竹岡圭は結婚してる?若い頃からの愛車遍歴を一挙公開!

Pocket

出典:pinterest.jp

今回は、モータージャーナリストの竹岡圭さんについてご紹介します。

OLから自動車評論家の道へと転身した竹岡圭さん。かわいいとの噂が世間の太宗を占めていますが、結婚はしているのでしょうか。若い頃からの愛車遍歴とともに調べてみました。

竹岡圭はかわいいけど結婚してるの?年齢は?

この投稿をInstagramで見る

Kei TAKEOKAさん(@kei_takeoka)がシェアした投稿

いつもテレビで元気でかわいい竹岡圭さんですが、結婚はしていないようです。

1969年3月30日生まれですので、何と年齢は50歳(2019年時点)。とてもそうは見えないですよね。

竹岡圭さんのこれまでの歩みを探ってみましょう。

竹岡圭さんは、14歳の頃に芸能界デビューをしています。モデルプロダクションに入り、モデルとしての活動を開始したのですが、学業を優先させるために、当時所属していたモデルプロダクションを辞めています。

それ以降しばらくは学業に専念し、高校卒業後は一般企業に就職してOLとして働いていました。そんな竹岡圭さんに転機が訪れたのは1991年のことでした。

当時の竹岡圭さんの年齢は22歳。これまで働いていた会社を退職し、モータージャーナリストである日下部保雄さんが設立した有限会社プロスペック社に入社したことで、車との出会いが生まれました。

設立したての会社でしたので、竹岡圭さんはレーシングマネージャーやイベントの企画運営、さらには会社の会計業務等、様々な業務をこなしていました。人当たりが良く、テキパキと仕事をするタイプであったため、会社や日下部保雄さんからの評価は高かったそうです。

「能ある鷹は爪を隠す」とは当時の竹岡圭さんのことを言うのでしょう。有限会社プロスペック社で様々な業務を担当する傍らで、タレントやモータージャーナリストとしても活動をスタートさせます。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの竹岡圭さんは、27歳のときにフリーランスとして活動を開始、モータージャーナリスト兼タレントとしての地位を確立していきました。

当時も今も男社会の自動車業界で、紅一点の存在である竹岡圭さん。性格はとても男らしい性格だそうで、「弟と性別が逆だったらよかったのに…」と言われ続けてきました。周囲の人たちからは”オトコマエのオンナ”と呼ばれているようですが、気風のよさと気前のよさでは誰にも負けない自信があるそうです。

さて、そんな男社会で異彩を放ち続けている竹岡圭さんですが、インターネット上では、竹岡圭さんが結婚しているのかどうかについて様々な憶測が飛び交っていましたので、調べてみました。

1969年3月30日生まれの竹岡圭さんはすでにアラフィフ世代に突入していますが、先ほどもお伝えした通り、現在結婚はしていません。また、結婚歴もないようです。

男社会である自動車業界にいれば、周囲の男性は放ってはおかないはずなのになぜなのでしょうか。

その最たる理由は、竹岡圭さんが自動車業界内で、世話焼き役兼愚痴の聞き役になることが多いためで、男社会の自動車業界において、「業界のお母さん」「業界の嘆きの壁」と呼ばれているそうです。

竹岡圭さんが「オトコマエのオンナ」と呼ばれていることは先ほどもお伝えしましたが、男勝りな性格が災いして、結婚できないまま現在に至っているようです。

ですが、竹岡圭さん自身にそれほど強い結婚願望はないようで、特定の男性と人生を共にするよりも、大好きな車を通じて、多くの人々と触れ合うことの方が重要だそうです。

竹岡圭の愛車遍歴を一挙公開!おぎやはぎとの関係は?

出典:bs4.jp

竹岡圭さんは、BS日テレで放送されている『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』で、お笑いコンビのおぎやはぎさんと共演しています。

番組内では、出演者の愛車遍歴が紹介されていたのですが、竹岡圭さんが一番初めに車を所有したのは、1992年のことでした。当時は、モータージャーナリストである日下部保雄さんが設立した有限会社プロスペック社に入社したての頃で、会社からホンダのビートを貸与されました。

スポンサードリンク

出典:drivenippon.com

自分の経済状況ではクルマなんて買えそうもない。そうしたらもう、非常にうまいところをつつく感じで、プロスペックの入社条件のひとつに「クルマの貸与」が入っていたんです。そこで周囲の反対を押し切って、プロスペックに入社。「今日卒検なんで会社休みます~」なんて感じで入社後に無事免許を取得し、その日から私の愛車はホンダ・ビートになりました。

引用:gazoo.com

ちなみに、竹岡圭さんがプロスペックを退職するときに貸与されていたホンダ・ビートを譲ってもらい、現在も所有し続けているそうです。

今も所有し続けているホンダ・ビートですが、レーシングカーとしての仕様でしたので、普段使いができないどころか、公道で運転することすら難しくなったため、ホンダ・ビートに変わる車として、2002年にトヨタ・セリカGT-FOURラリーを購入しました。

当時から様々なカーイベントに参加していた竹岡圭さんは、ダートトライアルに参戦するためにこの車を選びました。ですが、タイヤがラリー用タイヤだったため、公道を走るのは正直辛かったそうです。

そうこうしているうちに、東京モーターショーで見かけたBMW初代ミニに一目ぼれし、新車を購入しようと試みましたが、当時の人気はもの凄いもので、何と9カ月待ちだったそうです。

出典:blogs.yahoo.co.jp

待ちきれなかった竹岡圭さんは、新車での購入を断念し、中古車を探すことにしました。とは言え大人気の車ですので、そう簡単には条件の良いものを探すことは難しかったのですが、さすがは竹岡圭さん。持っていました。

5000kmほどしか走っていないとても状態の良い中古車に出会い、2003年に新車と同価格で購入しました。

その後、ゴルフGTIカップに参戦したことを機に、2006年にフォルクスワーゲン・ゴルフGTIを購入しました。

出典:response.jp

実は竹岡圭さんは、ゴルフに対してあまり良いイメージがなかったようです。

なんだかゴルフに乗ったらもう上がり!っていうような気がしちゃって…。それが、いざ愛車にしてみたら、こんなにいいクルマないってほど好きになりました。

引用:gazoo.com

乗れば乗るほど何らかの新しい発見があるようで、竹岡圭さん曰く、ゴルフは”レースから引っ越しまでできるほど懐の深いクルマ”だそうです。

出典:autoc-one.jp

その後は、2008年にはプジョー207cc、2009年にはBMWミニ(二代目)ONE、2010年にはフォルクスワーゲンのシロッコR、2015年にはBMWミニ(三代目)クーパー5ドアに乗り継いできました。

出典:web.motormagazine.co.jp

現在は、ホンダのビート、フォルクスワーゲンのシロッコR、BMWミニクーパー5ドアの合計3台を所有しています。

竹岡圭さんの目下の目標は、「おばあちゃんになったらポルシェに乗る」ことです。70歳になったら最新のポルシェに乗るために、今はポルシェ貯金に励んでいるそうです。

竹岡圭のスカート画像が意外?

この投稿をInstagramで見る

Kei TAKEOKAさん(@kei_takeoka)がシェアした投稿

竹岡圭さんと言えば、どちらかというとカジュアルな格好でテレビに出演しており、パンツ姿が定番となっていますが、スカート姿がとても美しいと話題になっています。

タイト目なスカートがセクシーさを引き立たせています。

フリっとした短め丈のスカートがかわいらしさを引き立たせています。

綺麗目なスカートが、エレガントさを引き立たせています。スカート姿の竹岡圭さんを見る機会はそれほど多くはありませんが、スカート姿を見てみたいという声は根強くあるようです。

モータージャーナリストとしての活動だけではなく、行政(国や都道府県など)の道路関係の審議会や委員会の委員を務めたり、クルマの専門学校で特別講師を務めたりなど、幅広く活動している竹岡圭さんの今後に注目し続けていきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする