大楠道代の夫は創業者!現在の夫婦仲や子供や自宅まとめ

Pocket

出典:eiga.com

今回は、女優の大楠道代さんについてご紹介します。

大楠道代さんのはある企業の創業者で相当なやり手だそうですが、どんな人物なのでしょうか。現在の夫婦仲や子供、さらには自宅について詳しく調べてまとめました。

大楠道代の夫は大楠祐二でアパレルメーカーの創業者

この投稿をInstagramで見る

高橋貢(@mitsugu.takahashi)がシェアした投稿

大楠道代さんの夫である大楠祐二さんは、1970年7月23日に菊池武夫さん、稲葉賀恵さんと共同で、アパレルブランドビギを創業しました。

大楠祐二さんの役割は、実際に服やパンツなどのデザインやアイテム製作というよりも、経営戦略の立案や資金調達など、会社の舵取り役でした。

日大芸術学部の写真学科に在籍していた頃からビジネスの才能があったようで、アルバイトをする傍ら、様々な同級生に対して仕事を斡旋するなど、人材派遣業の走りのような仕事も手掛けていました。

そしてその大楠祐二さんから仕事の紹介をもらっていたうちの1人が篠山紀信さんです。

スポンサードリンク

どんな事業を展開すればお金儲けができるか、どのようなな人間に投資すればブレイクさせられるかといった嗅覚が20代そこそこの学生時代から備わっていた大楠祐二さんには、さすがの篠山紀信さんも脱帽状態だったようです。

ビギを創業した後、1974年に行われたTD6(TOP DESIGNER 6)や、1980年に開催された東京コレクションで中心的な役割を果たしたことで、その後のDCブランドブームの火付け役となりました。

ビギグループが過去最高益を記録したときには、芸能人もランクインしている長者番付に大楠祐二の名前が掲載されていたこともありました。

1980年代には会社が急成長しグループ会社が広がっていきましたが、やがてDCブランドブームが下火になっていくに連れてビギの業績が落ちていき、2018年1月18日に、三井物産がビギホールディングスの全株式を取得したことが発表され、業界関係者を中心に衝撃が走りました。

大楠祐二さんの経営哲学は、ホームランを打つのではなく、毎回毎回ヒットを打ち続けることだと語っています。

モットーは現場の声を吸い上げることでした。売り場のスタッフから上がってきた声をもとに商品開発を進めていったことで、時代のニーズに合った商品を開発し提供していくことができました。そういう意味では、ビギの繁栄を作り上げた第一人者であると言って間違いありません。

現在、大楠祐二さんはビギホールディングスの名誉顧問として、若い頃から徹底している現場の声を吸い上げることに注力しながら、アパレル業界のけん引役として引き続き尽力し続けています。

大楠道代と夫・大楠祐二の馴れ初めは?

この投稿をInstagramで見る

fougio.type(@fougio.type)がシェアした投稿

大楠道代さんは芸能界、大楠祐二さんはアパレル業界と、全く違った業界にいた2人にどのような接点があったのでしょうか。

この辺りについて詳しく調べてみたのですが、これといって目新しい情報は見当たりませんでした。ですが、テレビや映画で使用する衣装は当然アパレルメーカーから提供されますので、衣装の相談や打ち合わせなどの現場で出会った可能性も考えられます。

2人が結婚したのは1976年のことで、当時の年齢は、大楠祐二さんが36歳、大楠道代さんが30歳でした。1976年の平均初婚年齢が夫は25.9歳、妻は23.1歳ですので、当時としては晩婚だったと言えます。

出会ってすぐに結婚したのではなく、しばらくはお互いの仕事やプライベートを尊重し合いながら、徐々にお互いの価値観を共有し合えることが確認できてから結婚したと言われています。

スポンサードリンク

大楠道代と夫・大楠祐二の現在の夫婦仲が良好過ぎる?!

この投稿をInstagramで見る

heide0820(@heide0820)がシェアした投稿

大楠道代さんと大楠祐二さんの夫婦仲が良好過ぎると言われています。大楠道代さん(1946年2月27日生まれで、2020年時点の年齢は74歳)と大楠祐二さん(1940年生まれで、2020年時点の年齢は79歳)の年齢差は6歳です。

先ほどもお伝えした通り、1976年に結婚するまでの間、長い時間をかけてお互いの価値観を共有し合えることを確認してきましたので、結婚してから40年以上経過した今でも、夫婦仲は非常に良いようです。

夫婦2人で散歩したり買い物に出かける様子が目撃されたりもしている様子で、特に芸能人オーラを出すわけでもなく、穏やかに2人の時間を過ごしているようです。

大楠道代と夫・大楠祐二に子供はいるの?

この投稿をInstagramで見る

Kaori Momoi 桃井かおり(@kaori_momoi)がシェアした投稿

大楠道代さんと大楠祐二さんに子供がいるのかどうかについて調べてみましたが、大楠道代さんのこれまでの遍歴を調べてみても、大楠祐二さんのこれまでの遍歴を調べてみても、どこにも子供に関する情報が見当たりませんでした。

大楠道代さんが結婚した時の年齢が30歳でしたので、今から考えるとまだまだ出産年齢ではありますが、1976年当時であれば高齢出産の部類に入る年齢でしたので、もしかするとリスクを考えて子供を作らないという選択をしたのかもしれません。

あるいは、邪推ではありますが、大楠道代さんは付き人(後ほど詳しくお伝えする新井浩文さん)をとても可愛がることでも有名だったという噂がありますので、付き人を我が子のように思うあまり、自分の子供を欲しいとは思わなかったとも考えられます。

いずれにしても、大楠道代さんと大楠祐二さんの間に子供がいるのかどうかについては不明です。

大楠道代と夫・大楠祐二の自宅は軽井沢の豪邸!新井浩文も住んでいた?!

出典:eiga.com

大楠道代さんの自宅が軽井沢にあるという情報のソースは、新井浩文さんの逮捕でした。

2019年2月1日に強制性交の容疑で逮捕された新井浩文さんが2月27日夜に保釈されて以降、隠遁生活を送っていた場所が長野県の軽井沢だと言われています。そして、その家の持ち主大楠道代さんだと言うのです。

にわかには信じがたい話でしたが、調べてみると大楠道代さんは、新井浩文さんにとってみると役者になるきっかけを与えてくれた恩師のような存在で、デビュー前は大楠道代さんの付き人をしていたことがわかりました。

昔の付き人の窮地を救うべく尽力したのが大楠道代さんである可能性は高いため、大楠道代さんの自宅が軽井沢にあるという情報の確度はかなり高いと思われます。

一方で、軽井沢の家が豪邸かどうか、また、軽井沢の家が本宅なのか別荘なのかについては情報が見当たりませんでした。また何か新しい情報が見つかり次第、こちらに追記していきたいと思います。

大楠道代は夫・大楠祐二と結婚する前に若山富三郎と同棲していた

出典:oricon.co.jp

大楠道代さんは大楠祐二さんと結婚する前、若山富三郎さんと不倫関係にありました。

若山富三郎さんにはすでに妻子がいたのですが、大楠道代さんが新人女優だった頃に出会い、それ以降7年間にわたって同棲生活を続けていました。

若山富三郎さんと大楠道代さんは婚姻関係にはなかったのですが、7年間もの間一緒に暮らしていたため、世間では大楠道代さんが若山富三郎さんの本妻だと勘違いしている人も多く見受けられたようです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする