福島弓子が栗山英樹と別れた理由は伊達公子との浮気!結婚目前で発覚した衝撃の事実とは

Pocket

出典:dot.asahi.com

今回は、実業家の福島弓子さんについてご紹介します。

福島弓子さんがイチローさんと結婚する前に交際していた栗山英樹さんと別れた理由は伊達公子さんとの浮気でした。結婚目前にして発覚した衝撃の事実についても詳しく調べてみました。

福島弓子が栗山英樹と別れた理由は伊達公子との浮気!

出典:olympics.com

福島弓子さんはイチローさんと結婚する前、栗山英樹さんと交際していました。

福島弓子さんと栗山英樹さんの熱愛が発覚したのは1994年のことでした。その当時の福島弓子さんの年齢は29歳で、TBSアナウンサーとしてスポーツ番組の司会を担当していました。一方の栗山英樹さんは33歳で、その当時はまだ監督ではなく野球解説者としてスポーツ番組に出演していました。

2人はTBS系で放送されていた『スポーツ&ニュース』という番組で共演していて、プロ野球の各球団に一緒に赴き、キャンプや練習の取材を行っていく中で親交が深まっていき、交際関係に発展しました。番組内でもお互いに息の合った様子が感じ取れ、視聴者も2人の交際を歓迎ムードで迎え入れていたのですが、1995年、交際がスタートしてから1年ほどで突如別れ話が勃発します。

栗山英樹さんがプロテニスプレーヤーの伊達公子さんと浮気(親密デート)したことが主たる原因です。当時マスコミからそのことを問われた際に栗山英樹さんは、福島弓子さんのことを想う気持ちは99%で、伊達公子さんのことを想う気持ちは1%だと語っていました。例え1%だったとしても他の女性の名前が出てきた時点で心象は最悪だったことでしょう。その後、ほどなくして栗山英樹さんと伊達公子さんの関係は破談になったようですが、この一件で福島弓子さんの気持ちが切れてしまったことは間違いありません。

スポンサードリンク

福島弓子と栗山英樹に起きた結婚前のトラブルとは

出典:gracefulwolf.com

福島弓子さんと栗山英樹さんは誰が見てもお似合いのカップルで、交際はかなり真剣で順調なものでした。栗山英樹さんが島根県松山市にある福島弓子さんの実家のご両親に挨拶に行き、結婚の許可ももらっていたため、福島弓子さんとしては当然結婚するものと思い込んでいました。

自身の目の前で両親に対して結婚の挨拶をしてくれた栗山英樹さんから突如別れを切り出されてときの心境は察するに余りあります。

1995年に栗山英樹さんから福島弓子さんに対してかけられた言葉は、結婚はなかったことにしてほしいの一言でした。

そしてさらに明らかになったが、栗山英樹さんは極度のマザコンだったということです。実家の両親に挨拶に赴き、毅然とした態度で自分たちの将来のことを考えてしっかりと挨拶をする姿に感動したものの、後々になってマザコンっぷりが露呈し、福島弓子さんは辟易としたそうです。

また、栗山英樹さんは創価学会員で、当時はかなりのめり込んでいたとも言われています。現状がどのようになっているのかは定かではありませんが、創価学会員は創価学会員以外の人とは結婚できないという決まりがあったそうですので、栗山英樹さんが福島弓子さんに創価学会に入信することを勧めたものの断られたため、結婚を断念せざるを得なかったのではないかということです。

福島弓子さんと栗山英樹さんの結婚が破談になった背景には別の側面があることもささやかれています。それは、福島弓子さんの実姉である福島敦子さんに不倫報道が出たことに対して、栗山英樹さんの父親が怒り心頭となり結婚に対して猛反対したというものです。

スポンサードリンク

福島敦子さんは2003年にNHK職員の一般男性と結婚していますので、不倫報道が強ち間違いであるとも言い切れないのですが、目撃情報はおろか熱愛スクープ等は一切ありませんでしたので、デマである可能性が高いです。

福島弓子を失意の底から救ったのはイチローだった

出典:mag-zou.com

別れを切り出された当初は相当落ち込み、食事もろくに喉を通らなかったことからやつれていた福島弓子さんではありますが、1995年の暮れからスタートしたラジオ番組で元気を取り戻すことができました。番組名は『イチローの気持ちはいつもフルスイング』で、番組名の通り後の旦那さんになるイチローさんがパーソナリティを務め、福島弓子さんがアシスタントを務めていました。

このラジオ番組での共演がきっかけとなり2人の距離が近づきました。もうこの頃になると、元カレである栗山英樹さんとの一軒で傷ついた心は完全に癒されていました。それ以降、TBSがイチローさんに対してインタビューをする際には必ずイチローさんは福島弓子さんを指名するほど仲良くなっていました。

そして1997年8月からは仕事の垣根を越えてプライベートでの交際がスタートし、1999年1月にイチローさんからプロポーズをしました。以前の経験からトラウマ状態になっているのではないかとの心配もありましたが、1999年3月にTBSを寿退社したことから安堵の声が上がっていました。1999年12月3日に、アメリカ・サンタモニカ近郊にあるチャペルで、16名の親族に見守られながら挙式が行われました。

福島弓子の旦那・イチローが日本球界に関与しないのは栗山英樹が原因?!

出典:jisin.jp

先ほどもお伝えした通り、福島弓子さんの元カレが栗山英樹さんであるため、イチローさんとしては嫁の元カレが活躍している日本球界で同じ仕事をしようという気持ちにはなれないというのが本音だと思われます。

現にイチローさんの日本での活動内容を見てみると、友人と一緒に草野球チーム『KOBE CHIBEN』を設立し、オーナー兼監督兼エースを務めています。メンバーはイチローさんが現役時代に神戸市内で行っていた自主トレをサポートしていた友人たちとなっています。また、将来的には草野球リーグを設立したいとも語っていますし、智辯和歌山高等学校や国学院久我山高等学校、千葉明徳高等学校、高松商業高等学校を訪問して直接野球指導をするといった指導者としての活動も行っていますが、いずれも対象はプロ選手ではなく、プロ野球界とは一線を画しています。

イチローさんご本人の口で語られたわけではありませんが、心の奥底には栗山英樹さんに対する複雑な気持ちがあるのは間違いないでしょう。

福島弓子と栗山英樹の現在の関係

出典:yakyuzuki.com

栗山英樹さんは現在も未婚であり、既婚歴もないようですが、福島弓子さんとの関係はどうなっているのでしょうか。

すでにご存じの通り、福島弓子さんはイチローさんの渡米に合わせてアメリカに渡って以降、現在もアメリカに住んでいます。お盆や年末年始の時期に一時的に日本に帰国することはありますが、滞在期間は非常に短いため、親族や親しい友人以外に会うことはほとんどありません。

そんな状態ですので、元カレである栗山英樹さんと会うことは全くなく、お互いに連絡を取り合うことも一切ないというのが現状です。栗山英樹さんとの一件があってからすでに20年近くの年月が経過していますし、イチローさんとの現在の生活に充分満足していることから、福島弓子さんにとって栗山英樹さんは、ただ単なるかつての交際相手であるに過ぎないのでしょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

福島弓子さんの実姉である福島敦子さんの旦那さんや子供についてお知りになりたい方はこちら↓をご覧下さい。

福島敦子の夫・森本晃司は嫁の社外取締役収入で順風満帆!アニメーター業はセミリタ?!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする