島田一の介の嫁は鬼嫁でスナックのママ!年収が少なく副業頼みの現状が凄い

Pocket

出典:daily.co.jp

今回は、吉本新喜劇の島田一の介さんについてご紹介します。

島田一の介さんのはスナックのママをしていますが、鬼嫁で有名です。島田一の介さんの年収が少ないため、副業のスナック頼みになっているそうですが、夫婦関係や娘さんとの親子関係はどうなっているのでしょうか。

島田一の介の嫁はスナックのママで鬼嫁!

吉本新喜劇のレギュラーメンバーとして欠かせない存在である島田一の介さんですが、昼間は吉本新喜劇の舞台で活動し、夜はスナックのオーナーとして働いています。

島田一の介さんのスナックはベルというお店で、住所は兵庫県尼崎市昭和南通4丁目68-19で、阪神電鉄尼崎駅前の五合橋線道路を北進し、大和証券のある角を左折して一つ目の角を右に折れてすぐのところにあります。駅からは徒歩3分ということで、非常にアクセスしやすい立地となっています。
そんなスナックベルでママをしているのが、島田一の介さんのです。売れない若手芸人を従業員として雇っていて、そんな従業員と一緒にお店を切り盛りしています。

お店の2階には、若手芸人のための演芸場である有楽亭があり、落語のミニ寄席が開けるようになっています。

若手芸人の面倒見も非常に良い島田一の介さんの奥さんですが、一方では鬼嫁としての一面もあります。かつて島田一の介さんに浮気疑惑が勃発した際に、奥さんから詰め寄られた島田一の介さんは、あまりの状況に耐えかねて、咄嗟に携帯電話を水没させてしまったということがありました。

スポンサードリンク

島田一の介さんにとっては、お相手の女性の連絡先が入ったとても大切な携帯電話を水没させるほどの見幕で迫った奥さんの鬼嫁っぷりには感服させられます。

島田一の介が嫁とスナックを経営するのは年収が少ないため!副業頼みの現状がヤバい

島田一の介さんの本業は吉本新喜劇の団員で、副業としているのがスナックの経営です。芸能人の中には飲食店経営を副業としている人が数多くいますが、島田一の介さんが副業を営んでいるのは、本業での年収が少ないからだという噂があります。

吉本興業に所属する芸人はギャラが非常に安いことは周知の事実ですが、特に吉本新喜劇の団員のギャラは破格に安いと言われています。かつて、すっちーさんが吉本新喜劇の座長に就任した際に、座長就任後はギャラがこれまでと比べて3倍になり、月収が100万円を超えたことを告白していました。

とすると、通常の劇団員の月収は高くても50万円~60万円程度だと推測されます。島田一の介さんは吉本新喜劇の団員歴が50年近く(吉本新喜劇デビューは1973年7月)になりますので、恐らく年収は600万円~700万円程度ではないかと思われます。

通常のサラリーマンと同程度の年収ですので、決して安すぎるというわけではありませんが、芸能人の中では年収が低い部類に属していることは間違いありません。島田一の介さんがスナックを経営しているのは、年収が少ないからだというのは強ち嘘ではないと言えます。

客席が10席で、ママと数人の従業員でお店を経営している状態のスナックの場合、売上金額は最高で月に500万円程度、つまり年商およそ6000万円となります。

計算の内訳諸々は以下の通りです。

定休日は週に1回で月間営業日数は25日

1日の売上金額は20万円

客単価は5000円

これはあくまで高く見積もった場合ですので、必ずしも島田一の介さんのお店が年商6000万円であるというわけではないのですが、お客さんの入りが良い状況下では、相当な年商を記録していたこともあるはずです。

しかし、昨今の社会状況からしてみると、飲食店への風当たりは相当厳しいですので、スナックの経営は決して順調とは言えません

数々の施策を講じてはいるものの、やはりお客さんの入りがコロナ前と比べると激減していることは言うまでもありませんので、かつてのような売り上げに戻るまでにはかなりの時間がかかりそうです。

スポンサードリンク

島田一の介と嫁の馴れ初め

島田一の介さんが吉本新喜劇に入団したのは1973年7月です。当時の年齢は23歳でした。

吉本新喜劇の黄金期とも言われる花紀京・岡八郎時代から脇役として新喜劇の舞台に出演し、吉本新喜劇を支えてきましたが、同時期に舞台に出演していた池乃めだかさんやチャーリー浜さんのようにブレイクする機会がなく、決して目立つ存在ではありませんでした。

劇団員として自分の立ち位置も確立され始め、いよいよこれからという時期(39歳の頃)に、世代交代の煽りを受けて新喜劇を退団させられたこともあり、不遇な時期が長かった島田一の介さんですので、結婚を決断したタイミングがいつなのかが不明瞭ですが、恐らく吉本新喜劇に入団して間もない頃に奥さんとで出会い、ほどなくして結婚したのではないかと思われます。

吉本新喜劇の座員の中には、吉本新喜劇のスタッフと結婚した吉田ヒロさんのような例もあります。

吉田ヒロの現在の嫁は年下の一般人女性!

結婚当時、吉田ヒロさんは吉本新喜劇の座長で奥さんはADでしたので、もしかすると島田一の介さんの奥さんも、かつては吉本新喜劇で働いていた可能性もあります。

島田一の介さんと奥さんの馴れ初めについて、また何か詳しいことが分かり次第こちらのブログに追記していきたいと思います。

島田一の介と嫁には一人娘がいる

島田一の介さんは若い頃に結婚したと思われる旨を先ほどもお伝えしましたが、結婚して間もなくお子さんが生まれています。具体的な生年月日までは分かりませんでしたが、生まれたのは女の子で、現在は社会人となっています。

さて、そんな島田一の介さんの一人娘が、吉本新喜劇の座員である金原早苗さんではないかという噂があります。

出典:youtube.com

滝川クリステルさんのモノマネでも有名な金原早苗さんが島田一の介さんの娘であるとの噂が出回った根拠は、関西地域のみで放送された株式会社日経サービスのCMに出演し、そこで島田一の介さんと親子の役で共演したことでした。

ですが、金原早苗さんのご両親は元自衛官で、出身地も島田一の介さんの自宅がある兵庫県尼崎市ではなく、大阪府四条畷市ですので、金原早苗さんが島田一の介さんの娘であるという噂は完全なデマであると言って間違いありません。

繰り返しになりますが、島田一の介さんの娘さんは一般人であり、現在社会人として一般企業に勤務されていると思われます。

島田一の介と嫁が離婚する可能性

島田一の介さんと奥さんは、現在も尼崎市内でスナックベルを経営しています。

新型コロナウイルスの影響で、お店の経営状態は決して良好とは言えない状態ではありますが、そんな厳しい中でも夫婦で知恵を出し合いながら苦境を乗り切ろうとしています。

熟年離婚をする夫婦は依然として多い昨今ではありますが、島田一の介さんは、売れない下積み時代から夫婦一緒に難局を乗り越えてきたため、夫婦の絆がとても強くなっています。

苦しいときに痛みを分かち合ってこその夫婦ですので、島田一の介さんが奥さんと離婚する可能性は極めて低いものと思われます。

何とかこの苦しい局面を乗り切って、またお店がひところの盛況っぷりを取り戻すまでに至ってほしいと願うばかりです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする