荒川静香の子供(2人目)めいちゃんがダウン症?幼稚園はどこ?画像あり

Pocket

今回は、プロフィギュアスケーターの荒川静香さんについてご紹介します。

トリノオリンピックでは見事金メダルを獲得し、現在は日本スケート連盟副会長を務めている荒川静香さんの2人目の子供名前めいちゃんで、ダウン症なのではないかという情報があります。幼稚園やめいちゃんを含めて子供が何人いるのかを、画像と合わせてお伝えします。

荒川静香の2人目の子供はめいちゃんでダウン症?

荒川静香さんは、2013年12月29日(荒川静香さんの32歳の誕生日)に、一般男性結婚しました。旦那さんの職業は医者外科医)だそうですが、一般人であるということで、名前や画像等の詳細情報は不明ですが、数少ない旦那さん情報は以下の通りです。

・荒川静香さんの旦那さんは、東京慈恵会医科大学を卒業してストレートで医師国家試験に合格した、ザ・エリート

・身長は180cmと高身長で、全体的にスラっとしている

・ルックスは綺麗でイケメン

2人の馴れ初めが意外で、何と荒川静香さんの母親による紹介だそうです。

荒川静香さんが結婚(相手)を考え始めたとき、たまたま荒川静香さんの母親の知り合いに結婚していない人がいて、即紹介という運びになりました。

スポンサードリンク

初めはお見合いのような形で出会ったそうですが、そのお相手(現在の旦那さん)は今どきでは珍しくテレビを持っていませんでしたので、荒川さんのことは何となくは分かってはいたものの、金メダリストであること程度の知識しかありませんでした。

そんな状態でどうやって?と思いますが、出会いから2年弱の間交際を続け、その後旦那さんから荒川静香さんにプロポーズし、めでたく結婚。結婚式は身内と親しい間柄の人たちだけをハワイで行いました。

色白でクールビューティな荒川静香さんが、ハワイの海に映えますね。

挙式が行われたのは2014年の6月、会場はハワイにあるパプナビーチプリンスホテルです。

挙式会場をハワイにしたのは、荒川静香さんと旦那さんの共通の趣味であるスキューバダイビングが関係している可能性が高いです。

交際期間中にも何度か訪れたことがある思い出の場所なのかもしれませんね。

その後2014年11月6日に長女を出産しました。名前はめいちゃんだと言われています。

生まれてきた赤ちゃんを見て、荒若静香さんは当時の心境をこのように表現していました。

「初めての経験に喜びや期待、不安や戸惑うこともありましたが、生まれてきた我が子が、ぎゅっと手を握ってくれた時には、安堵と、言葉にできない感動を味わいました」

引用:oricon.co.jp

そしてそんなめいちゃんがダウン症なのではないか?と噂されています。有名人や芸能人に子供が生まれると、ほぼ確実にダウン症の噂が出回ることには、正直辟易としますが、そういった噂が上がるということは、何らかの情報があってのことかもしれませんので、念のため調べてみました。

しかし、荒川静香さんの長女・めいちゃんがダウン症であるということを示す明確な根拠は一切見当たりませんでした。

芸能人や有名人に関しては、ほとんどと言っても良いほどその子供に障害があるだとか、ダウン症だとかいう噂が出回ります。

専門家でも何でもないただの一般人が、直接会ったこともみたこともない人のことをダウン症だの障害があるなどというのは軽率過ぎるのではないかと思います。

普通の人がちょっと写真をみただけでは障害があるのかどうかや、ダウン症かどうかという判断は出来ないものです。

今回の荒川静香さんの子供に関しても、ネットのデメリットである、無責任でいい加減な情報がに左右されてしまった結果です。

ちなみに、荒川静香さんの2人目の子供がめいちゃんだとされているのもデタラメな情報です。

めいちゃんにフィギュアスケートをしてほしいか?との問いに対して荒川静香さんは、「娘からのどうしてもフィギュアスケートをやりたいという圧を感じたらさせます」と答えていることから、荒川静香さんの子供には何らかの障害があるのではないか?との噂を生んだ可能性があります。

また、荒川静香さんはめいちゃんがお腹の中にいるにもかかわらず、スケートをしている姿を自身のSNS上で公開し、プチ炎上したこともありました。こういったことも、めいちゃんがダウン症だとの情報に火をつけた可能性があります。

荒川静香さんは、子育てや家事で忙殺される中、子どもが起きる前の早朝の時間帯や、同居していた両親に子どもを預けることができる時間を見つけては、スケートの練習をしていました。

どうしてそこまで?という気もしますが、プロスケーター兼フィギュアスケート解説者として、常にスケートリンクに立っていたいというプロ意識と負けん気の強さが、荒川静香さんを駆り立てていたようです。

荒川静香さんが現在もプロスケーターとしてスケートを続けている理由は、娘が母親のことを分かるようになるまで続けたいという思いがあるからなのだそうです。

愛娘に自分のライフワークであるフィギュアスケートを見せるために、無理を承知でスケート解説者としての仕事と育児と家事の合間を縫って、厳しい練習に打ち込んでいます。

スケートと育児の両立が可能なのは、荒川静香さん自身の将来に対する強い気持ちだけではなく、家族の理解があるからでもあります。

スポンサードリンク

自分自身の両親と旦那さんと子供と同居する2世帯住宅を東京都世田谷区に購入しており、現在は旦那さんや両親のサポートを最大限に受けながらの生活が続いていることから、荒川静香さんは自分自身の現状を、”ギリギリの状態”だと語っています。

荒川静香の子供の幼稚園はどこ?スケートはしてるの?

荒川静香さんの長女であるめいちゃんは2014年11月生まれですので、すでに幼稚園に通っている年齢です。ですが、一般人ということで、どの幼稚園に通っているのかは不明でした。

プロスケーター兼解説者として忙しい日々が続く荒川静香さんですので、幼稚園ではなく保育園に通わせている可能性もあります。

今現在、めいちゃんはフィギュアスケートを習ってはいないのですが、荒川静香さんの映像を見ながらイナバウアーをして見せたりと、少しずつフィギュアスケートに興味を示しだしているようです。

母親としてはとてもうれしいことのように思うのですが、当の荒川静香さんはとても複雑な心境のようです。

娘が自分と同じ道を歩んだ場合、「娘に対して言わなくても良いことまで言ってしまいそうな自分が想像できるから」だそうです。まさにあるあるな事象ですが、個人的には、荒川静香ジュニアをスケートリンク上で見てみたいです。

荒川静香は子供のお受験を考えている?

荒川静香さん自身が早稲田大学教育学部を卒業した高学歴の持ち主ですので、子供にも十分な教育を受けさせたいと考えるのはとても自然なことです。

有名人の中には、子供に様々な習い事をさせつつ、来るべき有名私立小学校や名門小学校受験に向けて着々と準備を進める人も数多くいますが、荒川静香さんもその1人なのかもしれません。

ちなみに、有名私立小学校を受験するいわゆる”お受験”組が多い幼稚園御三家として挙げられるのが、若葉会幼稚園、愛育幼稚園、麻布みこころ幼稚園です。

どの幼稚園も伸び伸びとした保育環境が整っており、親子共々ストレスなく過ごすことができる反面、保護者同士の人間関係には注意が必要です。お互いにライバル同士ですし、幼稚園だけではなく習い事も同じという場合が想定されるためです。

これまでの実績を見ても、早稲田実業学校初等部、慶応義塾幼稚舎、青山学院初等部、暁星小学校など、超有名小学校合格者を多数輩出している幼稚園です。

ただ、○○幼稚園に通っていたからお受験に有利に働くということは一切ありませんので、普段からお子さんのことをよく理解し、親子関係を良好に保っておく必要があることは言うまでもありません。

荒川静香の子供は何人?名前は?画像あり

荒川静香さんには、2014年11月6日に生まれた長女の他に、2018年5月23日に生まれた長男がいますので、荒川静香さんの子供は2人ということになります。

荒川静香さんの長男出産について、インターネット上では様々な祝福コメントが上がっていました。

母はフィギュアスケート金メダリストで、父は医者なんて、お子さんにしてみたら凄い環境に生まれてしまったものです。

我々一般人からすると単純に羨ましいなんて思ってしまいますが、物心ついてきたらプレッシャーなんかがスゴそうです・・・

どうしても世間が注目してしまいますからね。

引用:entertainment-topics.jp

ちなみに、長男の名前や顔画像は一切出回っていませんでしたが、早くも荒川静香さんの愛車であるバイクに興味を示しているようです。さすがは男の子ですね。

もしかすると、今後成長していくに連れて、母子3ショット画像が見られるかもしれませんので、その際にはこのブログに追記していきたいと思います。

荒川静香の自宅が凄い?

荒川静香さんは、結婚するまでの間は両親とともに3人で東京都目黒区に住んでいましたが、結婚後は東京都世田谷区に2億5000万円の豪邸を建てて住んでいます。

荒川静香さんがキャッシュで購入したという噂ですが、旦那さんも外科医ということですので、世帯収入からすれば手の届かない金額ではありません。

元オリンピック金メダリストで、それに加えて美人だということで、荒川静香さんはCM出演、テレビ出演、アイスショー参加など、多忙なスケジュールをこなしています。

そのため、荒川静香さんの年収は1億円を下らないと噂されています。

世間ではイナバウワー御殿ともてはやされているようですが、まさに成功者といった印象です。最近では、フィギュアスケート関連の仕事以外にも、子育てに関する仕事もちらほらと舞い込んできているようですので、今後ますます、荒川静香さんの活動域が広がっていきそうです。より一層の活躍を期待したいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする