五木ひろしの子供は何人で年齢は?画像あり。息子は画家で娘は三代目?

Pocket

今回は、歌手の五木ひろしさんについてご紹介します。

紅白歌合戦の出場回数最多を誇る五木ひろしさんの子供が何人いるのかや学校がどこなのかについて調べてみました。息子は画家として個展を開くほどの腕前、娘は三代目の大ファンだということですが、その辺りについても詳しくお伝えします。

五木ひろしの子供(息子と娘)は何人で年齢は?

五木ひろしさんは、1989年5月に女優の和由布子さんと結婚しました。その後、男の子2人女の子1人が生まれていますので、五木ひろしさんの子供は3人ということになります。

ちなみに、五木ひろしさんと和由布子さんの馴れ初めは、舞台での共演でした。その後交際が続いた後、五木ひろしさんが40歳、和由布子さんが30歳のときに結婚しました。

結婚披露宴は5億円もの規模で行われたそうです…。

今ではあり得ない話ですが、当時は結婚式を盛大に行うのが、成功者のステータスのような時代でした。

五木ひろしの息子(長男)はエリートで歌手?

五木ひろしさんの長男の名前は松山大介さんです。

スポンサードリンク

五木ひろしさんの長男は、ユニバーサルミュージックグループの香港支社に勤務しています。

担当している業務は、若手新人歌手の発掘と育成です。天下のユニバーサルミュージックで働いているわけですので、超エリートだと言えます。日本人だけではなく、海外アーティストとも一緒に仕事をすることが多いため、英語が堪能です。

噂によると、青山学院大学卒業後にユニバーサルミュージックに入社したようです。ちなみに、一般人だということで名前は非公開となっています。

現在は結婚しており、お子さんもいるようですので、五木ひろしさんはおじいちゃんということになります。かっこいいおじいちゃんですね。

ちなみに、五木ひろしさんの子供が歌手だとの噂がありますが、こちらに関しては完全なデマです。

五木ひろしの息子(次男)は画家で個展を開催?ワンオク?

五木ひろしさんの次男の名前は松山和真さんです。身長182㎝のイケメンです。上の画像の中で、五木ひろしさんと松山和真さんの間に見える絵を描いた人物で、本業は画家です。

イギリスにある芸術大学を卒業した後、アーティストとしてデビューし、今に至ります。しかし、松山和真さんのこれまでは、決して順風満帆と呼べるものではありませんでした。

アーティストとして世に出る前は、読者モデルとして活動していたことがあるのですが、そのときの仕事仲間で友人でもある田中瞬さんとともに、当時18歳の2人が飲酒をし、さらには喫煙までしていたことが発覚したのです。

発覚した経緯はSNSでした。田中瞬さんが自身のSNS上で、飲酒や喫煙をしながらカラオケを楽しんでいる様子を画像付きで投稿していたのですが、その画像の中に、松山和真さんも写っていたことで、飲酒や喫煙の事実が発覚しました。

この一件が原因で、小学校から通っていた青山学院(問題を起こしたときには青山学院大学に在籍)を退学しました。

若気の至りということで、今となっては過去の話になっていますが、五木ひろしさんからは、これでもかと言わんばかりにこっぴどく怒られたようです。

五木ひろしさんの厳しい子育ての賜物でしょうか、松山和真さんは更生し、アーティストとして個展を開くまでになりました。

スポンサードリンク

一生懸命取り組む姿を見てきたので、親としても個展はうれしい。よく描けているし、僕が歌で伝える『和』の魅力を息子も絵で伝えようとしている。

そう語る五木ひろしさんは、とても嬉しそうで満足そうでした。

和食のお店やお座敷があるお店に飾ってありそうな絵ですね。今にも鳥が飛び立ちそうな独特な表現方法が印章的です。もしかすると、無意識のうちに松山和真さんの絵を見てきているのかもしれません。

さて、そんな松山和真さんについて調べていると、”ワンオク”というキーワードがヒットしました。言わずと知れた日本のロックバンドONE OK ROCKのことですが、ワンオクのボーカルであるTakaさんと松山和真さんがとても似ているというのです。

Takaさんは森進一さんと森昌子さんの子供で、松山和真さんと同じく両親が芸能人ですので、お互いに交流があるのかと思いきや、2人に接点はないようです。

五木ひろしの子供(娘)は三代目のファン?学校や画像は?

五木ひろしさんの長女の名前は松山華菜子さんです。五木ひろしさん自慢の娘だということで、最近では親子で映画の試写会に出席したり、五木ひろしさんのコンサートに出演するなど、芸能がらみの仕事をしているようです。

2018年3月に青山学院大学を卒業した後は、本格的な芸能活動をするのではなく、不定期にイベント等に出演するスタイルで、三代目J Soul Brothersの大ファンでもあるようです。

かつてNHKで放送されていた『五木先生の『歌う!SHOW学校』』に、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二さんが出演したときのエピソードがとても興味深かったのでご紹介します。

同番組は、五木ひろしさんが先生役を務め、歌の世界のあれこれを熱血指導する音楽バラエティー番組。ポップス、演歌、俳優、お笑いと様々な生徒が集結する。番組では、今市隆二さんがと出演者全員がブームを巻き起こした「R.Y.U.S.E.I.」の“ランニングマン”を披露する一幕もあり、五木ひろしさんは「ランニングマンは娘に指導してもらいました。ランニングマンは僕のものです」とにやり。

同番組について、五木ひろしさんは「30年前、一つの歌番組の中に全てのジャンルの人達がいたという時代がありました。今はジャンル分けされていて一緒になることが本当になくなってしまった」と過去を回想。そんな中で、今回今市隆二さんと共演できたことは「大きなきっかけで、大きな出来事。ビッグニュースだと思います」と感動し「以前あったような歌番組ができるような気がします」と期待を込めた。

五木ひろしさんが、家で松山華菜子さんにランニングマンをレクチャーされている様子を思い浮かべると滑稽ですが、成人しても父親と娘の仲が良いのはとても微笑ましいですね。

五木ひろしの年齢や素顔は?ケチって本当?

五木ひろしさんは1948年3月14日生まれで、2019年時点で71歳です。白髪染め等はしているとは思いますが、それにしても若いですね。常に人から見られる職業だからだというのももちろんですが、普段から節制していないと、ここまで若々しくは保つことができません。

さて、そんな五木ひろしさんは大自然に囲まれた福井県美浜町出身ですが、五木ひろしさんがまだ幼い頃に父親が家族を置いて家を出ていったため、母親の松山キクノさんに育てられました。

農家を営む決して裕福とは言えない家庭で育ち、兄弟もたくさんいたため、五木ひろしさんは早く社会に出て家族を楽にさせてあげたいと考えていました。

ですが、念願かなって演歌歌手としての道を歩み始めて以降も、売れない時期が長く続き、苦労に苦労を重ねた末に今の地位を築き上げました。

見る人によれば五木ひろしさんはお金に細かい、ケチだと映るのかもしれませんが、決して裕福とは言えない家庭で育ち、演歌歌手デビューをしてからも苦労を重ねてきた五木ひろしさんだからこそ、社会の厳しさやお金の大切さを身に染みて実感しているのだと思われます。

ちなみに、演歌歌手として大御所の地位を確立した今でも、福井県美浜町の旧友との交流が続いているそうです。こういったところからも、五木ひろしさんの優しくて人思いな部分を感じ取ることができます。

ということで、五木ひろしさんと和由布子さんの子供3人の経歴や現在については以上です。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする