柳葉敏郎の嫁は元ファンで結婚秘話が凄い?!愛妻家というのは本当?

Pocket

出典:jisin.jp

今回は、俳優の柳葉敏郎さんについてご紹介します。

柳葉敏郎さんのは元ファンで、結婚秘話が凄いと噂になっています。愛妻家とも言われている柳葉敏郎さんですが、熟年離婚の危険性はないのでしょうか。真実に迫ってみましょう。

柳葉敏郎の嫁は元ファン!馴れ初めは?

この投稿をInstagramで見る

🇯🇵新井美穂(@mihoaraiofficial)がシェアした投稿

柳葉敏郎さんの嫁は一般女性で、もともと柳葉敏郎さんのファンでした。ファンに手を出すのはご法度だという意見もありますが・・・それはさておき。

柳葉敏郎さんと奥さんの出会いは、柳葉敏郎さんがこよなく愛するゴルフを通じて実現しました。

これまでからゴルフの腕前は芸能界でも指折りだった柳葉敏郎さんが1994年春に行われたフジサンケイクラシックのプロアマ戦に出場したときのことです。当時の柳葉敏郎さんの年齢は33歳でした。

最初のホールで待機していた際に、突然女性ファンから1通の手紙を受け取りました。そこには、予てから柳葉敏郎さんに強い憧れを抱いている旨が綴られていました。

スポンサードリンク

当時は数々のドラマや映画に出演し、方々から引っ張りだこ状態だった柳葉敏郎さんですので、ファンレターを受け取ることは日常茶飯事。ですが、そのときのゴルフ場での行動はいつもと違っていました。

なぜかは分らないけど、手紙に記されていた女性ファンの電話番号に電話をしてしまった柳葉敏郎さん。それからはあれよあれよという間に交際がスタートしました。

何か柳葉敏郎さんの中でビビッとくるものがあったのかもしれません。

柳葉敏郎の嫁の名前や年齢は?実家は熱海で資産家?画像はある?

この投稿をInstagramで見る

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

ゴルフ場でのファンレターから始まった交際ですが、それ以降4年間交際してから結婚に至っています。

奥さんの名前裕子さんと言います。一般人であることから画像は非公開とされています。また、年齢柳葉敏郎さんの12歳下です。柳葉敏郎さんが1961年1月3日生まれで、2020年時点の年齢が59歳ですので、裕子さんは47歳ということになります。

ちなみに、出会った頃の2人の年齢は、柳葉敏郎さんが33歳、裕子さんが21歳でした。

裕子さんの実家は静岡県熱海市にあり、柳葉敏郎さんと結婚するまではずっと熱海で暮らしていました。

裕子さんの実家は熱海でも有名な資産家だという噂もあるのですが、この辺りに関する詳しい情報は見当たりませんでした。

柳葉敏郎と嫁の結婚秘話が感動的!

この投稿をInstagramで見る

椿鬼奴(@tsubakioniyakko)がシェアした投稿

スポンサードリンク

交際から結婚に至るまでの期間は4年ですが、実は交際2年目に、柳葉敏郎さんに結婚を決意させる出来事が起こりました。

それは、交際2年目に起きた裕子さんの交通事故です。当時住んでいた熱海市内の実家近くで事故に遭ったため、入院先も熱海市内の病院でした。

事故の一報を聞きつけた柳葉敏郎さんは、北海道ロケを終えたその足で病院に直行し、オフの3日間はずっと病院に泊まり込んで、裕子さんの看病に徹しました。

そして、三日三晩ずっと裕子さんと一緒にいたことで、柳葉敏郎さんの中でこの先もずっと裕子さんを愛し続けたいという強い気持ちと、裕子さんに対する尊敬の念を確信したそうです。

裕子さんのために仕事を続けていきたいというふうにも思えたそうで、交際4年目1997年に結婚しました。

柳葉敏郎と嫁が子育てを巡って対立?!愛妻家って本当?

この投稿をInstagramで見る

Aikou Kazuya(@aikoukazuya)がシェアした投稿

柳葉敏郎さんは愛妻家で有名ですが、結婚してから20年以上経過した今でも夫婦関係は良好なのでしょうか。

以前のインタビューでは、柳葉敏郎さんと裕子さんは常に一緒に行動することが多く、普段の買い物はもちろんのこと、一緒にカラオケにも行くと話していました。

そんなおしどり夫婦な柳葉敏郎夫妻ですが、どうやら子供ができてからは、子育てを巡って激しく対立したことがあるようです。

熱海に実家があり、裕福でお嬢様育ちだった裕子さんは、都会の恵まれた環境下で子育てをしたいと考えていました。一方の柳葉敏郎さんは、独身時代からずっと、自分に子供ができたら、自身の出身地である秋田の田舎で、大自然に囲まれた環境下で伸び伸びと子育てをしたいと考えていました。

そんな2人ですので、教育方針を巡って対立する日々が続きました。

最終的には柳葉敏郎さんの強い意志が勝り、長女が小学校に入学する前(2006年)に、柳葉敏郎さんの故郷である秋田(旧西仙北町刈和野)へ完全に移住しました。

秋田へ移住する前年の2005年に行われたインタビューで、インタビュアーからの、「男性に浮気されないためにはどうすれば良いか?」という質問に対して、柳葉敏郎さんは以下のように答えていました。

「僕らを夢中にさせてください。僕は妻に今でも夢中です!」

引用:newsmatomedia.com

結婚して5年も経てば夫婦関係が冷え切ってしまう夫婦もいる中で、柳葉敏郎夫妻の場合は新婚のような仲の良さで、報道陣を驚かせていました。

柳葉敏郎と嫁の仲を繋いでいるのは子供達?

この投稿をInstagramで見る

秋山ペイソン(@peison1013)がシェアした投稿

2000年長女さくらさんが誕生したことをきっかけに、柳葉敏郎さんは本格的に秋田への移住計画を立て始めました。そして約6年後の2006年に、一家揃って柳葉敏郎さんの故郷である秋田県に移住しています。

それもこれも全ては子供のためだったのですが、どうしてそこまでできるのかという気もします。この件について調べてみると、柳葉敏郎さんは8歳の頃に父親を亡くしていたことがわかりました。

幼い頃に父親を失ったことで、父親のいない寂しさを嫌というほど痛感しただけに、娘に対する愛情はとても深いようで、さくらさんが生まれた後、無理やり仕事を休んで、奥さんと一緒に1カ月間面倒を見続けたこともあります。

そして、さくらさんが(柳葉敏郎さんが父親を亡くした)8歳になる年(2008年)の4月に、長男一路くんが誕生します。

さくらさんのときと同様に、一路くんのときにも夫婦二人三脚で子育てに向き合い、子供達と一緒に過ごすことを最優先に考えてきました。

そんな子供達も成長し、さくらさんは大学生、一路くんは中学生となっています。2人が通う学校については詳しい情報がありませんが、今後、子供達が学校を卒業し実家を巣立った後は、夫婦水入らずの時間をたっぷりと取ることができそうです。

普段から子供達や奥さんに尽くしているからこそできることですし、こういうコメントができるのも、普段から夫婦仲が良好だからなのでしょうね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする