前田美波里と元旦那マイク真木は現在も仲良し!離婚しても円満な秘訣とは

Pocket

出典:post.tv-asahi.co.jp

今回は、女優の前田美波里さんについてご紹介します。

私生活が見え辛い前田美波里さんですが、元旦那であるマイク真木さんと現在も仲良しだそうです。熟年離婚が増えている中、離婚しても円満な関係を維持する秘訣とは一体?!

前田美波里は元旦那であるマイク真木と現在も仲良し

出典:sponichi.co.jp

前田美波里さんがマイク真木さんと結婚したのは1968年のことで、当時の前田美波里さんの年齢は20歳でした。マイク真木さんと知り合ったのは18歳のときで、当時、資生堂のサマー化粧品『太陽に愛されよう』のキャンペーンガールとして起用され、CM撮影はハワイで行われたのですが、そのときにマイク真木さんもハワイにいたことから知り合い、交際に発展しました。交際を申し込んだのは前田美波里さんの方で、当時ハワイで行われたマイク真木さんのコンサートを見て一目惚れしたそうです。

しかし、結婚生活はそう長くは続かず、結婚生活8年目の1976年に離婚しました。

2018年1月にテレビ朝日系で放送された『徹子の部屋』に2人揃って出演し、現在も関係がとても良好であることを報告していました。

離婚した後の関係は概ね疎遠になることが大半だと思われますが、前田美波里さん・マイク真木さんの場合は全く違った関係でした。何でも息子である真木蔵人さんがお互いの仲を取り持ったようで、何でも、マイク真木さんの現在の嫁である和田加奈子さんと前田美波里さんが一緒に旅行に行くなど、家族ぐるみでの付き合いが続いているということです。

スポンサードリンク

夫婦関係を円満に保つ秘訣は世に出回っていますが、離婚した後の2人の関係を円満に保つ秘訣はそれほど世に出回っていませんので、今後、前田美波里さん・マイク真木さんのような関係構築法がますます注目されていくのではないでしょうか。

前田美波里はなぜマイク真木と離婚したのか

出典:oricon.co.jp

前田美波里さんはマイク真木さんと結婚した後すぐに、一度は芸能界を辞めて専業主婦をしていた時期がありました。しかし、子供の頃からバレエを習い、ほどなくして女優として活躍するようになった前田美波里さんにとってみると、舞台に立てないことが思いのほか相当なストレスだったようです。

観客からの賞賛の言葉や拍手喝采を一番のやりがいに感じていた前田美波里さんにとって、舞台に立つことこそが最も自分らしいと考え、芸能界に復帰することを決断しました。

ただ、厳しい世界で生き残るためには相当な練習量を必要とするため、家庭との両立は難しいと考え、当時3歳だった息子の真木蔵人さんを残して1人で家を出ました。マイク真木さんも当時の様子を、前田美波里さんが家を出て行ったのは突然のことで、何の前兆も感じなかったと語っていました。

その後夫婦で話し合いの場が設けられ、しっかりと話し合った上で離婚に至ったわけですが、前田美波里さんのミュージカル女優としての途は多難だらけでした。

結婚する前に構築していた人脈のおかげでいくつか女優の仕事のオファーが入ってきてはいたのですが、ミュージカルの仕事に対する強い思いから、オファーが来ていた仕事を全て断って、劇団四季のコーラスラインのオーディションを受けました。結果は落選

これまでのキャリアやプライドは一切かなぐり捨てて、劇団四季の担当者に対して3ヶ月間稽古をさせてほしいと食い下がり、何とか首の皮が辛うじてつながった状態となりました。
3ヶ月の稽古を続けた後、劇団四季主宰で演出家の浅利慶太さんから直々に呼び出され、たったの15分で落ちていなくなる役があるがやってみるかと聞かれ、一瞬迷ったもののすぐに応諾しました。

後日談ではありますが、浅利慶太さんは前田美波里さんのことを試していたようで、たとえ15分だけの役であってもやりたいと即答したことで根性のある人物だとみなされ、メインの一人である、シーラ・ブライアント役を演じることが決定しました。

スポンサードリンク

まさに前田美波里さんの粘り強さが勝因だったのですが、この役で結果を出さなければその後のミュージカル女優としての途が途絶えてしまうと肝に銘じ、1日8時間の練習を毎日繰り返しました。

前田美波里さんが劇団四季で初めて挑んだ「コーラスライン」には、その後5年連続で出演し、大ヒットを記録。ミュージカル女優としての地位をしっかりと築くことができました。

この成功は前田美波里さんの努力と粘り強さによるところが大きいのはもちろんですが、そんな前田美波里さんのことを陰ながらサポートし、広い心で離婚を受け入れてくれたマイク真木さんの協力なくしては成し遂げられなかったことでもありました。

前田美波里と元旦那マイク真木の子供は真木蔵人

出典:dot.asahi.com

前田美波里さんとマイク真木さんにの子供は、俳優でラッパーでもありプロサーファーでもある真木蔵人さんです。

異母弟の次弟には眞木勇人さんが、三弟には眞木泰人さんがいて、後に2人ともプロサーファーとなりました。

真木蔵人さんは学生時代、ラグビーに熱中していましたが、1988年にNHKで放送された大河ドラマ『武田信玄』に出演し俳優デビューしました。ドラマでは武田信玄の少年期と武田勝頼役を演じました。

俳優デビューした後、アメリカ人モデルの恋人との間に子供ができ、その女性に対してDVを行ったり、子供の認知をしなかったことでマスコミを賑わせました。マスコミに追われ続けて疲れたのか、世間の目を振り払うかのようにハワイに住んでいたマイク真木さんの元に身を寄せていた時期がありました。また、前田美波里さんが住んでいた東京都港区の赤坂アーバンライフの別のフロアに住んでいたこともありました。

2003年には、モデルの山田明子さんと再婚し、その年に長女が誕生しました。しかしその後、2012年に山田明子さんとは離婚しています。

離婚してしばらくは穏やかな日々が続いていたかのように思われたのですが、2016年5月6日に、千葉県いすみ市内の真木蔵人さんの自宅で、当時交際していた相手に対して暴行を加えたとして、傷害罪の容疑で千葉県警に逮捕されるというショッキングな事件を起こしました。

その後、処分保留として釈放され、2016年8月22日にBSスカパー!で放送された自らMCを務める番組『BAZOOKA!!!』で事件の詳細について説明し、公式に謝罪を行いました。

前田美波里が現在の美容法を公開!再婚はしないの?!

出典:oricon.co.jp

前田美波里さんは1948年8月8日生まれですので、すでに年齢は70代に突入しています。ですが、どう見ても70代には見えない肌艶の良さに驚きます。

美を保つ秘訣として前田美波里さんが挙げているのは、

寝室を東南に配置して朝日で目覚めるようにしている

寝起きは朝日を浴びるためにカーテンを開けてから、花にあいさつをする

朝食は野菜と玉子を必須項目として、栄養バランスを重視したメニューにしている

家の至るところに置いてある鏡で常に全身チェックをしている

室内の温度は1年中1度高めに設定し、新陳代謝を促している

近所の人たちとのふれあいを大切にしている

睡眠の質を高めるためにそば殻枕を使用している

美容体操であるエゴスキュー体操を約10年間毎日行っている

エゴスキュー体操は、体の中で正しく使われていない無数の筋肉を正しく機能させることで、徐々に体の歪みを矯正していくもので、過度に強い負荷がかからずリラックス効果を得ることもできる画期的な体操です。器具を必要としないことと、スタジオ等の場所ではなく自宅で気軽に行えることから、日常生活に取り入れやすいエクササイズです。

前田美波里さんの美容法は確かに数こそ多いものの、その1つ1つを見てみると、ほとんどの内容が一般人でも容易に取り入れる事ができそうなものとなっています。強いて言えば、それらを毎日継続的に行うことができる継続力や忍耐力は求められます。

いつまでも若々しく元気で、見る人を魅了し続けていただきたいと思います。

ちなみに、前田美波里さんの再婚についてですが、現在は舞台の仕事に加えて映画やドラマに大忙しの日々を送っていますので、しばらくは再婚する可能性は低いものと思われます。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする