佐藤藍子の現在の画像が衝撃!耳が口コミで?性格や結婚秘話を大公開

Pocket

今回は、女優の佐藤藍子さんについてご紹介します。

1990年代に大活躍した佐藤藍子さんの現在の様子について調べてみました。結婚相手や子供性格初舞台のときから現在に至るまでの経緯をまとめるとともに、チャームポイントのが今はどうなっているのかについても触れています。

佐藤藍子は現在何をしてるの?画像あり

佐藤藍子さんがテレビドラマやCMなどで大活躍していたのは、主に1990年代後半のことです。

真昼の月(TBS)、イタズラなKiss(テレビ朝日)、総理と呼ばないで(フジテレビ)、研修医なな子(テレビ朝日)、LOVE&PEACE(日本テレビ)などのドラマに出演し、独特の存在感で人気を博しました。

また、スーパージョッキー(日本テレビ)、奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)などのバラエティ番組にも出演し、大物タレントとの絶妙の絡みを見せ、視聴者の注目を集めていました。

現在も引退はせずに、オスカープロモーションに所属しており、細々とは芸能活動を続けていますが、女優業で生計を立てているわけではないようです

スポンサードリンク

佐藤藍子さんは現在、千葉県香取市で乗馬クラブの経営をしながら田舎ライフを満喫しています。そんな生活をスタートさせたのは、佐藤藍子さんが30歳になったときでした。

佐藤藍子は現在結婚してるの?旦那は誰?

佐藤藍子さんは、自身の30歳の誕生日である2007年9月26日に、乗馬クラブを経営する沼田拓馬さんと結婚し、芸能活動を辞めはしないものの、仕事のペースを激減させ、馬と一緒に生活するという道を歩み始めました。

沼田拓馬さんは、佐藤藍子さんが以前から通っていた乗馬クラブのインストラクターで、生徒と教え子という関係でした。出会って数カ月で結婚を決めたということですので、佐藤藍子さんの中に、何かビビっとくるものがあったのでしょうか。

都会の喧騒を離れて、大自然の下で大好きな人、そして大好きな馬と一緒に生活できることは、佐藤藍子さんにとってこの上ない幸せだそうですが、生き物相手の仕事ということで、へとへとになる毎日を送っていることがわかりました。

毎日早朝に起きて、300キロの餌を30頭の馬に与えるという作業を、スタッフ総出で1日3回繰り返します。

沼田拓馬さんは、一言で言うと大人しい性格の持ち主で、とても優しい人物です。顔はスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん似だそうですので、芸能界や都会の喧騒に疲れ切っていた佐藤藍子さんを包み込む包容力をもつ人物なのかもしれません。

佐藤藍子は現在乗馬クラブの経営をしている?

佐藤藍子さんの旦那さんである沼田拓馬さんがインストラクターを務めている乗馬クラブとは、千葉県香取市にある『乗馬クラブイグレット』です。

乗馬倶楽部イグレットのホームページには、代表取締役沼田恭子さんとなっていますが、この方が佐藤藍子さんの義母になる方です。

そしてさらに調べていくと、沼田恭子さんは、認定NPO法人引退馬協会の代表理事も務めているということもわかりました。競走馬の余生をより良くしていくためには何をしたらいいのかを本気で考える、競走馬界の救世主として日夜活動をされているようです。

「引退馬たちが終生、安心して暮らせるよう、ずっと見守っていきたい。そして引退馬を支援、繋養することで、人も馬も幸せにしたい」という強い思いが、私たちの20年間の活動のベースにありました。
その経験と実績を、次の時代へ伝えていく資産として。
引退馬協会は、これからも、馬と人、人と人をつなぐ架け橋であり続けようと思います。

また、動物取扱責任者沼田拓馬さんとなっていますので、佐藤藍子さんの旦那さんが現場の総指揮を任されているようです。肩書こそ動物取扱責任者ですが、実質的には乗馬クラブの経営を任されている可能性が高いです。

スポンサードリンク

つまり、現在の佐藤藍子さんは、乗馬クラブの経営に深く関わる立場にいるため、芸能活動をメインというよりは、乗馬クラブの仕事の合間に芸能活動をしているという状況にあります。

佐藤藍子は現在芸能活動してない?高級車生活?理由は性格?

こちらの画像は、佐藤藍子さんの愛車BMW3シリーズです。芸能活動による収入は僅かであるにもかかわらず高級車を維持することができているということは、乗馬クラブの経営が順調であることを示しています。

アラフォー世代になったとは言え、美しさと可愛さを維持し続けている佐藤藍子さんを目当てに乗馬クラブを訪れる客もいるようです。そんなお客さんによると、佐藤藍子さんは、ザ・芸能人感が全くなく、お客さんに対して懇切丁寧に対応するなど、性格の良さが滲み出る場面が多々あるそうです。

普段はこの車に乗って、近くのホームセンターやショッピングセンターに買い物に行っているようで、愛車に乗っている時間が至福の時だと佐藤藍子さんは自身のブログに綴っています。

高校卒業後、教習所に通い免許を無事取得!!それからというもの、車は私の人生の相棒になりました♪

千葉に住むようになってからは、仕事に私生活にと、車で過ごす時間はより長くなりました。
仕事で都心に行くときは、往復で約200キロ走行しますので、車のメンテナンスはとっても大事です。

佐藤藍子さんは現在、乗馬クラブの仕事をメインとしつつも、時々はイベントや単発番組への出演をするなど、芸能活動も細々と続けています。

大好きな馬に囲まれた田舎で、時には車で東京に出てくるという、多くの人が憧れる生活を送ることができている佐藤藍子さんですが、デビューした頃の様子はどうだったのでしょうか。

佐藤藍子の初舞台で衝撃的な出来事が?!

佐藤藍子さんが女優として初舞台を踏んだのは1998年のことでした。蜷川幸雄さんの演出による『ロミオとジュリエット』の主演に抜擢されました。

初主演ということで意気込んでいた佐藤藍子さんに、とんでもない事態が起こります。

初舞台で、アドバイスくれたり、助けてくれたお兄ちゃん的存在(だと思っていた)俳優さんから、中打ち上げの時、一緒にエレベーターに乗ったら、突然キスされた

「アプローチされても気がつかないタイプ」だった佐藤は、その俳優が「藍子、かわいいな~」といって頭をヨシヨシされたりしていたのに、全く気持ちに気付いておらず、突然のキスに驚いたという。

共演した俳優さんは、大沢たかおさんや高橋洋さんですが、”お兄ちゃん的存在”という表現からして大沢たかおさんで間違いないと思われます。

また、このエピソード以外にも、極秘でお付き合いしていた男性がいたことも告白していました。

ドラマのスタッフだったカメラのアシスタント男性とマスコミにはバレずに付き合っていたことも告白。地方ロケで同じ宿になった時、すれ違いざまに「すみません」と自分の電話番号を書いた紙を手渡したことなども、照れ笑いしながら明かしていた。

当時の佐藤藍子さんはクリーンなイメージで、男性の影を一切感じませんでしたが、交際していた男性がいたことに驚きました。

佐藤藍子の耳が口コミで?

佐藤藍子さんと言えば、目や鼻や口が大きく特徴的でありながらも、とてもバランスが取れた顔ですが、同時に注目されていたのがでした。

佐藤さんのような耳を「立ち耳」というそうで、欧米では、「突出した耳」と言われ、幼いころに手術してしまうことが多いのだとか。

耳が大きいことをコンプレックスに感じている人もいますが、佐藤藍子さんの場合は、チャームポイントとして捉えているようです。

佐藤藍子さん、全っ然変わらんな。

佐藤藍子さん可愛い!! ドラマみてたなー。

てか佐藤藍子変わらんなすごいな

佐藤藍子老けないね、綺麗

うゎああ~~! 佐藤藍子さん? めっっっちゃ久しぶりに見た、変わらず綺麗ですね(^^)

芸能界で大活躍していた20年前とほとんどかわらず、現在も輝き続ける佐藤藍子さんの今後の動向に注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする