椿鬼奴が大学で人生の転機を迎えた?高校は超名門で実家が大富豪?

Pocket

出典:music-book.jp

今回はお笑いタレントの椿鬼奴さんについてご紹介します。

椿鬼奴さんの大学高校について調査してみました。学歴を調べていく中で、実家本名年齢を知って新たな発見もありましたので、その辺りも詳しくお伝えします。

椿鬼奴が大学で人生の転機を迎えた?!

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

椿鬼奴さんの出身大学は清泉女子大学です。学部は文学部です。

スポンサードリンク

出典:youcanpass.net

出典:shinagawa-kanko.or.jp

門構えや建物だけでも伝統と格式のある大学であることが伝わってきますが、実はその昔(1961年)日本銀行から土地と建物を購入したそうです。どうりで風格を感じるわけですね。

椿鬼奴さんの大学時代は主に英語を学び、アメリカ留学(ホームステイ先はロサンゼルス)の経験もあります。部活動は放送研究会に所属していました。この頃からすでに、人に何かを伝えるということに興味関心があったようです。

そして、清泉女子大学在学中に、椿鬼奴さんの人生を大きく変える出来事が起こりました。バブル崩壊です。

これまでは裕福な家庭で育ってきた椿鬼奴さんでしたが、バブル崩壊により、父親が株で大損をしたことが原因で、自宅マンションを売却することになり、家族は離散状態(後に両親は離婚しています)となりました。

テレビでは当時の様子を面白おかしく語っている椿鬼奴さんですが、当時は相当辛い思いをしたはずですし、相当苦労したことと思います。

当たり前だった生活が突如一変する、そんな恐怖を味わったからこそ、椿鬼奴さんには芸能界で生き残るだけの底力があるのかもしれません。

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

大学卒業後は就職をせずに2年間、フリーターをしていました。その後、友人の親が経営するペットフード卸の会社に就職しますが、たまたま雑誌(ケイコとマナブ)に掲載されていた吉本のお笑い芸人養成所(吉本総合芸能学院NSC)の広告を見て一念発起し、NSCに入所しました。

当初はOL生活をしながらNSCに通うという生活スタイルを続けていましたが、勤務先の会社が倒産して以降は、仕事をせずにNSCに専念するという生活スタイルに変更しました。

入所当時の年齢は26歳と遅いスタートでしたが、人に何かを伝えるということに興味があった椿鬼奴さんにとっては遅いも早いもなかったようです。

椿鬼奴の大学のレベルは?若い頃から頭が良かった?

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

椿鬼奴さんの出身大学である清泉女子大学は文学部しかない大学です。都内でも一等地にあるため、受験生からは根強い人気のある伝統校です。

そんな理由から、現在の清泉女子大学文学部の偏差値は54~59となっています。偏差値に開きが生じているのは、同じ文学部でも学科によってレベルに差があるためです。

ちなみに、椿鬼奴さんが先行したのは英語英文学科ですので、清泉女子大学の中では最も難しい学科を選択したということになります。椿鬼奴さんは当時から頭が良かったんですね。

中堅大学という位置付けにはなりますが、入学試験は決して易しくはない難関校の1つと言えます。

椿鬼奴の中学校と高校はどこ?高校時代が凄かったって本当?

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

スポンサードリンク

椿鬼奴さんは桐蔭学園中学校を卒業した後、そのまま内部進学で桐蔭学園高等学校に入学しました。

現在の桐蔭学園中学校は男女共学となっていますが、椿鬼奴さんが在籍していた頃は、男子部と女子部とに分けられていました。生徒数も現在とは違って少なかったそうです。

椿鬼奴さんは中学高校と弓道部に所属し、部活に打ち込む毎日を送っていたようです。最高成績は、高校時代の神奈川県大会優勝関東大会4位入賞と、素晴らしい結果を残しています。

出典:erimakee.com

確かに。。。

桐蔭学園女子部はスカート丈が膝にかかってないといけなく、リボンが緩めてあったり第1ボタンが空いてたり靴下が下がってたりすると叱られる。Twitter、インスタグラム、LINEは基本禁止。付き合ってる男子とキスとかすると親と一緒に呼び出しで誓約書を書かされる。

引用:minkou.jp

今現在もそうですが、椿鬼奴さんが在籍していた頃は、今よりももっと校則が厳しかったということです。

高校時代には、高校の近所で肉まんを買い食いしていたところを近隣住民に目撃・通報され、先生に反省文を書かされたこともありました。

椿鬼奴の小学校はどこ?

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

椿鬼奴さんの実家は渋谷で、裕福な家庭に生まれ育ちました。通っていた小学校は、実家の近くにある渋谷区立猿楽小学校です。

既にこの頃から英会話ピアノを習っていて、毎日代わる代わる、個人レッスンのために色んな先生が自宅に来ていたそうです。習い事と言えば、一般的にはどこかの教室や家に行くことをイメージしますが、椿鬼奴さんの場合は、家に専属の先生が来るというパターンだったんですね。

ちなみに、椿鬼奴さんの家が裕福だった理由は、この後でも詳しくお伝えしていますが、父親が株で大儲けをしていたためです。元々はサラリーマンでしたが、株で充分な儲けが出た段階で会社を辞め、専業のデイトレーダーになったようです。

椿鬼奴の実家は大富豪だった?

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

椿鬼奴さんの実家は東京都渋谷区代官山にありました。当時住んでいたのはマンションなのですが、代官山は椿鬼奴さんが幼かった頃からすでに高級マンションが立ち並ぶ高嶺の花として有名な場所でした。

そんな高級マンションで、当時は両親と弟の4人暮らしをしていました。

世間では椿鬼奴さんの実家が資産家であるとの噂がありますが、椿鬼奴さんの父親は元々は鉄鋼会社に勤務する普通のサラリーマンでした。

そんな父親が、椿鬼奴さんが小学生の頃に副業として行っていた株式投資で大成功し、一気に大富豪の階段を駆け上がっていきました。当時はバブル経済でしたので、株価が順調に右肩上がりを続けたため、椿鬼奴さんの父親の収入は瞬く間にサラリーマン給料を凌駕していきました。

勢いづいた椿鬼奴さんの父親は思い切って会社を辞め専業の株式投資家に転身を果たします。まさに順風満帆でキャッシュフローもしっかりとしたものだったのですが、バブル崩壊の波に抗うことはできず、株価暴落とともにこれまで積み上げてきた資産が激減し、結果的には代官山にあった高級マンションも売却することになりました。

椿鬼奴の本名がとても意外?

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴さん(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

椿鬼奴さんの学歴や生い立ちを調べている中で、本名が判明しました。本名は佐藤雅代です。

2015年に、お笑いトリオ「グランジ」の佐藤大さんと結婚したため、現在は佐藤姓になっていますが、旧姓は宮崎です。

椿鬼奴という名前のインパクト然り、芸風然りで、本名と芸名のギャップの大きさは、芸能界でも指折りなのではないでしょうか。

椿鬼奴という芸名の由来は以下の通りです。

NSCのお笑いパフォーマンスユニット『キュートン』として活動する上で通り名をつけることとなり、最終候補「鬼」と「泥」のうち、「泥」は濁音が先頭にあるのが気に入らなかったため「鬼」を選んだ。

引用:t.pia.jp

最終候補が鬼と泥となった経緯が気になりますが、椿鬼奴という芸名になって以降の大躍進ぶりは、皆さんもよくご存知の通りですので、椿鬼奴という芸名はベストマッチだったということになります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする