藤田朋子の旦那さんが病気で宗教に入信?職業は?

Pocket

出典:oricon.co.jp

今回は、女優の藤田朋子さんについてご紹介します。

大ヒットドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で主人公の娘役を演じたことで一躍有名人となった藤田朋子さんの旦那さんが病気になり宗教に入信したとの噂がありますが、本当なのでしょうか。また、職業は何なのでしょうか。

藤田朋子の旦那・桑山哲也について

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

藤田朋子さんは、2005年4月29日にアコーディオン奏者である桑山哲也さんと結婚しました。桑山哲也さんは藤田朋子さんの7歳年下ですので、姉さん女房ということになります。

そんな桑山哲也さんが現在病気なのではないか?と噂されています。また、再婚したのではないかとも言われていますが、真相はどうなっているのでしょうか。

藤田朋子の旦那・桑山哲也が病気?いつから太った?

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

スポンサードリンク

アコーディオン奏者として活動する桑山哲也さんのアコーディオン技術は折り紙付きで、特に桑山哲也さんのアコーディオン奏法が他の奏者にはできない「オンリーワン」だそうです。

桑山哲也さんが演奏するのはボタン式クロマチック・アコーディオンと呼ばれるアコーディオンで、日本には300人ほどの奏者がいます。

桑山哲也さんを除く奏者は皆、イタリア式配列奏者であるのに対し、桑山哲也さんは唯一のベルギター式配列奏者であるということで、アコーディオン界の至宝とも呼べる存在です。

藤田朋子さんとの馴れ初めは、藤田朋子さんが音楽仲間に誘われて桑山哲也さんの演奏を聴きに行ったことです。演奏会の後に直接喋った際に感じた印象は、”親戚の面白いおじさん”だったそうです。

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

アコーディオン奏者としての才能はもちろんですが、喋りの面白さにも魅かれていった藤田朋子さんは、桑山哲也さんとの距離をどんどんと縮めていきます。

仕事では自身のバンドの演奏に桑山哲也さんを招き、プライベートではディズニーランドデートをするなど、公私ともに順調なのかに思われました。

しかし、当時の藤田朋子さんはすでにアラフォー世代に突入していましたので、交際=結婚となる可能性が高い恋愛に対して、お互いに慎重になりすぎたせいで、交際一歩手前というところでしばらく足踏み状態が続きました。

そんなもどかしい雰囲気をブレイクしたのは藤田朋子さんのとある行動でした。

メールでのやり取りをする中で、桑山哲也さんが藤田朋子さんのことを好きだという話題になり、その「好き」という言葉の真意を確かめるために、藤田朋子さんが意を決して直電話をかけたのです。

藤田朋子「その好きというのは、一生一緒に居てもいいってことですか?」

桑山哲也「そうですよ」

この電話の直後に2人は急接近し、見事結婚に至りました。

さて、そんな藤田朋子さんの旦那さんが病気なのではないかと話題になっています。

この投稿をInstagramで見る

桑山哲也さん(@monmalutolu)がシェアした投稿

藤田朋子さんとの結婚前は、今からは想像もつかないぐらいに痩せていたのですが、結婚していこ見る見るうちに太っていきました。

基本的には同じ食生活をしているはずの2人であるにもかかわらず、どうして桑山哲也さんだけが太っているのか?というところから、桑山哲也さんの体調を心配する声が上がり始めました。

そして、桑山哲也さんが病気であるというしっかりとした情報が出回ったのは、2014年に桑山哲也さんが出演したテレビ東京で放送されている『主治医が見つかる診療所』に出演したときのことがきっかけでした。

何と腎臓内に18mmもの大きさの腎臓結石が見つかったのです。

出典:thetv.jp

またその際に、腎臓結石だけではなく脳動脈瘤も発見されました。毎日ペットボトル入りのコーラを5本も飲んだり、食べたいときに食べたいものを食べるという不規則な食生活をしていたことに加えて、大量の飲酒ヘビースモーカーという、悪条件が揃いに揃った状態でした。

医師からは食生活の改善と禁煙を勧められ、それ以降は禁煙を続けているようですが、脳動脈瘤という、謂わば爆弾を頭に抱えた状態であることに違いはありませんので、一歩間違うと・・・というとても危険な状態です。

藤田朋子の旦那・桑山哲也が罹患した脳動脈瘤の原因は?

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

脳に動脈瘤ができる詳細なメカニズムはまだ解明されていませんが、主な原因として挙げられるのがやはり生活習慣の乱れです。

塩分や脂肪分の多い食物の過剰摂取や飲酒・喫煙など、口にするものが悪ければ悪いほど、血管に過度なストレスを加えてしまうことになり、動脈瘤ができやすくなると言われています。

また、生まれつき血管の壁が弱い人にも動脈瘤ができやすいようです。さらには、血管が分岐しているところにドロドロの血液が何度も衝突することでそこに動脈瘤ができやすくなるようです。

遺伝的な部分はどうしようもありませんが、食生活を含め、普段の生活習慣を改善することで、動脈瘤を作りにくくすることは可能なようです。

藤田朋子の旦那・桑山哲也は再婚?

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

スポンサードリンク

桑山哲也さんをインターネットで検索すると、「再婚」というキーワードがヒットするのですが、桑山哲也さんは藤田朋子さんとの結婚が初婚で、離婚歴はありません

ではどうして、再婚という情報が流れているのでしょうか。調べてみると、桑山哲也さんには、長く付き合っていた女性がいて、その方と婚約までしていたそうです。ですが、藤田朋子さんとの交際をスタートさせる際に別れたため、当時は略奪婚とまで言われたようです。

藤田朋子さんが結婚している桑山哲也さんを別れさせたという情報とイメージが先行したため、桑山哲也さんが再婚であると勘違いされたということです。

藤田朋子の旦那・桑山哲也の職業(仕事)は何?

桑山哲也さんの本業アコーディオン奏者です。バラエティ番組にテレビ出演した際には、弄られキャラでもあることから、番組司会者から面白おかしく弄れているシーンが印章に残っているため、世間では芸人だと思っている人も多いようですが・・・。

でも、いざアコーディオンを抱えると、ビシッと決まっていて格好いいですね。桑山哲也さんの単独コンサートもあるにはあるのですが、最近では著名な音楽家とともにジョイントコンサートを開催するなど、音楽のジャンルや垣根を超えた活動を続けています。

ちなみに、桑山哲也さんのアコーディオンの腕前はこちらです。

葉加瀬太郎さんも、ヴァイオリンとバンドを組み合わせたり、時にはお笑いと音楽を組み合わせたりもしていますので、今後は、桑山哲也さんや葉加瀬太郎さんのようにマルチな活動を展開していく人が増えてくるかもしれません。

藤田朋子が旦那・桑山哲也とともに宗教に入信?

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

藤田朋子さんが宗教に入信しているとの情報がありますが、本当なのでしょうか。また、そうだとしたらどういった宗教なのでしょうか。

2012年3月にフジテレビ系で放送されていた「知りたがり!」に出演した際に、オセロの中島知子さんが占い師にマインドコントロールされていたという話題について藤田朋子さんが語った内容が事の発端でした。

藤田朋子さんが司会のフジテレビアナウンサー伊藤利尋さんからコメントを求められた際に、「私は宗教があるから大丈夫」と答えたことが原因で、視聴者の間では藤田朋子さんがどの宗教に入信しているのかについて検索が相次ぎました。

藤田朋子さんの宗教について調べてみると、藤田朋子さんは「日本宣教会代田協会」に在籍しているということがわかりました。

玉川学園(高校)時代には礼拝委員を務めており、芸能活動の合間を縫って現在でも教会で奉仕をしているということです。

新興宗教に入っている芸能人は多いですが、そのたびにその芸能人を色眼鏡で見ようとする世間の風潮には違和感を覚えます。信教の自由が保障されている日本ですので、一個人が信仰する宗教に対して外野がとやかくいうべきではないと思います。

藤田朋子と旦那・桑山哲也に子供はいる?女優ってホント?

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

藤田朋子さんと桑山哲也さんが結婚したのは2005年で、結婚からすでに10年以上経過していますが、2人に子供はいません

結婚した当時の藤田朋子さんの年齢が39歳だったため、リスクを考えて子供を作る道を選択しなかった可能性が高いですが、子供がいなくても円満な夫婦はたくさんいます。

藤田朋子が旦那・桑山哲也と出会う前の若い時の画像が衝撃的?!

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

藤田朋子さんが芸能界に入るきっかけとなったのは、タケカワユキヒデさんです。タケカワユキヒデさんと言えば、音楽バンド「ゴダイゴ」のリーダー兼メインボーカルですが、藤田朋子さんは、そのゴダイゴ、特にタケカワユキヒデさんの大ファンでした。

当時から藤田朋子さんとタケカワユキヒデさんに親交があったかどうかは不明ですが、ゴダイゴのプロデューサーである奈良橋陽子さんが主宰を務める劇団に入団しました。

出典:style.nikkei.com

その後は、劇団で演劇の腕をメキメキと上げていき、22歳の頃に初舞台を踏みます。

藤田朋子さんが芸能界デビューした作品はミュージカル「レ・ミゼラブル」でした。

藤田紀子さんの演技力を高く評価した業界関係者から複数のオファーが殺到し、一躍時の人となりました。1988年4月から10月まで放送された連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」ではいきなり主役に大抜擢され、藤田朋子さんの名前と存在感は瞬く間に全国区となりました。

出典:myfavoritetopics.net

連続テレビ小説で主演を務めて以降は、TBS系で放送された伝説のドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズに出演し、不動の人気を集めることに成功しました。

そしてそれ以降は、火曜サスペンス劇場や刑事ドラマの常連キャストとなり、本業であったミュージカルの仕事よりもドラマ女優としての仕事のウェイトの方が高くなっていきました。

出典:daily.co.jp

数々のドラマに出演して演じた役柄は多岐に渡りますが、そのどれもが全くと言って良いほど違和感がないのは、すごいことだなと思います。

さて、そんな藤田朋子さんの若い頃の画像を探していると、衝撃的な事実が判明しました。

藤田朋子さんはかつて、写真集を出版して話題になったことがありました。

写真集発売からかなりの年月が経過していますが、今でのその時の画像が衝撃的過ぎるということで、男性ファンを中心にたびたび話題になっています。

現在はこの写真集が販売差止めになっているため、ファンの間ではプレミアが付いているとか。藤田朋子さんの思いとはかけ離れて、ファンにとっては貴重な作品となっているようです。

この投稿をInstagramで見る

藤田朋子さん(@chiendormant)がシェアした投稿

舞台女優から芸能界でのキャリアを着実に積み重ねていき、ドラマ女優、写真集発売と、大成功を収めてきた藤田朋子さんは、趣味でもある音楽でも非凡な才能を発揮しています。

1989年(24歳のとき)から1991年(26歳のとき)までの間に、シングルCD5枚、アルバムCD3枚を発売しています。そして、現在も音楽活動を継続しており、藤田朋子さん自身がボーカルを務めるバンドで数多くのライブを行っています。

出典:ameblo.jp

先ほどご紹介した、タケカワユキヒデさんと同じステージに立つこともあるようで、芸能界に入るきっかけとなった人と一緒に立つステージは、格別だそうです。

50代になり、演技にもより一層深みが増してきた藤田朋子さんの今後の活躍を期待したいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする