンク

福田沙紀さんがドラマ『カルテット』の中で演じていた中国の残留孤児役の影響だと思われます。

引用元:anohito-genzai.com

恐らく、このときの役柄の影響で、福田沙紀さんは現在中国で活動しているとの情報に変わっていったのだと思われます。

ちなみに、福田沙紀さんは中国語ではなく、韓国語をマスターしていることでも有名です。

韓国語をやろうと思ったきっかけは、ドラマ「シークレット・メッセージ」に出演したことでした。役柄を演じるためだけではなく、韓国語や韓国の文化についても興味を持ち、仕事の合間を縫っては勉強に励んだようです

芸能界で韓国通と言えば、草彅剛さんの名前が挙がってきますが、草彅剛さんに負けず劣らず、流ちょうに韓国語をしゃべれるようです。

ちなみに、福田沙紀さんのインスタグラムには韓国語で投稿されている文章もあります。

独学で語学をマスターするほどの熱の入りようだったことから、海外で仕事をするための下準備をしているのではないか?と思われたのかもしれません。

福田沙紀は消えた?理由は素行と性格の悪さ?

福田沙紀さんが日本のドラマや映画で活躍していた頃は、スタッフや共演者に対する振る舞いや、仕事に対するスタンスなっていないと言われていたという情報があります。

13歳のときに『第10回国民的美少女コンテスト』の演技部門でグランプリを獲った福田沙紀さんは、俗にいうところの”調子に乗った”状態だったそうです

所属事務所の社長から気に入られていることを逆手にとって、共演者やスタッフに対して、「私は社長案件」と言いふらし、まるでお嬢様気取りの態度を取ることもしばしばあったようです。

にわかには信じがたいエピソードですが、こういった類の情報は他にもありました。

2008年には映画『櫻の園』で初主演を果たした福田沙紀さんですが、現場ではかなり横柄な態度を取っていたようなのです。

朝8時集合だったのにも関わらず4時間以上も遅刻して現場に現れ、共演者やスタッフに一切謝罪しなかったこともあったそうです。

しかも、謝罪するどころか、「チーズケーキが食べたい」と言ってスタッフを買いに走らせたり、気に入らないことがあれば撮影を中断させる始末…。

引用元:anohito-genzai.com

一切謝罪しない、スタッフにチーズケーキを買いに行かせる・・・。もしこれが本当だとすれば大問題ですが、一方で、福田沙紀さんの当時の状況に関しては、以下のような情報もあります。

スポンサードリンク

マネージャーの運転する車で移動の人ですから、基本的には遅刻はありません。ある場合はマネージャーの問題ですね。

それと、この事務所は、倒れるまで仕事を詰め込む事務所ですから、ライフでブレイク後のスケジュールはキツキツだったのでは。遅刻があった場合は事務所のスケジュール管理の問題でしょう。

引用元:anohito-genzai.com

なるほど、確かに当時の福田沙紀さんは、飛ぶ鳥を落とす勢いで様々なメディアに出演していましたので、あり得ない話ではありません。

この他にもこんな情報があります。

主演を務めた舞台『フラガール』でダンスをすることになった福田沙紀さんは、ダンスを学ぶためにタヒチにホームステイしたことがありました。このときの様子をテレビが密着取材したのですが、そんな中で事件が起こりました。

ホームステイ先のお宅で、福田沙紀さんを起こそうと親切に声をかけてくれたホストファミリーの呼びかけを完全に無視して、一切応答せず部屋から出てこようともしなかったのです。

この不遜な態度に対して、番組を見ていた視聴者からは怒りやクレームの声が殺到したそうです。

また、ダンス留学から帰国した後にも、さらにひと悶着あったようです。

帰国後、スタジオでホームステイ先の女の子と一緒に教えてもらったダンスを披露する予定になっていたにも関わらず、腰痛を言い訳にしてまったく踊ろうとしなかったのです。

引用元:anohito-genzai.com

この事実に関しては、以下のような反論の声が上がっているのも事実です。

実際に、医者には安静にしているように言われたそうですが、当然仕事があり安静には出来ず現在は古傷となっているそうです。

結果、そのような状況だったのにきちんと打ち合わせをしなかったスタッフに不備があったように思えます。

引用元:anohito-genzai.com

過度なスケジュールによって被った腰痛の件は致し方ないとしても、スタジオでの福田沙紀さんの対応方法には問題があったと言わざるをえません。

これらの情報の信憑性が高いかどうかは不明ですが、火の無い所に煙は立たぬとも言います。福田沙紀さんのスタッフや共演者に対する素行の悪さが、テレビや映画への出演機会激減の理由である可能性はあります。

しかし一方では、福田沙紀さんを擁護するこんな声も上がっています。

・福田沙紀さんのテレビ出演が減ったのは、福田沙紀さん自身の性格の問題ではなく、オスカー事務所が剛力彩芽さんをごり押し始めたから

・福田沙紀さんが失速した原因の中には、福田沙紀さん本人によるもの以外に、事務所が制作した映画が振るわず、その責任を福田沙紀さんに押し付けたから

どんなことに対してもそうですが、一方向からだけの情報では、どうしても偏った判断になりがちです。今回の福田沙紀さんの件についても、スタッフや共演者だけではなく、もっと多くの関係者からの情報をまとめてみないことには、誰が悪いのかを判断することは難しいです。

福田沙紀の最新画像と近況が判明?廃業はしていない?

世間では福田沙紀さんに関して、廃業した、干された、消されたなどのネガティブな情報が多数出回っていますが、現在福田沙紀さんは、映画や2019年5月放送の水戸黄門に出演するなど、仕事のスケジュールが詰まっています。

そして、現在の福田沙紀さんの近況はこちら。

忙しい仕事の合間を縫って、プロ野球観戦をしたり、お友達と食事に行ったりするなど、公私ともに充実した日々を送っているようです。

引き続き、今後の福田沙紀さんの活動や動向に注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする