矢部浩之が元カノのひとみちゃんと浮気?現在は?つまらなさすぎとは?

Pocket

今回は、お笑いタレントの矢部浩之さんについてご紹介します。

元TBSアナウンサーの青木裕子さんと結婚し、子供が2人いる矢部浩之さんに浮気の噂があります。お相手は元カノのひとみちゃんだと言われているのですが、本当なのでしょうか。現在の最新情報をお伝えします。

矢部浩之が浮気した?相手はひとみちゃん?

矢部浩之さんが浮気をして、その相手が元カノひとみちゃんなのではないかとの噂が上がっています。本当なのでしょうか。

矢部浩之さんがひとみちゃんと交際していることが公になったのは1999年のことでした。当時モデルをしていたひとみちゃんとは合コンで知り合い、それ以降、矢部浩之さんが出演するバラエティ番組やラジオ番組内で、矢部浩之さんはひとみちゃんとの交際が順調であることを伝え続けていました。

しかし、交際スタートから15年経った2007年に2人は破局を迎えます。破局理由は、矢部浩之さんのプロポーズが遅すぎたためだということでした。

何とも不可解な理由だなと思った方もいたのではないでしょうか。それもそのはず、実は矢部浩之さんのプロポーズを断ったのは、全く別の理由があったからです。

矢部浩之さんが青木裕子さんと結婚することを報告した記者会見の後に、ひとみちゃんから手紙での告白がありました。

スポンサードリンク

記者会見は終わりましたか?お疲れ様です。仁美です。

今回私はめちゃイケスタッフに頼まれたのをきっかけに思い切ってこの場を借りて言葉にすることにしました。

あの日伝えられなかった、私があなたのプロポーズを断った本当の理由。それはたった一つです。

このまま私とずっと一緒にいるとナインティナイン矢部浩之が芸人として面白くなくなってしまうこと。

何かに縛られることでもしかするとふつうの人になってしまうこと。

これだけはどうしてもイヤだったのです。

だから私は別れて新しい道を歩むことに決めました。

私はがんばります。だからお前も頑張れよ!

仁美

長く矢部浩之さんと一緒に居たからこそ、矢部浩之さんにより高みを目指してほしいという思いが強かったからこその決断だったのでしょう。

そんな元カノである仁美さんと矢部浩之さんが不倫関係にあるとの噂の真相をつ突き止めるべく、色々な情報を探っていくと、それらしきソースに辿り着きました。詳細は以下の通りです。

矢部浩之がひとみちゃんと浮気をした?根拠は青木裕子?

あれは妊娠中。主人は息子が生まれるまで結構チャラチャラしていたので、その一環。彼に女性問題が発覚したので、私は家出しました。

引用:excite.co.jp

家出までしたという青木裕子さんの発言内容に驚きましたが、このときの相手女性がひとみちゃんだったのではないかと言われています。

青木裕子さんの口からはこれ以上詳しい情報が出てきていませんので断定はできませんが、お互いの近況報告をということで矢部浩之さんと元カノであるひとみちゃんが再会していた可能性は否定できません。

矢部浩之がひとみちゃんと浮気をした?根拠は岡村隆史?

2016年9月に、週刊文春が、矢部浩之さんに不倫の火種があると報じたことに対して、岡村隆史さんが火に油を注ぐような発言をしたことが注目されました。

岡村隆史さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『オールナイトニッポン』でのリスナーとのやりとりや発言内容をご紹介します。

週刊文春が近々スクープされる芸能人に関して、おおよその人物像を毎週日曜日夜の人気番組に出演している人物だと明かしたことについて、岡村隆史さんに対してリスナーからメールで問い合わせがありました。

岡村隆史さんはその質問に対して、自分自身は日曜日の夜の番組は受け持っていないと語り、誰なのかを思いめぐらせるふりをしながら、しばらくしてから思わずはっと息を呑みました。

相方の矢部浩之さんが毎週日曜日の深夜にテレビ朝日系で生放送されているスポーツ番組「やべっちFC」に出演していることを思い出したからです。

岡村は「いやぁ、怖いで、そんなんなったらもう終わりやわ」と震え上がる。そして矢部が昔、岡村との約束を破った話を始めた。岡村は20代のころから「ファンとかは絶対にいかんとこうな(手を出さないでおこうな)」「カッコ悪いから、ファンとかに手を出したらアカンで」とコンビ間の掟を定めたそうだ。ところが矢部はその約束を1回破ってしまったらしい。

引用:excite.co.jp

スポンサードリンク

だがその後、岡村は慌ててフォローにまわる。矢部が結婚したことから「多分、(矢部は)これ(不倫)はないんちゃうかな」「不倫は、今ウチの相方もせぇへんと思うで。そこはもうわかってると思うから」と疑惑を否定する。仮に不倫が発覚したときは「全然大丈夫や」と慰めるのと同時に「風俗行こう」と誘うといい、コンビ愛をアピールしていた。

引用:excite.co.jp

岡村隆史さんの矢部浩之さんを思いやる場面は、このときに限ったことではありません。

2017年4月8日に放送されたフ『めちゃ×2イケてるッ!』で、岡村隆史さんに対するドッキリ企画が放送され、そのときの岡村隆史さんの言動が世間の注目を集めました。

番組企画の概要と展開は以下の通りです。

・ドッキリのターゲット岡村隆史さんで、仕掛け人は相方の矢部浩之さん

・ドッキリの内容は、矢部浩之さんの不倫を週刊誌に撮られてしまったことを矢部浩之さんが岡村隆史さんに報告するというもの

・矢部浩之さんは世間体を気にして、岡村隆史さんに迷惑だけはかけたくないという思いから解散話を切り出す

・岡村隆史さんが出演している番組の収録が終わった時点で矢部浩之さんの楽屋に岡村隆史さんを呼び、神妙な面持ちで大変な事態を招いてしまったことを報告する

・矢部浩之さんが神妙な面持ちのまま、「ホンマにやってはいけないことをやってしまって」重い口を開いてすぐに、岡村隆史さんは「え、今流行りのヤツ?」とその内容が不倫であることを察知した。

さすがは20年以上コンビを組んでいるだけあって、相方のことに関してはすぐに感付くようです。

その後は、矢部浩之さんの話をただただ冷静に聞いて、矢部浩之さんが伝えたいことをすべて伝え終わると、そっと口を開きました。

「仕事なんて別にしょうがない。なるようにしかならないから」

引用:fujitv.co.jp

恫喝することもなく冷静にこう語った岡村隆史さん。圧巻だったのは、矢部浩之さんの家庭のことを心配し、の不倫相手との関係をクリアにすることをすすめたことでした。

そしてさらに、矢部浩之さんがコンビ解散の話題をもちかけたときの岡村隆史さんの反応が神がかっていました。

しょうがない、こうなった以上は。

笑いに変えていかな、いずれな!

それはコンビ間としてやっていかなければならないことだから。それはそうしていこう。

「そこはもうピンじゃなくてよかったな」って思ってもらえたほうが…

俺…俺がおる、俺がおるからね

引用:fujitv.co.jp

自分のことよりもまず先に他人のことを優先する姿勢に、世間では岡村隆史さんに対する賞賛の声が多数上がっていました。

矢部浩之の元カノひとみちゃんの現在は?

2007年に矢部浩之さんと別れて以降、消息がはっきりとしていなかったひとみさん。矢部浩之さんが青木裕子さんと結婚した2013年には、手紙でテレビ出演をしてはいましたが、それ以外では一切、テレビ等のマスメディアで取り上げられることはありません。

元レースクイーン、元モデルとはいえ、一般人であることに違いはありませんので、詳細なプライベートまでは明かされていないのでしょう。

一部では、モデルとして活動しているとも言われていますが、詳細は不明です。また何か新しい情報がありましたら、こちらに追記していきたいと思います。

矢部浩之がつまらなさすぎる?発言者はあの人?

芸能人、特に芸人にとって聞きたくない・言われたくない言葉ランキングの常に上位を独占してあるであろう「つまらない」というコメントですが、そんなコメントを矢部浩之さんにぶつけた人物がいました。それは松岡修造さんです。

2018年3月31日にフジテレビ系で放送された『めちゃ×2イケてるッ!』の最終回でゲスト出演した松岡修造さんが、番組放送された22年間を振り返り、矢部浩之さんの言動に対して痛烈な一言を浴びせたのです。

「言ってみれば、一番おもしろなかった!」

引用:excite.co.jp

松岡修造さん自身としては、自分自身のキャラを押し殺して番組をスムーズに進めていた矢部浩之さんを称えようという気持ちがあったのかもしれませんが、松岡修造さんのこの発言に対して、世間では賞賛や賛同の声が多数上がっていました。

また、2015年にフジテレビ系で放送された『アウト×デラックス』では、元GENJIの諸星和己さんにも強烈な一言を浴びせられていました。

「矢部っちなんか、単なるカンペ読んでるだけじゃん!」

引用:news.livedoor.com

このときにも賞賛や賛同の声が上がっていました。

松岡修造さんや諸星和己さんの発言は確かに的を射ていますし、芸人としてキャラが立っていないのはある意味致命傷だと言えるのかもしれません。

ですが、番組を回すというのも芸能人にとっては必要なスキルです。これまでナインティナインが数々の長寿番組や大ヒット番組を担当し続けることができてきたのも、矢部浩之さんの司会力あってのものだと思います。

”おもしろくない”と言われながらも番組のメインを張り続けることができること自体がすごいことなのではないでしょうか。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする