池上季実子が太り過ぎなのはなぜ?画像あり。梶原一騎との関係や子供は?

Pocket

今回は、女優の池上季実子さんについてご紹介します。

池上季実子さんが年齢の割に太り過ぎていて体重がヤバいとの噂もありますが、本当なのでしょうか。梶原一騎さんとの関係や、子供がいるのかどうかについても調べてみました。

池上季実子が太りすぎている理由は事故?

この投稿をInstagramで見る

hynata(D sky walker)(@d_sky_walker_next007)がシェアした投稿

池上季実子さんは絵にかいたようなお嬢様育ちで、31歳までは順風満帆な生活を送っていました。そして31歳のときに、池上季実子さんの女優人生を大きく左右する出来事が起こります。

とその前に、簡単に池上季実子さんの生い立ちをご紹介します。

池上季実子さんは、アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン市で生まれ、幼少期はずっとニューヨークで暮らしていました。父親が商社勤務だったためなのですが、3歳の頃に日本に帰国し、帰国後は祖父の家がある京都で育ちました。

ニューヨークから帰国した後は、両親と弟とともに歌舞伎役者をしていた祖父・八代目坂東坂東三津五郎さんの家で過ごしました。

スポンサードリンク

出典:yamatoya-m.com

当時住んでいた場所は京都大学の近所で、節分祭で有名な吉田神社のほど近くです。

家には3つ庭があったことをよく覚えていますね。門をくぐるとまず小さい庭と茶室があり、その先にはししおどしの音が響く庭園。さらにその奥には玉砂利が敷き詰められた庭園がありました。

引用:stepon.co.jp

池上季実子さんは、ニューヨークに住んでいた頃の記憶は全くないそうで、幼い頃の思い出と言えば、それは全て京都での思い出ばかりのようです。

京都の名門ノートルダム女子中学校に通っていた14歳の頃から芸能活動を開始した池上季実子さんは、今と変わらずとても美人で、芸能界の至宝とまで言われていました。

しかし、31歳のときに、人生を左右するような一大事に遭遇します。

とある旅番組の撮影のためにカナダを訪れていたとき、乗っていた観光用の馬車が突然暴走し始め、しばらくした後に自動車と衝突しました。

結構な衝撃だったそうで、馬車に乗っていた池上季実子さんは馬車から投げ出されてしまい、石畳に体を激しく打ちつけられてしまいました。

頭を打ったり、外見上大怪我をした様子はなかったのですが、念のためということでカナダの病院で検査を受け、診断の結果は打撲だけで異常なしということでした。

ですが、カナダでの診断により打撲というのは全くの嘘でした。

カナダでの事故から1年後のある日、突如首に痛みを感じ始めたのです。

診断の結果は頚椎損傷で、医師からは4ヶ月の入院治療を告げられました。しかし池上季実子さんは、当時演じていた役を降板するわけにはいかないということで、医師からの入院の指示を断りました。

仕事を最優先し、入院を拒んだ池上季実子さんでしたが、体は敏感でした。

ある日突然、体全体が異常にむくんでいることに気付きます。医師によると、頚椎を損傷したことによって脳と脊髄の間を流れる脳脊髄液の流れが乱れているということでした。

脳脊髄液の流れが乱れたことで自律神経にも乱れが発生してしまい、全身の血行が悪くなり、異常なむくみが生じてしまいました。

カナダでの処置が充分ではなかったため、このときの事故の後遺症が残ってしまう結果となってしまいました。

池上季実子が太りすぎている理由は病気?体重は?画像あり

池上季実子さんが最近太り過ぎていると噂されています。一部では病気なのではないかとも言われていますが、池上季実子さんが太っている原因は病気ではなく、先ほどお伝えした事故による後遺症です。

また、歳を重ねていくうちに女性ホルモンの分泌が多くなってきたことも太った原因の一つと言えます。

年齢による女性ホルモンの影響と、若い頃にカナダで遭遇した馬車の事故による頸椎損傷の影響から、太りやすいというよりもむくみやすい体質になってしまったという方が正しいようです。

出典:news-postseven.com

とは言え、女優としてのプロ意識がとても高い池上季実子さんは、週1回のペースで9時間にも及ぶマッサージを受けつつ、毎日3キロのウォーキングを行っています。

食事にも気をつけており、食べ過ぎはもちろんのこと、食事内容にも偏りがないように配慮した食生活を行っています。

食事制限と運動とメンテナンスを欠かさない生活を送ってはいますが、そこまでしていても体調によってはむくみが酷い日があるようで、そういうときに雑誌の取材やテレビ出演等の仕事が重なってしまうと、普段とは体形が異なって見えてしまうのだそうです。

世間の太りすぎだという声に対して、池上季実子さんはとても残念な気持ちと憤りの念をもっています。

「人は知らないから『太った』とか」「結構傷つくんだよね」「太ったんじゃないんだよって言ってるんだけど…」と不満気に語る。

引用:news.livedoor.com

さらに、自身の現状について以下のように語っています。

起きたことをとやかく言ってもそこには戻れないし、大好きな仕事ができればいいかな。

引用:news.livedoor.com

その日の体調によって、むくみ具合も変わってくることから、それに応じて体重の増減幅も大きいそうです。池上季実子さんのプロフィール欄では、体重は非公開とされていますが、恐らく50kg台中盤から後半を推移しているのではないでしょうか。

池上季実子の娘は野々すみ花?

池上季実子さんはこれまで、2度の結婚歴2度の離婚歴があります。

最初の結婚は1985年でした。お相手は、10歳年上古美術商の仕事をしている一般の方でした。池上季実子さんの趣味の1つが古美術収集ですので、もしかするとその趣味つながりで知り合ったのかもしれません。

スポンサードリンク

結婚後に長女が生まれていますが、結婚生活は3年程度でピリオドを迎えています。離婚原因は、旦那さんの暴力だったようです。池上季実子さんの両親も、父親の暴力が原因で離婚していますので、過去の嫌な記憶がオーバーラップした可能性が高いです。

また、元旦那の暴力意外にも、池上季実子さん自身が完璧主義者であるというのも離婚原因とされています。池上季実子さんは、仕事はもちろんのこと、私生活でも家事や育児を完ぺきにこなしたいという強い願望をもっていたため、度々元旦那と意見が衝突していました。

離婚後の親権は池上季実子さんが持っているのですが、その長女の名前が野々すみ花さんではないかと言われています。

華奢な体型ではありますが、顔が池上季実子さんに似ていることから、実の娘ではないかと噂されています。

また、野々すみ花さんが生まれたのは1987年2月27日、池上季実子さんが結婚したのが1985年ということで、結婚時期と出産時期が整合的です。

野々すみ花さんは、聖母学院幼稚園、聖母学院小学校、聖母学院中学・高等学校と、幼稚園の頃から聖母学院一筋でした。

聖母学院は、中学校高校の年間学費がおよそ100万円(施設充当費や諸費用も含む)ですので、相当な経済力がなければ通うことができません。しかも、野々すみ花さんは幼稚園の段階から聖母学院に通っていますので、教育費用は1000万円近くになっていたものと思われます。

野々すみ花さんのプロフィールを調べてみると、京都府久世郡久御山町出身とあり、実家は農業を営んでいるということですが、実家の住所を含めて詳しい情報がありません。

池上季実子さんが実母で、野々すみ花さんに対して経済的支援をしていた可能性があります。

シングルマザーとしての自覚からでしょうか、娘に対して厳しくしつけをしてきたそうです。叱るときにはしっかりと理由を付けて厳しく、池上季実子さんに非があるときには素直に謝るといったスタイルを貫きながら、ただ厳しいだけではなく、愛情をもって野々すみ花さんを育ててきました。

小学校受験の際には、ハリウッド映画出演のオファーを断ってまで、野々すみ花さんとの時間を優先するなど、常に娘のことを最優先していました。

そんな池上季実子さんの愛情をたっぷりと受けて育った野々すみ花さんにも、おめでたい話題がありました。2018年2月26日に一般人男性と結婚したのです。

結婚を機に、野々すみ花さんは池上季実子さんの元を離れたようです。さらに、これまで所属していた梅田芸術劇場をやめ、今後は個人で活動していくことも発表しており、名実ともに独り立ちをしたという状況です。

池上季実子さんの2度目の結婚相手は外科医で関係は事実婚だったのですが、お互いに仕事が忙しかったことと、何事も完璧主義を貫く池上季実子さんの性格が原因で別れたそうです。ちなみに、2度目の結婚相手との間には子供はいません

池上季実子と梶原一騎との関係がヤバかった?

池上季実子さんの結婚歴は2回ですが、これ以外にも愛人関係を噂されたお相手がいました。そのお相手というのが、池上季実子さんが、ヒロイン早乙女愛役を演じたテレビドラマ『愛と誠』の原作者である梶原一騎さんでした。

池上季実子さんの魅力に相当惚れ込んだ梶原一騎さんは、周囲の意見を聞くこともなく、独断と偏見で池上季実子さんをヒロイン役に選んだようです。

そしてさらに、ドラマ撮影が終了した後も2人の関係が続いたと言われています。

梶原一騎さんが、滞在先のホテルに池上季実子さんを頻繁に呼んでいたとの目撃情報もありますので、梶原一騎さんと池上季実子さんは、愛人関係にあったのでは?とも言われています。

梶原一騎さんは、周囲の意見を聞かずに独断で当時15歳だった池上季実子さんを主演女優に抜擢した過去がありますので、大人の女性としての魅力と、女優としての魅力を兼ね備えた池上季実子さんに、梶原一騎さんが魅せられ虜になってしまったのかもしれません。

一説には、梶原一騎さんが芸能事務所の社長として、プロデューサーや映画監督などの芸能関係者との付き合い方を指導していたとも言われており、梶原一騎さんと池上季実子さんの関係は相当深いものだったと推測できます。

梶原一騎さんはすでに亡くなっていますので、当時の様子は池上季実子さんのみぞ知るといった状態ですが、ピーク時には同時に13人の男性と交際していたなど、男性関係においては事欠かない状態だったようですので、梶原一騎さんとの件も、あながちあり得ない話ではないように思います。

若い頃から独特の色気と演技力で、見るものを魅了してきた池上季実子さん。撮影のために行っていたカナダでの事故により、頸椎損傷という女優人生に多大な影響を及ぼす怪我を負いながらも女優人生を全うする姿には頭が下がります。

池上季実子が現在は事務所を退社!引退か?!

この投稿をInstagramで見る

とよた真帆さん(@maho_toyota)がシェアした投稿

池上季実子さんが2019年1月8日に自身のブログに綴った内容によると、長らく所属していたオスカープロモーションを退社したようです。

池上季実子さんほどの大女優が大手事務所を退社するというのはただ事ではありません。一説には引退を視野に入れているのではないかとも囁かれていますが、現在のところ、池上季実子さんが女優業を引退する動きはありません。

また何か新しい情報や動きがあり次第、こちらに追記していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする