木の実ナナが現在はセミリタイア同然!結婚しない人生にはうつ病に車椅子生活と山あり谷あり

Pocket

出典:tokyo-np.co.jp

今回は、女優の木の実ナナさんについてご紹介します。

若い頃には2時間サスペンスの常連女優だった木の実ナナさんですが、最近ではその姿をほとんど見ることがなくなりました。現在セミリタイア同然とも言われていますが果たして!結婚しない人生にはうつ病に車椅子生活と山あり谷ありでした。

木の実ナナが現在(2022年)はセミリタイア同然に!

出典:tv-asahi.co.jp

木の実ナナさんの直近のテレビ出演は、2019年1月11日にテレビ朝日系で放送された『徹子の部屋』です。番組内では、2019年1月26日と1月27日に下北沢の本多劇場で開催される自身のコンサートについて、準備にかける思いやファンに向けたメッセージなどが紹介されていました。このときが久々のテレビ出演だったのですが、若い頃と変わらずとても元気な様子を見ることができてほっとしました。

ですがそれ以降、コロナの影響もあるものと思われますが、木の実ナナさんの姿をテレビや映画で見かけることがなくなり、セミリタイア状態にあるのではないかとの噂も出回っています。木の実ナナさんの所属事務所であるダンカンミュージックのオフィシャルサイトを見てみると、2019年1月に行われたコンサートが無事に成功したことと、ファンに対する感謝の言葉が述べられているページを最後に更新が途絶えています。

木の実ナナさんはTwitterもInstagramもされていませんので、近況把握は所属事務所のホームページからしか行うことができないため、噂通りセミリタイア状態にある可能性は充分にあり得ます。

1946年7月11日生まれで、2022年時点での年齢は76歳ですので、体力的にも気力的にも衰えを感じ始めているのかもしれません。一般社会ではすでに定年退職を迎えて第2の人生を楽しんでいる頃ですので、木の実ナナさんもこれまでのように仕事中心の生活から、趣味のスキューバダイビングを楽しみながら余生を過ごす道を選択したのかもしれません。

スポンサードリンク

木の実ナナは結婚せず独身を貫いていて子供はいない

出典:excite.co.jp

スタイル抜群で、抜群の演技力を兼ね備えた木の実ナナさんですが、プライベートでは結婚していません。既婚歴もなく子供もいないようです。

これだけの美貌を男性が放っておくはずはなく、何人か良い感じになった男性もいたようですが、木の実ナナさんの父親が結婚に大反対したことで、木の実ナナさんは結婚を諦めたというふうにも言われています。

木の実ナナさんは若い頃、両親と15歳年下の妹(木の実まこさん)の4人家族だったのですが、木の実ナナさんが家族全員の生活の面倒を見ていました。木の実ナナさんの収入が唯一の頼みの綱でしたので、父親が木の実ナナさんの結婚に猛反対したそうです。

木の実ナナさんの結婚に大反対だった父親でしたが、1998年(木の実ナナさんが52歳のとき)に亡くなっていて、その後はずっと母親との2人暮らしをしていました。

木の実ナナさんの母親は、木の実ナナさんがお腹の中にいるときに大好きだったダンサーの道を諦めて子育てに専念してくれたことにとても感謝していて、恩返しの意味も込めて母親を大事にしていこうと決意していました。2008年11月に急性骨髄性白血病で亡くなるまでの間、母親との2人暮らし生活を続けてきましたので、結婚を考える余裕も機会もなかったことに加えて、そもそも木の実ナナさんの中に結婚願望がほとんどなかったというのも実状です。

スポンサードリンク

ただ、自宅に1人でいるときには寂しさを感じるようで、亡くなった母親に対して、部屋の中にある観葉植物に向かいながら「やっぱり一人は寂しいよ」と語りかけたりすることもあるそうです。

木の実ナナが更年期うつ病を経験していた

出典:dot.asahi.com

木の実ナナさんは46歳の時に、更年期障害が原因となる更年期うつ病を発症しました。

木の実ナナさんの更年期うつはある日突然襲ってきたようで、運動などは一切していないにもかかわらず動悸がしたり、耳鳴りがしり、人と目を合わせることはもちろん、人と会うことすら気が引ける状態になっていました。

ひどい時には走ってるバスを見て、バスが走っていることにもイライラしたそうです。

一時期は死ぬことを考えたこともありましたが、スタッフを含めた周囲の人たちに助けられたおかげで何とか乗り切ることができました。

木の実ナナさんが更年期うつ病だと判明したのは、ファンの中にたまたま心療内科医がいて、木の実ナナさんの症状に異変を感じたことで診察を勧められ、診察の結果、年期うつ病と診断されました。

更年期になると卵巣機能が衰退し始め、エストロゲンが減少することにより視床下部・下垂体がうまく機能しなくなります。そうすると自律神経症状をはじめとして、内分泌系や免疫系の失調症状が現れたり、精神神経症状などが引き起こされることになります。

更年期の女性を取り巻く心理社会的問題としては、親子関係の葛藤や子育てを終えたことによる喪失感、親の介護や死など、様々なものが挙げられます。

木の実ナナさんの場合は、母親が亡くなったのが1998年でしたので、更年期うつを発症した頃は、自身の仕事と母親の介護にほとんどの時間をさかれていましたので、心身の過労がたたったのだと考えられます。

一時的にセルフイメージが下がってしまい、抑うつ気分状態となっていた木の実ナナさんではありますが、2年ほどが経過すると症状が徐々に改善されていき、48歳の頃には依然と変わらない元気な姿を取り戻すことができました。

出典:twitter.com

更年期うつに対する対処法としては、ウォーキングや水中歩行やヨガなどの適度な有酸素運動が最適で、それに加えて、サプリメントや健康補助食品を摂取することで、女性ホルモンが低下したことによる健康障害を補うなどの方法が推奨されています。

木の実ナナさんの場合は、舞台に備えて体力づくりを欠かさずに行っていましたので、運動面や健康面での対策が功を奏して更年期うつを乗り越えることができました。

木の実ナナが車椅子生活を強いられていた

出典:2019.oimf.jp

木の実ナナさんが突然車椅子生活を強いられるようになったのは、2015年に沖縄で上演された舞台『南阿佐ヶ谷の母』終了後のことでした。演技に全力投球して無事に舞台が終了したことにホッとした瞬間、舞台上から転落し、左大腿骨を骨折する大怪我を負ってしまったのです。

大腿骨と言えば骨の中でもかなり太い部類に属する骨ですので、その大腿骨を骨折するぐらいですから、かなり高いところから転落した上に、着地の仕方が良くなかったのでしょう。

普段から舞台に向けたトレーニングを積んでいるとはいえ、高齢者であることに違いはありませんので、若い頃に比べると骨がもろくなっていたのでしょう。

骨折をした10日後には東京で再び舞台に立つことになっていたのですが、さすがに大腿骨が折れていますので歩くことができず、急遽演出を変更し、車椅子で舞台出演し演技を行いました。

その当時の木の実ナナさんの年齢は68歳。骨折をしても舞台に立ちたいとの女優魂を感じることができた瞬間でした。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする