倖田來未の子供の年齢や幼稚園は?二人目が障害で子供おろす?

Pocket

今回は、歌手の倖田來未さんについてご紹介します。

倖田來未さんの子供の年齢や幼稚園について調べてみました。すると意外な結果が!?二人目に障害があったためおろしたとの噂の真相についても迫ってみました。

倖田來未の子供は何人で年齢や名前は?画像あり?

倖田來未さんは2011年12月にBACK-ONのKENJI 03(ケンジスリー)さんと結婚し、2012年7月16日に長男を出産しています。

名前は非公開とされているのですが、インターネット上では様々な憶測が飛び交っていました。美旋律(メロディー)、音音(ネオン)、愛歌(ラブソング)など、音楽に関する名前が多数上がっていたのですが、どれもこれも信憑性に欠けるものばかりでした。

そんな中、2012年に倖田來未さんが長男を出産してからの情報を辿っていくと、かいりりんたろうという名前が上がってきました。倖田來未さん本人が明かしたわけではありませんが、長男の名前はかいりりんたろうだという声が多いため、世間ではその名前が認知され始めています。

ですが、KENJI 03さんの本名は栗山健二ですので、”かいり”という苗字がどこから出てきたのかも含めて、長男の名前に関する情報が錯綜しています。

さて、そんな倖田來未さんの長男は2019年時点で7歳になりますので、小学校に入学する年齢です。

スポンサードリンク

ちなみに、倖田來未さんが長男を出産した後、すぐにまた妊娠したとの報道がありましたが、妊娠こそしたものの、中絶してしまったようです。詳しい理由に関しては、この後で詳しくお伝えします。

倖田來未の子供の幼稚園や学校はどこ?

倖田來未さんの長男は、都内の有名私立幼稚園に通っていたとの情報があります。2018年3月末で卒園したのですが、どの幼稚園なのでしょうか。

都内の有名私立幼稚園と言えば、幼稚園御三家とも呼ばれる、若葉会幼稚園枝光会幼稚園愛育幼稚園が有名です。

三園とも入学試験は保護者(両親)を含む親子面接幼児考査(30分から40分)などの試験があり、もの凄い競争率なので子供も親も面接で観察されるのが特徴です。

芸能人の中でも、子供を御三家幼稚園に通わせていた人はいますが、何よりも大変なのは入園考査です。

毎年11月に入ると何処も入園試験が始まりますし、7月になると園舎の見学や保育の公開などが行われます。また、紹介者がいないと受験の機会すら得られないことになります。

引用元:https://bonvoyagejapan.com/gosanke-youtien/

普段から幼稚園の見学会に行くことができる程度の時間があり、幼稚園を紹介してくれる知り合いがいないと入園が難しいことから、多忙を極めている倖田來未さんにとってみると、若葉会幼稚園、枝光会幼稚園、愛育幼稚園に長男を通わせることは現実的ではなかった可能性が高いです。

ということで、倖田來未さんの長男が通っていたのは、幼稚園御三家ではなく、その他の有名私立幼稚園ということになります。芸能人の子供の多くが通う幼稚園として有名なのは、若草幼稚園和光幼稚園学習院幼稚園青山学院幼稚園慶應義塾幼稚舎です。

中でも、学習院幼稚園青山学院幼稚園慶應義塾幼稚舎は、エスカレーター方式で大学まで進学することができるため、忙しい芸能人に人気の幼稚園となっていますので、倖田來未さんの長男も大学までほぼ無試験で進学することが可能な学習院幼稚園、青山学院幼稚園、慶應義塾幼稚舎のいずれかに通っていた可能性が高いです。

そして、2018年4月からは、学習院初等科、青山学院小学校、慶應義塾横浜初等部のいずれかに通っているものと思われますが、慶應義塾横浜初等部は都内から離れた場所にあるため、候補から外れた可能性もあります。

倖田來未が二人目の子供おろすのは障害のせい?

先ほどもお伝えしましたが、倖田來未さんは長男を出産してすぐに2人目を妊娠したにもかかわらず中絶しています。

倖田來未さんは第一子を出産した時に、「コンサートツアーを延期して周囲に迷惑をかけた」と話していらっしゃいます。

そして、今回の第二子妊娠も同じように仕事が入っていたので、同じように周囲に迷惑をかける可能性があったので、中絶しています。

倖田來未さん自身も「完全に不注意で、可哀想やけど、このコを産むのは諦める」と言っていたようです。

引用元:https://newsmatomedia.com/kouda-kumi

この一件以降、倖田來未さんはプライベートを完全に非公開とするようになったため、インターネット上では、子供を中絶したのは子供に障害があったからではないか、妊娠したのはKENJI 03さん以外の別の男性の子供ではないかなど、様々な憶測やあらぬ噂が流れていました。

スポンサードリンク

子供や家族の将来を考えた場合、プライベートが公になってしまうと様々なリスクがあることから、プライベートを完全に非公開とすることは当然なことですが、人気者であるが故に、根も葉もない噂が出回ってしまうのがとても残念です。

たとえ中絶の背後に倖田來未さんにとって思い出したくない過去があったとしても、「それはそれ、これはこれ」として、温かい目で見守り、そして迎え入れるぐらいの器量がほしいところです。

倖田來未は現在(2019)息子とラブラブ?

倖田來未さんは、最愛の一人息子である長男をとにかく溺愛しており、忙しい仕事の合間を縫って、子供に手料理を作ったり、お弁当を作ったりしているそうです。

料理をしている時間は、倖田來未さんにとって自分をリセットできる時間だそうで、さらにはオリジナルの食器作りにもハマっているとか。

ポーセラーツ』という特殊なシールをお皿に貼って、世界に一つだけの食器ができるというもの。

引用元:https://porcelarts-navi.com/news/?p=5656

バレンタインの時も、このオリジナルのお皿にのせて渡したといいます。作業をしているときは『無』になれるそうです。

引用元:https://porcelarts-navi.com/news/?p=5656

そんな最愛の長男には様々なエピソードがあります。ここではその一部をご紹介します。

倖田來未さんが結婚式・結婚披露宴をしたのは、長男が生まれた後だったのですが、その際の息子さんの髪型は丸坊主でした。

そこだけを切り取ると何ら不自然な様子はないのですが、実はそれまで長男は長髪でした。倖田來未さんによると、髪が良い感じに伸びてきていてハンサムボーイだったそうなのですが、長男を倖田來未さんの実家に預けた際に事件が起きてしまいました。

何と、倖田來未さんのお父さん(長男のおじいちゃん)が、バリカンで髪を切ってしまったのです。悪意があったわけではなく、良かれと思ってしたことなのだそうですが・・・汗

とにもかくにも、笑いあり涙ありで、倖田來未さんは実家の力を借りながら、仕事と子育てを両立しているようです。

2019年6月には、親子で仲良く共同作業する様子を自身のSNSにアップしていました。

子供を出産してもなお、女性としての色っぽさが衰えない点と、ファンへのサービス精神の旺盛さはさすがですね。

倖田來未が2人目の子供を妊娠?

倖田來未さんは、長男を出産して間もない頃に、2人目の子供を妊娠していましたが、ほどなくして中絶したことは先ほどもお伝えしました。

1982年11月13日生まれの倖田來未さんは2019年時点で37歳高齢出産の域に達していますので、出産となるとそれ相当のリスクがありますが、長男が小学生になり、母親としてはもう一人子供が欲しいと思うのは自然なことです。

以前、2人目の子供を中絶する際には、家族と何度も何度も話し合い、熟慮の末に仕事を優先させようとの決断をしました。

当時の倖田來未さんは失意の底にいて、堕胎手術後は家に帰ることすらままならないほどでした。もしかすると、その当時の記憶が強すぎて、2人目の子供を作ろうという気にはなれなかったのかもしれません。

長男が生まれて以降、倖田來未さんは仕事(オン)と家庭(オフ)を切り替えることができるようになったと語っていたことがありますので、そろそろ2人目をと考えている可能性は大いにあります。

ただ、一方で旦那さんのKENJI03さんに関しては良からぬ噂が流れています。

倖田來未さんが2012年に購入した別荘(神奈川県内の海沿いに位置しているそうです)で、夜遅くまでどんちゃん騒ぎをしてご近所トラブルを起こしたことがあり、近所の住民との関係が上手くいっていないようです。

良くない流れは仕事面にも派生するのでしょうか。

旦那のKENJI03さんが所属するロックバンドBACK-ONは元々5人いましたが、ドラム担当が辞め、4人でやっていたところ、2017年5月には、ギター担当とベース担当が同時に脱退。現在はボーカル兼ギターのKENJI03さんと、MC担当の2人しかいません。

引用元:https://purulife.site/koudakumi-kenji03/

現在は2人でライブ活動をしているのですが、思うように集客ができず、一時期のような海外での人気もなくなってきています。

というように、女性問題ではないものの、近所トラブルや仕事面での不調など、子作りにはマイナスな要素があるため、2人目の子作りに対して歯止めがかかっている可能性があります。

旦那さんに関する不安要素があり、歌手としての活動を続けながらの子育てはとても大変だと思いますが、引き続き実家のサポートも受けつつ、子育てを頑張っていただきたいなと思います。そして、願わくば、”2人目のお子さんを妊娠”という嬉しいニュースが聞ける日を楽しみにしたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする