有働由美子の目が違うのはカラコンのせい?若い頃のすっぴん姿が凄い

Pocket

今回は、フリーアナウンサーでnews zeroのメインキャスターを務める有働由美子さんについてご紹介します。

朝の情報番組『あさイチ』に出演していた頃と比べて、現在の有働由美子さんの目が違うと話題になっています。カラコンが関係しているのではないかとの噂も含めて検証しました。また、若い頃に石井琢朗さんと一緒にいるところをフライデーされた件についても調査してみました。

有働由美子の目が違うのはなぜ?若い頃の画像を検証!

有働由美子さんは1969年3月22日生まれですので、すでにアラフィフ世代ですが、年齢を感じさせない若々しさと活力があります。

そんな有働由美子さんについて、最近目が違うという噂が流れています。ネット上での視聴者の反応は以下の通りです。

話題になっているのは、目の形や大きさ、そして瞼に関する内容だと思われますが、その辺りを詳しく調べてみましょう。個人的には、news zeroの初回放送を見たとき、目が小さくなったと感じましたが・・・。

有働由美子さんを詳しく知らないという方のために、若い頃の有働由美子さんの画像をいくつかご紹介します。

若い頃の有働由美子さんの目は、どちらかというと切れ長で、全体的に目が大きかったということがわかります。目の周りが全体的に黒っぽいのも特徴的でした。

続いて、今現在の有働由美子さんの目をご覧下さい。

明らかに変わったのがわかります。目の周りの黒っぽさがなくなり、とてもスッキリとした印象ですし、切れ長だった目が丸くなりました。

そして、注目するべき変化は、目の周りだけではなく黒目についてです。以前と比べて黒目が大きくなったと言えます。

髪型が変わったから余計にそう感じるのかもしれませんが、キャリアウーマンっぽさが増したような気がします。

有働由美子の目が違うのはカラコンのせい?すっぴんとの違いに驚愕?

有働由美子さんの目が変わったと言われる原因は、カラーコンタクトの関係ではないかと囁かれています。

有働由美子さんが愛用しているカラーコンタクトは、コンタクトのふちが黒くなっていることから、装着すると黒目が大きくなったように見えるという効果があります。有働由美子さんだけではなく、女子アナの間でカラーコンタクトが非常に流行っているそうです。

news zeroで共演している日本テレビの畑下由佳アナウンサーも、公言ことしていないものの、カラーコンタクトを使用していることが明らかですので、有働由美子さんからカラーコンタクトを勧められた可能性があります。

カラコンの1番の効果といえば、目を本来よりも大きく見せることができるという点です。

カラコンを目につけるだけで黒目を大きくすることができるため、他に何もしなくても目が大きくなったように見せることができます。

また、カラコン以外にも有働由美子さんの目が変わった原因が挙げられます。それはメイクです。

有働由美子さんはメイクを濃くすることで目力をアップさせているようです。つけまつげとカラコンの両方を使うと目が違うのは当然ですね。

そして、さらには一重を二重にするためにアイテープを使ったりもしているそうです。

引用:mokomoko30.com

アイテープは、装着するのが意外と難しく、以前番組内で、生放送中に有働由美子さんのアイテープが剥がれ落ちるというハプニングがありました。

このときに着用していたのが、ファイバーのアイテープだったのですが、これはアイテープの中でも装着難易度が非常に高い代物のようです。

さらには、アイラインとアイシャドーを組み合わせることにより、二重瞼を作ることもできるそうです。実際に有働由美子さんは、アイラインとアイシャドーの併せ技で、目を大きく見せるだけではなく、二重瞼を作り出すことにも成功しています。使用しているアイシャドーの色はグレーブラウンです。

そして、すっぴん画像ではとても貧弱に見えた唇も、メイク後はふっくらとしたボリューム感のある唇に仕上がっています。

唇に関しては、リップライナーを使用して、本当の唇の輪郭よりも外側にリップのラインを引くことで、唇全体を大きく見せています。

スポンサードリンク

日本テレビの看板番組である『news zero』のメインパーソナリティーとして、世間からの注目度が非常に高いことから、専属のメイクアップアーティストがメイクを担当していることから、有働由美子さんは見違えるように美しくなりました。

ところで、有働由美子さんがNHK『あさイチ』でパーソナリティーを務めていた頃、番組企画で有働由美子さんがすっぴん姿を披露するというシーンがありました。

こちらがそのときの画像なのですが、明らかに別人です。すっぴん画像は目が小さく一重で、頬もやや垂れ下がっていて年齢を感じます。また、唇が薄いのも印象的です。

これを見た番組視聴者やインターネットユーザーからは、「すっぴん姿を公開することで好感度を上げようとしている」、「やり方がきたない」など、心ない声が多数上がり、有働由美子さんはすっぴん姿を披露したことを後悔した様子でした。

この企画は、担当した女性ディレクターの初めての仕事であり、有働由美子さんが賛同することでその女性ディレクターの立身につながると考えたこと、そして、自らがすっぴん姿を披露することで、世の多くの女性に勇気をもってもらいたいとの思いもあったようですが、それらが全て空振りに終わったようです。とても残念なことです。。。

さて、話題を戻しますが、有働由美子さんが、NHK在局時とは違ったメイクで番組に出演しているのは、同世代のライバルキャスターがいるからだと言われています。

news zeroが放送されている時間帯に、他局では同年代の美人アナウンサーである雨宮塔子さんがメインキャスターを務めるNEWS23が放送されていることから、対抗意識が働いている可能性があります。

また、整形疑惑も浮上していますが、整形手術をした場合には、手術前と比べて劇的に顔が変化するのが特徴的ですので、有働由美子さんの場合は、整形手術をしたとまでは言えないと思われます。

有働由美子が石井琢朗とフライデーされた?

有働由美子さんと現役プロ野球選手であった石井琢朗さんがフライデーされたのは2000年のことでした。

有働由美子さんが、当時横浜ベイスターズに所属していた石井琢朗選手の自宅に変装して訪問する姿が、フライデーによって鮮明にスクープされました。

当時の変装の様子が滑稽で、巻き髪カツラにサングラス姿でした。

石井琢朗選手の自宅に入ろうとしていたところを直撃された有働由美子さんは咄嗟に「借りてた本を返しに来ただけ」と否定したのですが、それを信用した人は果たしてどれだけいたのでしょうか。。。

このフライデー報道がなされたとき、有働由美子さんは大バッシングを浴びることとなりました。

それもそのはず、石井琢朗選手には奥さんがいたからです。正式には石井琢朗選手と奥さんである瀬能あづささんが離婚して2ヶ月しか経っていない段階でのスクープだったことが、大バッシングにつながった原因です。

瀬能あづささんの父親が「離婚したのは石井琢朗と有働由美子の不倫が原因」と断言したことで、当時の報道では有働由美子さんが一方的に悪者扱いされてしまいました。

石井琢朗さんはその後、有働由美子さんではなく、当時フジテレビアナウンサーだった荒瀬詩織さんと再婚しました。一方の有働由美子さんは、星野仙一さんや井上康生さんなど、スポーツ界の有名人との間に熱愛の噂が絶えませんでした。

数々のスキャンダルが原因だったのでしょうか、NHKに在籍はし続けたものの、国内ではなくニューヨーク支局勤務を命じられ、以降数年はニューヨーク暮らしが続きました。

2013年10月のプレミアムトークで、脚本家の大石静さんとの対談で有働さんが、「婚外恋愛、私は反対。私は絶対に浮気しない男と結婚したい。だって傷つきたくないから」という発言に対して、大石さんは「それはエリートだからよ。エリートは傷ついたことがないから傷つきやすいの。だから幸が薄い」と指摘。

「幸が薄い」と指摘された有働アナは、ショックを受けたそうです。

引用:excite.co.jp

有働由美子さんがアラフィフになるまで未婚なのは、恋愛や結婚に対して臆病になっているからなのかもしれません。また、有働由美子さんほどの活躍をする女性に見合う(収入面でも精神面でも)男性が数少ないというのも理由の1つかもしれません。

有働由美子は石井琢朗との交際以降綺麗になった?

有働由美子さんが石井琢朗さんとの熱愛をスクープされて以降、有働由美子さんに関するマスコミのネタは常々、交際相手や結婚の噂などの色恋物ばかりでした。

そんな中、世間では『NHKニュースおはよう日本』や『サタデースポーツ』や『サンデースポーツ』を担当していた若い頃の有働由美子さんに比べて随分あか抜けて綺麗になったという声が度々上がるようになりました。

女性は恋をすると綺麗になると言いますが、有働由美子さんもその1人のようです。そして、交際相手だけではなく、仕事の現場でも様々な男性と一緒になる機会が多かったことも、有働由美子さんの女子力に磨きがかかった一因なのではないでしょうか。

有働由美子さんの現在に対する世間の評価は?

インターネット上では、有働由美子さんや、news zero、その他、有働由美子さんが出演する番組について様々なコメントが上がっていました。

「企画より人で数字を取ろうとしてる感が丸出し。日テレの姿勢にも疑問」

「その日に何が起きていたのかを知りたいだけなのに、薄い内容でグダグダと間延びしてる」

「有働さんはがんじがらめのNHKでこそ持ち味が出ていたけど、民放では特筆するほどのキャラじゃない。正直、見ていて痛々しい

「アナウンサーとしてのキャリアは長いのに、初回を観て『この程度なのか』と思った」

「そもそもなんで起用したの?話題性だけ?」

引用:excite.co.jp

辛辣な意見が見られる一方で、現在の有働由美子さんについて前向きなコメントも多数上がっていました。

「有働さんって自由なトークがおもしろいからバラエティ向きな気がする」

「ニュースキャスターよりバラエティでのハジケっぷりが好き

「有働さんのイキイキとした姿を見ると、NHKを離れたのは正解だったなと思う」

引用:excite.co.jp

賛否両論ありますが、news zeroのゲストコメンテーターとして出演している研究者の落合陽一さんは、「賛成意見は反対意見の10倍はある」として、有働由美子さんの活躍っぷりを評価しています。

今後も持ち前の弾けっぷりを活かして、報道界を席巻していただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする