吉井和哉の若い頃が美しすぎる?免許証の画像がとんでもない?

Pocket

今回は、歌手の吉井和哉さんについてご紹介します。

吉井和哉さんの若い頃が美しすぎると話題になっています。免許証の画像がすごいことになっているようなのですが、果たして真相は?

吉井和哉の若い頃が美しすぎるって本当?

伝説のロックバンドといっても過言ではないTHE YELLOW MONKEYのボーカルである吉井和哉さんは、音楽家やボーカリストとしての才能が秀でていることはもちろんのこと、そのルックスが良いことでも有名です。

吉井和哉さん目当てでTHE YELLOW MONKEYのファンクラブに入会したという人は数知れず、吉井和哉さん自らがTHE YELLOW MONKEYの広告塔として君臨してきました。

さて、そんな吉井和哉さんの若い頃の画像が凄いと話題になっています。まずはこちらをご覧ください。

20代前半の頃の吉井和哉さんですが、モデル顔負けのイケメンで、美しさが半端ないですね。そんじょそこらの女性モデルには決して引けをとらない美貌と色気です。

そして、このルックスもさることながら、スタイルの良さも特筆に値します。身長が183cmもあり、細身と相まってアニメに出てくるキャラクターのような抜群のスタイルで、見るものを魅了し続けてきました。

スポンサードリンク

顔もスタイルも良いという意味で、バクチク櫻井さんと良い勝負ですが、しなやかさ、セクシーさで言えば、断然、当時の吉井和哉さんの圧勝だったことでしょう。

引用元:http://rock-note.com/the-yellow-monky/post-4672/

日本には数多くのビジュアル系バンドがいて、ルックスに自信ありと言わんばかりのミュージシャンがいますが、吉井和哉さんのルックスは群を抜いていると言っても過言ではないでしょう。

ここからは、吉井和哉さんの若い頃の画像を時系列でご紹介します。

こちらの画像は、メジャーデビュー前のもので、当時出演していたライブハウスで撮影された画像です。ステージ衣装だと思われますが、細身の体にジャストフィットの皮のジャケットが良く似合っています。

また、金髪とピンク色のストールがうまくマッチしていて、色っぽさも演出されています。

デビュー前ですので専属のスタイリストはいなかったはずですが、ファッションセンスもお洒落だったんですね。

こちらの画像もメジャーデビュー前の画像です。先ほどの画像と比べるとかなり女性的な雰囲気であることがわかります。

ぱっちりと見開いた大きな目とシュッとした鼻筋がとても印象的で、まるでホストのようです。この当時から、若い女性の視線を釘付けにしていたことは間違いありません。

ちなみにこの頃の吉井和哉さんは、わざと女性的な衣装でステージに立ち、おかまキャラを演じて観客の笑いを誘っていたそうです。

厳格で風刺的なイメージが先行しがちなロックの中に笑いの要素を取り入れたのは吉井和哉さんが初めてだったのではないでしょうか。

こちらはメジャーデビュー後の画像です。無事にデビューできたという安堵感からでしょうか、表情に心なしか余裕があるようにも感じられます。

バンドのリーダーとして、様々な重圧に耐えながらの生活は過酷を極めたはずですが、その重圧から少しばかり解放されたときの一枚なのでしょう。

こちらは、メジャーデビュー後、コンサートツアーでステージに立っているときの画像です。メイクとがうまい具合に混ざり合っていて、顔が良い感じでを帯びています。

通常であれば、汗は汚いものと捉えられがちですが、吉井和哉さんの場合は、汗をも味方につけて、汗が色っぽさの演出に一役買っているようです。

吉井和哉さんはかつて雑誌のインタビューの際に、これまでの人生でもっとも影響を受けた人物をデヴィッド・ボウイだと語っていたことがありました。

「僕はデビッド・ボウイになりたかった。もっと言えばデビッド・ボウイになるために、僕はTHE YELLOW MONKEYを結成したと言っても過言ではない」

引用元:http://ziggystardust.cinewind.com/trivia/lovin-recommend/

デビッド・ボウイに対する憧れの強さは誰にも負けない自信があるようで、THE YELLOW MONKEYのステージでもデビッド・ボウイ風の衣装を着て出演することがあったようです。

丸坊主のヘアスタイルをしていた時期もありました。

スポンサードリンク

デビュー後、ブレイクする前までの期間で、坊主にしていたこともあった吉井さん。軍人をコンセプトにした3rdアルバム『jaguar hard pain』をリリースした頃です。美しい人は坊主にしてもなお美しいですね。頭の形も綺麗です。

引用元:https://kyun2-girls.com/archives/1560

これまでのロングヘアから一変し、正直なところはファンの反応が怖かったそうですが、結果的にはこれまでと全く違った吉井和哉さんを見ることができて良かったという声が多く、イメチェンは大成功でした。

こちらの画像は、THE YELLOW MONKEYのヒット曲『LOVE LOVE SHOW』のPV画像です。

金髪と真っ赤な衣装のコントラストが見るものの目を釘付けにしていました。また、吉井和哉さんの鋭い目つきにファンの心は鷲掴みにされました。

うっすらと笑みを浮かべる吉井和哉さん。先ほどの険しい表情の吉井和哉さんとは打って変わって、これはこれで癒されるというファンが多いです。

そしてこちらは大変貴重なノーメイク画像です。とてもリラックスした表情をしていて、何か大きな重圧から解放されたような印象を受けますので、大きなツアーをやり終えた後か、新曲やアルバムのレコーディングが完了したときのものである可能性が高いです。

ツイッターのコメントにもあるように、多少太ったとしても美しさが劣るどころか、また新たにセクシーさも加わりそうですね。

吉井和哉の免許証の画像がすごい?

吉井和哉さんの運転免許証の画像がすごいと話題になっているのですが、どうすごいのでしょうか。早速画像をご覧ください。

これは確かに凄いですね。犯罪者?と思った方もいるのではないでしょうか。この頃の吉井和哉さんは人気絶頂期で、髭を剃る時間もない状態のときに運転免許の更新に行ったため、このような写真になってしまったようです。

音楽番組に出演した際に、共演者からこの写真についてイジられた吉井和哉さんが、必死になって言い訳をしていた姿がとても可愛らしかったことを覚えています。

そしてもう1枚、運転免許証の画像をご覧ください。

こちらの画像は先ほどの更新の1回前に行われた免許更新時の画像です。髭を剃り、多少メイクもしているのでしょうか、上の画像に比べると生き生きとした様子が伝わってきます。

この頃はまだ比較的時間に余裕があった頃ですので、プライベートとはいえ、身だしなみに気を配ることができていたようです。

吉井和哉の現在の画像は?カツラ疑惑やタトゥーは本当?

こちらが現在の吉井和哉さんです。50代に突入したとは思えない若々しさですが、20代の頃と比べるとさすがに肌艶が悪くなってきている感は否めません。

ですが、吉井和哉さんのすごいところは、アンチエイジングに励んで自然な流れに逆らうのではなく、メイクを必要最低限におさえ、不自然感が出ないように自分自身をコントロールし、セルフプロデュースしている点です。

そして、注目すべきなのは顔だけではなくスタイルです。若い頃と今とで全くスタイルに変化がなく、無駄な贅肉が一切付いていないのは、普段の食事管理トレーニングの賜物と言えるでしょう。

吉井和哉さんは2007年に手首にタトゥーを入れています。バレンタインデーに彫ったそうで、自身への戒めの意味が込められているそうです。

引用元:https://nekojump.xyz/309

自分の何に対する戒めなのかまでは公言していませんが、巷では前妻との離婚が関係しているのではないかと言われています。

ちょうど同じ時期の2007年12月22日に、吉井和哉さんは自身初の自叙伝「吉井和哉自伝 失われた愛を求めて」を発売しています。この中で吉井和哉さんは、幼少期から現在に至るまでの半生をプライベートを含めて赤裸々に綴っていることから、2007年頃に一度自分自身のこれまでを見直してみようという判断に至った可能性が高いです。

タトゥーを入れたのもこのためではないかと考えられています。

また、最近の吉井和哉さんをめぐっては、カツラを着用しているのではないか?との噂もあります。

カツラ疑惑が出始めたのは、THE YELLOW MONKEYが活動を再開して以降、吉井和哉さんの髪型が劇的に変わったことがきっかけです。

これまでとは打って変わって髪を短くし、ウェーブのかかったパーマヘアではなくなり、しっとりとした印象になったことで、髪型が不自然だとの声が上がるようになりました。

特にこの画像を見たインターネットユーザーが、髪の量が増えたのではないか?と疑問にもつようになったそうですが、スタイリングによるものであり、増毛をしたわけでもカツラを使用しているわけでもないと思われます。

50代という年齢を考えると、白髪染め程度は当然しているはずですが、いつまでも若々しく活力あふれる吉井和哉さんの今後に注目し続けていきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする